全国のドクター9,235人の想いを取材
クリニック・病院 160,697件の情報を掲載(2022年6月29日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 名古屋市守山区
  4. 神領駅
  5. 医療法人明雅会 鈴木歯科医院
  6. 病気要因を減らす予防診療と失った歯を補うインプラント治療

病気要因を減らす予防診療と
失った歯を補うインプラント治療

鈴木歯科医院

(名古屋市守山区/神領駅)

最終更新日:2022/06/06

Main Main
  • 保険診療
  • 自由診療

口腔外科を専門とする鈴木明先生が院長を務める「鈴木歯科医院」では、口腔内の病気を防いだり治療後の再発リスクを下げたりするのを目的とする予防歯科を主軸に、虫歯や歯周病の治療、インプラント治療など失った歯を補うアプローチなど、歯科全般の診療に対応している。同院がめざすのは、生涯食事を楽しめる健康的な口元を維持すること。口腔内が健康な状態で機能し続けるには、生まれ持った歯を長く守っていくことが重要と考える鈴木院長は、予防歯科に注力する一方で、何らかの理由から歯を失ってしまった場合には、「いち早く口腔機能を回復するための手立てを打つことが大切」と示す。取材では予防歯科の重要性と、歯を失った際の選択肢の一つに挙げられるインプラント治療の特徴を聞いた。

(取材日2021年10月11日)

歯を失うリスク軽減に貢献する予防歯科。万一歯を失ったらインプラント治療などで補い噛める口元を維持へ

Q虫歯や歯周病の原因と、予防歯科が重要とされる理由とは?
A
1

▲虫歯、歯周病は対策を講じておけば未然に防ぐことが期待できる

虫歯や歯周病は、原因となる細菌に感染することよって起こる、いわゆる感染症です。つまり、きちんと対策を講じておけば未然に防ぐことができるといえるでしょう。予防歯科では口腔内診査とクリーニング、セルフケアの指導などを通じて、原因菌の感染をできる限り防ぐとともに、口腔内での細菌の増殖抑制と発症予防をめざします。親子の場合、お子さんの口腔内をきれいな状態で維持するのに力を注ぐとともに、親子間での垂直感染を防ぐため、親御さんの口腔内ケアもしっかりと行っていきます。特に大人の場合、歯周病の進行により歯を失うケースが多いとされているため、どの年齢であっても予防歯科に取り組むことは重要といえます。

Q貴院で行う予防歯科の特徴を教えてください。
A
2

▲クリーニング前に口腔内検査を行う

口腔内環境をより良く整えていこうと思うと、毎日のセルフケアだけではカバーしきれないところも多く、定期的な診察が欠かせないものとなります。当院の場合、まずは口腔内診査を行い、虫歯や歯周病の症状が見られないかチェック。プロフェッショナルクリーニングによって歯石や汚れを除去し、セルフケアでは届きにくい細部まできれいにします。口腔内の細菌構成に応じて、薬剤による処置を行うこともあります。さらに、歯がもろくなったり傷ついていたりするようであれば、傷をケアする薬剤を使用します。通院の頻度は人それぞれで、1ヵ月ごとにこまめに通われる方もいらっしゃいます。

Q万一歯を失ってしまった場合、どのような治療法がありますか?
A
3

▲歯を失ってしまった時の治療の1つ「インプラント治療」

歯を失った場合、放置していると噛む力のバランスが崩れたり、歯並び全体が乱れたりしてしまいますから、何らかの方法によって咀嚼機能と審美面の回復をめざす必要があります。一般的に歯を補う方法に挙げられるのが、入れ歯やブリッジ、インプラント治療です。この中でもインプラント治療は人工歯根を顎骨に埋入して人工歯を固定するもので、噛む力は天然歯とほとんど差がないとされています。ただ、外科的処置を伴うため全身的な合併症がある場合はリスクがあるといえます。また治療期間が他の方法と比べて長い傾向にあり、費用負担も小さくないため、短期間に費用を抑えめに治療したい場合にはその他の方法が適しているでしょう。

Qインプラント治療の流れを教えてください。
A
4

▲患者の希望を踏まえて適した治療を行う

治療概要の説明後、基本診察の結果と歯科用CTで撮影した顎骨の3Dデータをもとに、手術・治療計画を立てます。技術進歩により治療シミュレーションの精度はとても向上しました。当院でもシミュレーションシステムを活用し、想定する仕上がりから逆算して人工歯根の埋入位置や長さ、角度を決定します。患者さんに治療計画を説明し、ご納得いただけたら治療をスタート。手術ではシミュレーションを高精度で再現するため、手術計画をもとに作製したマウスピース型の装置を用いているのが特徴です。手術の手法もバリエーションに富み、手法によって治療期間も異なるため、患者さんの希望を踏まえて適したものを提案し、お選びいただいています。

Qインプラント治療後の生活における注意点などありますか?
A
5

▲治療後の継続的なメンテナンスも大切と院長

天然歯であれ人工歯であれ、お手入れが不要となることはありません。治療後も定期的なメンテナンスを継続し、トラブル予防に努めましょう。インプラント治療後に起こり得るトラブルとして、周囲の組織に炎症が起こるインプラント周囲炎が挙げられます。それと、取りつけた人工歯が破損したり、内部機構のネジが外れたり感染を起こしたりといったトラブルも想定されます。ちょっとしたネジの緩みであればすぐに締めればいいだけですが、時間がたつと大きな破損につながることも。歯科医院での定期メンテナンスを通じてトラブルを未然に防ぐ、あるいはトラブルをできる限り早くに見つけ、不具合なく、健康的な状態を保っていくことが大切です。

ドクターからのメッセージ

鈴木 明院長

一口に歯や口元の悩みといっても、その中身は患者さんそれぞれで異なりますし、些細なものと捉えていた悩みに、大きな問題が潜んでいることも考えられます。ご自身のお口について知るため、そして健康な歯を守っていくために、予防歯科に関心をもってもらえるとうれしいです。何らかの理由から歯を失ってしまったとしても、選択肢はいろいろあります。その中でもインプラント治療は、以前であれば考えられないほど、見た目にも機能的にも自然な仕上がりを追求できる方法といえます。費用と治療期間に余裕があれば選択できる方法ですし、興味があれば一度ご相談いただければと思います。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/44万円〜

Access