求人情報ON
ひらて歯科クリニック

ひらて歯科クリニック

平手 雅樹院長

111592 %e3%81%b2%e3%82%89%e3%81%a6%e6%ad%af%e7%a7%91%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

スケーリングだけの患者も最後は必ず歯科医師が診る

―ご専門について教えてください。

勤務医として働いていた時に噛み合わせに興味を持ち、必要性を強く感じて今も積極的に勉強を続けています。「この歯並びなら肩が凝ったり首が痛くなったりすることがあるでしょう?」と患者さんにお尋ねして驚かれることもありますし、歩き方を見ているだけでわかることもあります。口の中が原因ではなく、膝や腰をかばって歩くので噛み合わせのバランスが変わってしまうこともあるんですよ。近年よくいわれるようになったのが糖尿病と歯周病の関係で、歯周病を治すために先に血糖値をコントロールしないといけない場合もあります。近所の内科医院の先生とも連携して、治療を進める場合もあります。患者さん自身に自覚がなくても、あまりにも歯周病がひどいときは、血液検査をしていただけるようお話しすることもあります。当院での治療を通じて首や腰、全身の体調が良くなったと聞くと、本当に良かったと思います。

―奥さまも歯科医師なんですね。

開業から一緒にここで働いてくれています。長年、ともに仕事をしてきましたので歯科医師としても心強いパートナーです。それぞれ得意分野が異なり、経験も長いので、考え方や治療方針が異なる場合もあります。エックス線写真を見ながらディスカッションすることも多いですし、それぞれの提案により、患者さんご自身にベストな方法を選んでいただくこともあります。患者さんにとって選択肢が広がることはメリットになるかと思います。また、治療だけじゃなく、院内の絵画や花などは妻が毎月入れ替えて、居心地の良い空間づくりもしてくれています。この辺りは幅広い世代の患者さんがみえる地域なのですが、乳児から小児では「女性の先生にやってほしい」というご希望も多いです。もちろん大人の患者さんでも、院長にやってほしい、女性医師にやってほしいというご要望にお応えできますので気軽に相談していただきたいと思います。

―予防歯科についてはどうでしょうか。

近年は口腔ケアの重要性が広く伝わってきているので、虫歯治療は昔よりも減ってきていますが、歯周病のケアは多いですね。歯科衛生士は3人いて、治療のサポート以外にもスケーリングやブラッシング指導をしてもらっています。信頼できるスタッフたちがケアを行ってくれた後も、任せきりにはせず、最後は必ず僕か妻がチェックして終わります。それはたとえ大きな変化はなくても、患者さんとちょっとでもコミュニケーションを取りたいし、一人ひとり丁寧に診ていきたいと思っているからなんです。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Syonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細