全国のドクター9,265人の想いを取材
クリニック・病院 161,206件の情報を掲載(2020年9月21日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 横浜市青葉区
  4. 田奈駅
  5. 田奈クリニック
  6. 頭部CTで脳状態を確認し原因追究脳神経外科医師による頭痛治療

頭部CTで脳状態を確認し原因追究
脳神経外科医師による頭痛治療

田奈クリニック

(横浜市青葉区/田奈駅)

最終更新日:2020/08/17

Top Top
  • 保険診療

頭痛は「たかが頭痛」と侮っていると、くも膜下出血や脳卒中などの命に関わる病気が潜んでいる可能性があるので油断は禁物。頭痛にはさまざまな種類があるため、まずは原因やタイプを見極め、適した治療を行うことが何よりも重要となる。「慢性的な痛みや激しい痛みがあれば、専門性の高い医師に一度診てもらうべき」と話す「田奈クリニック」の平山寿院長。脳神経外科医師としての経験を生かし、脳の状態を注意深く観察した上で頭痛の原因の追求と治療を実践している平山院長に、頭痛の種類や早期受診の必要性などを聞いた。(取材日2020年6月20日)

痛みを我慢せずに早期受診を。脳の状態が確認できれば、重大な疾患の発見につながる可能性も

Q頭痛の種類や原因について教えてください。
A
20200804 1

▲専門を生かし、頭痛治療に力を入れている

頭痛には二次性頭痛と一次性頭痛の2種類があります。二次性頭痛にはくも膜下出血・脳出血・脳腫瘍など、命に関わる疾患が潜んでいることもあるので注意が必要です。一次性頭痛は大きく片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛の3つに分類されます。最近は緊張型頭痛と片頭痛、両方の症状が出る混合型頭痛もあります。ひとことで頭痛と言ってもさまざまな種類があり、それぞれ原因や治療法が異なるので、的確な診断を行った上で治療方針を決めることが重要です。当院には「片頭痛がひどい」と来院する患者さんが多いのですが、調べてみると片頭痛ではないケースもあるので、ご自身での判断は難しいと思います。

Qそれぞれの頭痛の症状を教えてください。
A
2

▲頭痛は原因やタイプを見極め、適した治療を行うことが大切

片頭痛は頭の片側、もしくは両側に、ズキンズキンと脈打つような強い痛みを感じます。この痛みが月に1~2回、多い人は週に1~2回突然起こり、数時間~3日間ほど続きます。群発性頭痛は、片側の目の奥に激しい痛みを感じますが、その痛みは「錐でえぐられるよう」と表現されるほどです。痛みは1~2時間続き、その後は基本的に自然に治まります。緊張型頭痛は後頭部を中心に、頭の両側や首筋にかけてバンドで締めつけられているような痛みを感じます。頭の周辺、首の後ろ、肩、背中の筋肉が緊張することで起こりやすい頭痛で、長時間のデスクワークで肩がこっている人や、心身ストレスが大きい人がなりやすいといわれています。

Qどんなときに受診を検討したほうが良いのでしょうか?
A
20200804 3

▲何科を受診したらいいかわからない患者のため、頭痛の外来を開設

「ちょっと頭痛がするくらい大丈夫」と甘く考える患者さんが多いですが、くも膜下出血や脳卒中などの疾患が原因で頭痛が起こっている場合があるので、決して放置しないでください。私は脳神経外科の医師として脳卒中の治療をする中で、頭痛の危険性を実感してきました。世の中には、「頭痛について受診したいけれど、何科に行けばいいのかわからない」という患者さんも多いでしょう。そんな患者さんのために、当院では頭痛の外来を開設しています。

Qこちらのクリニックではどんな頭痛検査、治療を行っていますか?
A
20200804 4

▲薬を使わない治療も行っている

治療前に頭痛の種類を見極めることが非常に重要ですから、いつ起こるのか、どのような痛みがあるのかを詳しく聞きます。自分がどのタイプの頭痛かを可視化できるようなチェックシートも用意しています。片頭痛は前兆が出るタイプと出ないタイプがありますが、片頭痛と診断すればトリプタン系薬剤を処方しています。患者さんの状態を見ながら、適した薬の種類・量を処方します。緊張型頭痛は長時間のデスクワークや肩こりが原因になっていることが多いので、そうした生活習慣の改善指導を行うこともあります。当院には消炎鎮痛処置としての特殊な保険がきく医療器具もありますので、お薬を使わない治療で頭痛を改善することにも注力しています。

Qこのクリニックで治療することのメリットを教えてください。
A
20200804 5

▲患者との信頼関係を大切にしている

私はこれまで、脳卒中の治療を専門に行ってきました。一般的な内科と違って、脳の状態を専門的な視点から診られるというのが強みだと思います。また、当院では日曜日も診療しているので、仕事が忙しい人でも来院しやすいと思います。頭痛を訴えて来院した患者さんには、原因やタイプを見極めて、それに適した治療を行うことが何よりも大切です。頭痛はすぐに治るとは限りませんので、患者さんとは長い付き合いになる可能性があるため、患者さんとの信頼関係も大切にしています。

ドクターからのメッセージ

平山 寿院長

慢性的な頭痛に悩んでいる方は、一度、専門の外来で診察してもらうことをお勧めします。これまでに経験したことのないような激しい痛みを感じた場合も、我慢せずにすぐに医療機関を受診しましょう。思いがけない病気が原因になっている場合があるので、それを見逃さないためにも、専門性の高い医師に診てもらうべきだと思います。インフルエンザや風邪が原因で頭痛が起こるケースもありますが、当院は内科も標榜していますので、併せて診療ができますから安心して来院してください。

Access