しんかわ歯科

しんかわ歯科

佐々木 琢磨院長

107107 %e3%81%97%e3%82%93%e3%81%8b%e3%82%8f%e6%ad%af%e7%a7%91

名鉄三河線・北新川駅から徒歩で約8分の住宅街にある「しんかわ歯科」。この地に根差して25年の歴史を誇る同院は、幼い子どもから高齢者まで、幅広い地域住民に愛され続けている。佐々木琢磨院長は「来院されたすべての患者さんを診る」という考え方を大切に、虫歯からインプラントまであらゆる治療に対応。また、佐々木院長は自身が顎関節症に悩まされた経験から、口と全身のつながりを考える全身咬合について深く学び、オステオパシーの考え方を取り入れ、口の中の不調だけではなく、全身を見ながら症状の改善へ導いてくれる。患者一人ひとりに合う予防歯科治療の提案や、栄養相談も受けつけている。穏やかな口調の中にも、熱い思いを持った佐々木院長に、日頃の想いを存分に語ってもらった。
(取材日2018年6月19日)

地域に根差して25年、全世代が安心して通える歯科に

―まずは、現在通院されている患者層について教えてください。

この地域にお住まいのお子さんから高齢者の方まで、幅広い年齢層の方が来院されています。特に力を入れているのは、保険診療内で丁寧な治療を提供すること。さまざまな症状に悩む患者さんがいらっしゃるので、検診や虫歯治療はもちろんのこと、虫歯がない方は矯正治療、歯がない方は入れ歯治療、場合によってはインプラント治療も行っています。来院されたすべての患者さんを診ることが、私のモットーですね。歯科医院に対して「怖い、不安、緊張する」という思いを持った方も多いと思います。当院では、患者さんに少しでもリラックスした状態で治療を受けていただけるように、院内にアロマなど通いやすい院内づくりを心がけているのです。

―そのような工夫が、開業から25年たっても愛され続ける秘訣でしょうか。

この地域に根差し、多くの患者さんたちに支えられて今日まで続けられました。開業当時から長く通ってくださる患者さんも多く、親子2世代、3世代にわたって担当させていただくファミリーもいらっしゃいます。3歳くらいだったお子さんが、20代になった今も通院してくださる姿を見ると、人生に寄り添えているようで幸せな気持ちになりますね。実は私が歯科医師を志したのは、幼少期に甘いものが大好きだったため、虫歯で苦労したからなんです(笑)。自分が苦労した分、歯のことで困っている多くの人たちの力になりたいと思いました。そのため、患者さんたちの気持ちを大切にした治療を心がけています。

―先生は予防歯科にも力を入れてらっしゃるそうですね。

はい。大学時代から予防歯科に興味を持っていました。当院ではすべての世代の患者さんに、それぞれに合う歯磨き方法をレクチャーしています。例えば、子どもの頃にきちんと歯を磨けるようになると、その子が親になった時には、自身の子どもたちに正しい予防の知識を教えられるのです。そのような流れができれば、歯が痛くなってから歯科へ行くのではなく、普段の検診から歯科へ通うことが当たり前になり、地域社会全体として予防歯科に対する意識が上がっていくと思います。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Setagaya after
Minato after
Saitama chu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細