全国のドクター9,143人の想いを取材
クリニック・病院 161,367件の情報を掲載(2020年4月09日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 碧南市
  4. 北新川駅
  5. しんかわ歯科
  6. 佐々木 琢磨 院長

佐々木 琢磨 院長の独自取材記事

しんかわ歯科

(碧南市/北新川駅)

最終更新日:2019/08/28

107107 %e3%81%97%e3%82%93%e3%81%8b%e3%82%8f%e6%ad%af%e7%a7%91

名鉄三河線・北新川駅から徒歩で約8分の住宅街にある「しんかわ歯科」。この地に根差して25年の歴史を誇る同院は、幼い子どもから高齢者まで、幅広い地域住民に愛され続けている。佐々木琢磨院長は「来院されたすべての患者さんを診る」という考え方を大切に、虫歯からインプラントまであらゆる治療に対応。また、佐々木院長は自身が顎関節症に悩まされた経験から、口と全身のつながりを考える全身咬合について深く学び、オステオパシーの考え方を取り入れ、口の中の不調だけではなく、全身を見ながら症状の改善へ導いてくれる。患者一人ひとりに合う予防歯科治療の提案や、栄養相談も受けつけている。穏やかな口調の中にも、熱い思いを持った佐々木院長に、日頃の想いを存分に語ってもらった。
(取材日2018年6月19日)

地域に根差して25年、全世代が安心して通える歯科に

まずは、現在通院されている患者層について教えてください。

1

この地域にお住まいのお子さんから高齢者の方まで、幅広い年齢層の方が来院されています。特に力を入れているのは、保険診療内で丁寧な治療を提供すること。さまざまな症状に悩む患者さんがいらっしゃるので、検診や虫歯治療はもちろんのこと、虫歯がない方は矯正治療、歯がない方は入れ歯治療、場合によってはインプラント治療も行っています。来院されたすべての患者さんを診ることが、私のモットーですね。歯科医院に対して「怖い、不安、緊張する」という思いを持った方も多いと思います。当院では、患者さんに少しでもリラックスした状態で治療を受けていただけるように、院内にアロマなど通いやすい院内づくりを心がけているのです。

そのような工夫が、開業から25年たっても愛され続ける秘訣でしょうか。

この地域に根差し、多くの患者さんたちに支えられて今日まで続けられました。開業当時から長く通ってくださる患者さんも多く、親子2世代、3世代にわたって担当させていただくファミリーもいらっしゃいます。3歳くらいだったお子さんが、20代になった今も通院してくださる姿を見ると、人生に寄り添えているようで幸せな気持ちになりますね。実は私が歯科医師を志したのは、幼少期に甘いものが大好きだったため、虫歯で苦労したからなんです(笑)。自分が苦労した分、歯のことで困っている多くの人たちの力になりたいと思いました。そのため、患者さんたちの気持ちを大切にした治療を心がけています。

先生は予防歯科にも力を入れてらっしゃるそうですね。

2

はい。大学時代から予防歯科に興味を持っていました。当院ではすべての世代の患者さんに、それぞれに合う歯磨き方法をレクチャーしています。例えば、子どもの頃にきちんと歯を磨けるようになると、その子が親になった時には、自身の子どもたちに正しい予防の知識を教えられるのです。そのような流れができれば、歯が痛くなってから歯科へ行くのではなく、普段の検診から歯科へ通うことが当たり前になり、地域社会全体として予防歯科に対する意識が上がっていくと思います。

「全身」のバランスを考えた咬合治療に尽力

先生はこれまで、どのような分野を学ばれたのですか?

3

愛知学院大学歯学部矯正科の研究室で学び、私自身が顎関節症だったことから、いろんな先生に診療していただく中で「自分の体をもっと知りたい」という思いが強くなり、全身咬合について学び始めました。全身咬合とは、咬合が全身の健康に深くつながりがあるという考え。ほどなく全身咬合を専門とされる恩師と出会い、一緒に「噛み合わせと聴力の関係」についても研究しました。またその恩師の紹介で、オステオパシーが専門のもう一人の恩師にも出会いました。この先生は、1年の半分をアメリカで学び、年に数回はアメリカの医師を愛知に招き、オステオパシーについて学べる講習会を行うなど精力的に活動している先生で、この先生のもとでさらに全身咬合に対する研究を深め、多くのことを学ばせていただきました。

オステオパシーとは、どのような考え方でしょうか?

アメリカの医学部にはM.D.(Medicinae Doctor/メディカルドクター)とD.O.(Doctor of Osteopathic Medicine/オステオパシー)の2種類があります。メディカルドクターは皆さんがイメージされる 「医師」で、主に手術や研究などを行い、一方でオステオパシーは、体の組織の動きを改善に導くことで幅広い疾患を治療していきます。日本で言うならば、整骨院の施術のようなイメージでしょうか。例えば、事故やケガでメディカルドクターに診てもらっても症状が改善されない患者さんが、オステオパシーの医師に診てもらうというケースもあります。オステオパシーは患部だけではなく全身を診るという考え方。私は2人の恩師と出会い、このオステオパシーの考え方を取り入れ、全身咬合を考えた顎関節症や噛み合わせなどの治療を行っています。

実際に噛み合わせや顎関節症の治療では、どのようなことを行うのですか?

4

上の歯と下の歯が、1日で噛み合っている時間は10分~15分程度です。その時に噛み合わせが悪いと全身にさまざまな症状が出ると考えられています。一方で、たとえ歯並びが良くても、姿勢が悪いと症状が出やすいのをご存知ですか? 逆に歯並びが悪くても、姿勢が良いと症状が出にくい場合もあります。そのため、当院の治療では、姿勢を正すためのアドバイスなども行っています。噛み合わせというと、噛み合っている状態が大事に思えますが、実は上下の歯が離れている状態をきれいに保つことが重要なのです。噛み合わせは姿勢によって毎日ずれるもの。口の中の筋膜を診るためには、つながっている顎や首のことを知らないといけないので、どんどん広がり全身を診ることになりました。顎関節症の治療も同じように姿勢を直しつつ、良い姿勢できれいに歯が当たるように、矯正や入れ歯治療で噛み合わせを治療します。

栄養相談や噛み合わせ、全身の悩みまでトータルで相談

患者さんへ栄養に関するアドバイスも行っているそうですね。

5

そうですね、甘いものだけではなく、酸っぱいものも歯にダメージを与えることや、どんな栄養を摂取したらよいか、個々に合わせてアドバイスしています。健康的な歯茎に導くためには、美肌づくりと同じでタンパク質やビタミンB群を積極的に摂取することも大事なんです。このように全身の健康を考えることが、オステオパシーを学んだ歯科医師ならではの治療だと思っています。

今後の展望について、教えていただけますか?

私はオステオパシーの中でも頭蓋の領域に注目しています。とても奥が深い領域なので、しっかり学んで極めたいと思っています。日本の医師の中には、まだオステオパシーの考え方が広まっていませんが、とても大切な考え方だと思うんです。例えば、普段と同じ生活をしているなかで、急激に不調を感じる場合、全身のどこかに異常があることも考えられます。だからこそ全身の健康状態を見ることが解決の糸口につながることもあるんです。もちろん、患者さんがどこまでの治療を求めているのかは、しっかり把握しつつ患部だけではなく、背景までしっかり見るように心がけています。

最後に、読者へのメッセージをお願いします。

6

当院では、これまで長い歴史の中で培ってきた知識と技術を生かし、あらゆる症状の治療に対応しています。すべての世代に合わせた治療方法を熟知しているので、安心してお任せください。また、噛み合わせや全身の不調で気になることがあれば、気軽に相談していただきたいです。場合によってはより専門的な治療を受けられる医療機関と連携し、少しでもお力になれるよう全力でサポートさせていただきます。

Access