全国のドクター9,438人の想いを取材
クリニック・病院 160,465件の情報を掲載(2022年9月30日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 豊田市
  4. 豊田市駅
  5. ぜんなみデンタルクリニック
  6. 全並 隆史 院長

全並 隆史 院長の独自取材記事

ぜんなみデンタルクリニック

(豊田市/豊田市駅)

最終更新日:2022/05/17

20201201 110403 top

白い外壁に片流れの屋根のおしゃれな外観が目を引く「ぜんなみデンタルクリニック」。現院長である全並隆史先生の父、全並和夫先生が1975年に開院した歴史あるクリニックを建て替えたもので、これまで40年以上「町の歯医者さん」として地域に根づいた診療を行ってきた。隆史先生はそんな父の後を継ぎ、一般歯科に加え、専門である矯正治療、さらに予防歯科、審美歯科にも力を入れている。最近では昔からの患者に加え、若い患者層も増えてきた。「モットーは誠実であること」と語る隆史先生。普段の心がけや同院の特徴など、こちらの質問一つ一つを、子どもの話を聞くようにやわらかい物腰で受け止め、丁寧に答えてくれた。

(取材日2017年5月19日)

一般歯科から予防・審美歯科・矯正治療にも力を入れる

広い待合室に個室もあり、落ち着けるクリニックですね。

1

私は、父が営んでいた歯科医院に2006年に副院長として加わり、2017年に院長に就任しました。この建物は10年ほど前に建て替えたものです。患者さんがゆったり過ごせる開放感のある空間にしたいと思い、白を基調に明るく、窓の向こうにはテラスも設け、半個室を4つ、ケアルームとして個室を2つ造りました。個室は希望される方に入っていただけますが、歯を削る機器を置いていませんので、審美歯科やクリーニング、定期的にメンテナンスに通院される方がメインですね。設備としてはデジタルレントゲンやCAD/CAMシステム、レーザーを備えており、幅広い症例に対応しています。また今の時代、衛生管理をしっかりするのは当然になってきていますので、使った器具の滅菌のため上位クラスの滅菌器を導入しています。患者さんにお金を頂いている以上、質の高い、安全に配慮した治療やサービスへ還元したいと思っています。

一般歯科に加え、予防歯科や審美歯科、矯正歯科、いろいろな科を診療されています。

もともと父は口腔外科、私は矯正治療が専門です。大学卒業後、大学病院の矯正学講座に3年間在籍し、名古屋の矯正歯科専門クリニックに2年間勤務しました。矯正治療の分野はかなり専門的で深い勉強が必要です。非常にやりがいもあり、楽しくもあり、当初は別の場所で矯正専門クリニックの開院も考えたのですが、やはり父のところに長く通ってくださっている方々を引き続き大事にしていきたいという思いもあり、こちらに戻りました。当院でほぼすべての分野の歯科治療ができますので、患者さんにとっては複数の歯科医院を回らなくても当院1ヵ所で済むことがメリットでしょうか。当院でも対処が難しい場合については総合病院をご紹介します。

審美歯科の患者さんも増えているそうですね。

2

矯正治療は自費治療で、数年かけて歯並びを整えていくものですが、中には今すぐきれいにしたいという方、なるべくお金をかけないできれいにしたいという方もいらっしゃいます。そうした要望に応えるため、自然に審美歯科にも力を入れるようになりました。例えばホワイトニングや歯にシェルを貼りつけるラミネートベニヤ、またセラミックの詰め物やかぶせ物を作る診療になります。当院ではCAD/CAMシステムを取り入れていますので、コンピューターによって従来よりも早く、きれいな修復物を設計・作製することができます。

長い時間を一緒に過ごした患者の笑顔に喜び

ご専門の矯正治療では、どんなことに重点を置かれていますか?

3

お子さんの場合、小学校低学年から、永久歯に生え変わる前の中学生になるまでに一次治療である程度まで治したいと思っています。一次治療は、出っ歯や受け口、顎のずれの改善など歯並びの土台である顎の骨格を整えることをめざすもので、二次治療まで行う場合に比べ、料金が低く抑えられます。それもあって、患者さんの中には完璧な歯並びでなくとも一次治療だけでいいという方もいらっしゃるのです。ちなみに歯並びはきれいなのに出っ歯になっているお子さんは、一次治療のみ受けるというケースが多いですよ。二次治療に進む場合でも、装置が負担にならないように、また少しでも期間が短く済むように計画を立てて治療していきます。大人になると顎のバランスはほとんど変えられませんし、抜歯のリスクも高まります。成長過程で骨格が変化する子どもの時期に、顎のバランスを整えておくことをお勧めしています。

子どもの患者に接するとき、気をつけていることはありますか?

学校の先生と同じで、矯正治療も長い時間を一緒に過ごしますので、「この人だったら、うちの子を任せてもいいかな」と親御さんに思っていただけるようになれたらと思います。一般的に「歯医者は怖いところ」と思われているので、まずは優しく話しかけるようにしています。私の子どもが今、10歳と6歳なのですが、自分の子にするように接しています。慣れると子どもさんはすごくフランクに話しかけてきますよ。私だけでなく、スタッフもみんな、子どもでも大人でも患者さんには優しく接するよう心がけています。やはり院内全体の雰囲気が和やかであることも重要ですので、スタッフたちとは月に1回ほど食事会でコミュニケーションをとるようにしていて、お酒を飲んだときの素の私も見てもらい(笑)、良い関係を保つようにしています。

治療の中でやりがいや喜びを感じるのはどんなときですか?

4

治療が終わった後の患者さんの笑顔は、やはり大きな喜びです。特に矯正治療は、1ヵ月に1度ずつ長くお付き合いしてきた患者さんが、鏡を見て本当に良い顔をしてくださるんです。実は当院で、この4月から働き始めた歯科衛生士は、中学から高校にかけて当院で矯正治療をしており、高校を卒業するときに「将来は歯科衛生士になりたい」と言ってくれたんです。私が推薦状を書かせてもらって3年間、歯科衛生士学校へ通い、卒業して当院で働き始めたわけで、非常に感激しています。親御さんも私のことはご存じで、「ここなら娘を預けてもいい」と信頼していただけたということだと思いますので、そういう意味でも特別にうれしいですね。

すべての所作を丁寧に、誠実さを忘れない

これから力を入れていきたい分野はどんなことでしょうか?

5

予防歯科ですね。虫歯にならない口内環境をつくっていくことが、歯を長く残すために一番良い方法だからです。今はインターネットの普及もあって予防の大切さを知っている若い方も多く、予防目的で通って来られる方はかなりいらっしゃいます。基本的に歯科医院は手助けする立場であって、実は毎日のブラッシングが一番大事なのです。当院には3ヵ月~半年の間に1回来ていただいて、磨けていないところについてアドバイスしたり、取れない汚れを専門的に取ったりさせていただきます。当院の歯科衛生士は現在4人で、技術のレベルは高いと思っています。長年放置された歯石で、最初は誰がやっても痛いという場合もありますが、その後は歯科衛生士の腕によって痛みの度合いが違います。私も3ヵ月に1度ケアしてもらっているんですよ。

普段から、痛みのないようにと心がけていらっしゃるのでしょうか?

すべてにおいて雑にしない、ということだと思います。痛くないというのも、技術力だけではなくて、ミラーを使うときもバキュームで吸うときも、患者さんの唇をひっぱったり強く当てたりせず、どんな所作も丁寧に行っているということですね。私自身も診療のときは丁寧に、と心がけています。それと、私のモットーは「誠実であれ」ということ。治療に関しては、信頼されることが一番大事だと思っています。当院で全部の治療を100点満点できるかというと実際そういうわけではありませんし、最初からできないこともあります。それは患者さんにきちんと説明し、当院でできることを最善の形で誠意をもって実現していければ一番いいかなと思います。

今後の展望についてもお聞かせください。

6

私たちの仕事は患者さんがあってこそ。おかげさまで赤ちゃんからお年寄りまで多くの方に来ていただいていますので、これからも勉強を続け、それぞれの方に適した治療をしていけるように、そして皆さんが笑顔で過ごせるように頑張っていきたいと思います。父はこの地で40年以上、町の一般歯科として基本的な治療をしっかり行ってきました。私も基本的な治療がまず大切だと考えていますので、そうしたベースをきちんとした上で、さらに矯正治療や予防歯科、審美歯科に取り組んでいきたいですね。どんな相談でも、まずは気軽にお越しいただきたいと思います。

自由診療費用の目安

自由診療とは

小児矯正治療 一次治療:30万~、二次治療:30万~
成人矯正治療:60万~
ホームホワイトニング:3万~、オフィスホワイトニング:5万円~
ラミネートベニヤ:8万円~
オールセラミッククラウン:8万円~

Access