全国のドクター8,980人の想いを取材
クリニック・病院 160,879件の情報を掲載(2021年7月31日現在)

  1. TOP
  2. 岐阜県
  3. 関市
  4. 関駅
  5. 中島歯科医院
  6. 中島 雄一郎 院長

中島 雄一郎 院長の独自取材記事

中島歯科医院

(関市/関駅)

最終更新日:2020/04/01

113088

地元関市で、中島雄一郎院長が1997年に継承した「中島歯科医院」は、3代続く地域密着型の歯科医院である。中島院長の特徴はそのやわらかな物腰。患者のこと、スタッフのこと、家族のことについて、想いを持って話す姿に院長の優しい人柄を感じることができる。小児歯科から矯正歯科、口腔外科、審美歯科など、さまざまな診療に対応する中島歯科医院は、口腔内に悩みを抱える多くの患者にとってなんでも相談できる「かかりつけ歯科医院」であることがうかがえる。とても丁寧に同院のことを語ってくれた中島院長。クリニックの方針や診療について詳しく聞いた。
(取材日2018年3月16日)

幼児から高齢者まで、地域に根差した歯科医療を提供

貴院を訪れる患者さんの特徴を教えていただけますか?

1

私が院長になって20年、年齢層は小さなお子さんからお年寄りまで、幅広い年齢層の患者さんに利用してもらっています。年代で言うと、中高生や20代は若干少ないものの、30代以降は偏りなくどの年代も満遍なく通ってくれている印象です。60歳から70歳代以上の患者さんは、父や祖父の代から通ってくれている方も多いですね。虫歯や歯周病の治療はもちろんですが、悪くならないように数ヵ月あるいは半年に一度、歯石除去などのメンテナンスで通院してくれる患者さんも多くいます。また、お年寄りの方では義歯の調整などを中心に行っています。「予防歯科」で受診される方の割合が高いですね。

予防歯科には、歯科衛生士さんの力が欠かせないそうですね。

当院には常勤で1人、パートで1人、歯科衛生士さんに活躍していただいており、一緒に患者さんを支えています。当院では患者さんが安心してメンテナンスで通院し続けていただけるよう、担当衛生士制をとっています。それぞれの患者さんに対して、基本的に毎回同じ歯科衛生士さんが歯のクリーニングなどを行います。患者さんにとっても、毎回同じ歯科衛生士さんが担当してくれることで、自分が気になることについて話しやすくなると思いますし、さまざまな面で安心感が増すと思います。また、当院の歯科衛生士さんはとても注意深く、歯石除去などの処置をしている中で、普通では見つけにくい部分にできた初期虫歯など、ほんの小さな異常も見つけてくれています。本当に頼りになる存在で、歯科衛生士さんなしで当院のことは語れないですね。

小児歯科も対応されていますね。

20191029 2

勤務医時代も子どもの患者さんを診ていましたので、私自身は小児歯科治療に慣れているのですが、お子さんの中には治療を全然怖がらない子もいれば、その逆でとても怖がる子もいます。それぞれのお子さんに合った対応を心がけていますが、大体の場合は、お口の中の悪いところを鏡に映して丁寧に説明すると、それまで怖がっていたお子さんの多くが治療に前向きになってくれます。それでもどうしても怖がる子には、ブラッシング指導などを行い、お話だけにとどめることもあります。無理やり治療しようとすると、余計に歯の治療を怖がってしまいますから。歯科通院嫌いは、本人の歯にとってマイナス面がより大きいと思います。成人の方にもですが、お子さんに対応する場合は特に気持ちを落ち着かせてあげながら、また次回通ってもらえるよう、根気強く治療にあたっていますね。

患者目線で複数の治療方法を提示

初診の治療はどのような流れになりますか?

3

新規で来院される患者さんに対しては、主訴を拝見して、その症状について丁寧に説明し、治療方法を提案するという流れになります。治療方法は歯科の場合、それぞれの症状に対して複数あることが多いです。患者さんに対して説明する際は必ず当院で行うことができる治療方法を複数提示して、そこから患者さんの志向にあった治療方法を選んでもらいます。患者さんが治療方法を選択する際、私の個人的な意見は押しつけず、治療頻度や期間、あるいはそれぞれにかかる費用など、その人にとって長所・短所となるような要素を示します。患者さんが最終的に納得して判断してもらえるように説明することを心がけています。治療に対する考え方は、人それぞれ基準が違いますので、患者さんの意思に沿った内容を選んでいただけるように努めています。

治療方法が複数あっても、患者さん目線での長所や短所を考えて説明してくれるのですね。

そうですね。例えば小児歯科矯正も長所と短所をしっかりと説明します。お口の状態に応じて変わってきますので一概には言えませんが、小児歯科矯正の相談をお受けした場合は、今すぐに行える方法から、もう少し年齢が大きくなってから始める方法まで、複数の矯正の選択肢を提案します。その子の顎の大きさやご家族の外観から、将来的にほぼ間違いなく矯正したほうが良いと思う場合については、早期の矯正を提案することもありますが、逆に矯正器具を歯に装着することによって、虫歯になりやすくなるというデメリットも現実としてあります。このように、一つの治療方法にはそれぞれ長所と短所がありますので、両方をしっかりとご説明して、患者さんが適切に選択できるようにガイドするのも、私の大切な仕事だと考えています。

他にはどのような特色がありますか?

4

当院には私の他に、私の実姉が歯科医師として在籍していますので、患者さんの「女性の先生に診てほしい」というニーズに対応することができます。また、姉は英語ができますから外国人患者さんの対応もできます。加えて当院では、小児歯科の他にも矯正歯科、インプラント治療、口腔外科など、さまざまな治療の相談も承っています。皆さんの症状やケースに応じて、当院で治療できるものもありますし、他の歯科医院を紹介することもしています。私が大切にしているのは、自分の歯で食べ物をよく噛めることですので、基本となる「噛み合わせ」については、受診されたすべての患者さんにアドバイスしています。食べ物をよく噛めないと、お口の環境だけでなく全身の健康維持に何らかのマイナスが出る場合が多いんです。患者さん一人ひとりの将来を予測して、リスクを最小限にするための提案をしています。

口腔内の健康の大切さをこれからも伝え続けていく

患者さんの考えも、先生と話すことで変化が見られることも多いそうですね。

5

患者さんの中には、もともとは痛い部分だけを治してほしい、と言って来られる方がいます。その方には治療の過程でお口の状態について、さまざまなことを具体的に示しています。お口の健康が体全体の健康につながっていることを真摯に説明していけば、途中で患者さんの考え方にも変化がでてくることが多いんです。具体的には、「治療だけ」から「治療からメンテナンス、予防」への考え方の変化です。やはり、患者さん皆さん自分の歯を大切にしたいという思いをお持ちなので、そのための具体的な行動や習慣がわからなかっただけですから、そこに的確なアドバイスを差し上げることが大切だと考えています。

こちらの歯科医院には歯科技工士さんが常駐されているそうですね。

高齢の患者さんも多くいらっしゃる関係で、入れ歯治療の機会も多くあります。当院には祖父の代からずっと歯科技工士さんが常駐していて、修理やちょっとした調整などに素早く対応することができます。午前に持ってきてもらえると、夕方にはお返しできることを基本的に実現できるようにしています。常に歯科技工士さんがいる歯科医院は市内にもそんなに多くはありませんので、義歯でお悩みの際は気軽に相談していただければと思います。

今後、力を入れていくこと、未来の展望や目標を教えてください。

66

将来の地域歯科医療を考察する際、関市ではまだ手がけている歯科医院が少ない「訪問歯科診療」を抜きに話はできません。実際私も、ずっと通院されていた患者さんが、体が不自由になられた関係で通院できなくなり、ご家族からの相談を受けて訪問歯科診療をすることがあります。今後ますます地域の高齢化が進むことを考えると、地域の歯科医師全体が訪問歯科診療の実施やより良い実施方法について、真剣に考えていかなければと思っています。

自由診療費用の目安

自由診療とは

矯正歯科/矯正料50万円~、処置料4500円/月            
インプラント治療/埋入代20万円、上部構造(土台部分とかぶせ物)は要相談
入れ歯・義歯(金属床等)/チタン床30万円、Co-Cr床20万円
かぶせ物・詰め物/セラミックインレー2万~2万5000円、セラミック冠4万5000円~5万円、ジルコニア冠5万~5万5000円、ラミネートべニア5万5000円、3本までのジルコニアブリッジ15万~16万5000円
※すべて税別

Access