全国のドクター9,306人の想いを取材
クリニック・病院 161,126件の情報を掲載(2020年10月28日現在)

  1. TOP
  2. 京都府
  3. 京都市西京区
  4. 桂川駅
  5. さかの歯科
  6. インプラント治療で安定的に噛めるよう正しい噛み合わせをめざす

インプラント治療で安定的に噛めるよう
正しい噛み合わせをめざす

さかの歯科

(京都市西京区/桂川駅)

最終更新日:2020/09/30

Main Main
  • 自由診療

失った歯に対する治療として、入れ歯とブリッジのほかに、インプラント治療という選択肢がある。以前は特別な治療であるとイメージしていた人が多かったと思うが、近年はインプラント治療を選ぶ人は増えてきており、「自分の歯のように噛める喜びを取り戻せるのなら受けてみたい」と、インプラントの相談で歯科医院を訪れる人も少なくないという。そうした患者に対し、「さかの歯科」の坂野泰造院長は、インプラント治療の特徴や注意点、費用面や治療期間などを丁寧に説明。他の治療との違いもきちんと伝えながら、患者と一緒に相談しながら治療方針を考えているのだそう。今回、インプラント治療の流れを教えてもらいながら、患者とはまた違う歯科医師の視点から見たインプラント治療のメリットについても話してもらった。(取材日2020年9月9日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

Qインプラント治療の特徴をお聞かせください。
A

インプラント治療は失った歯を補填するために行う治療法のうちの一つです。他にも入れ歯やブリッジなどいくつかの治療法がありますが、例えば入れ歯は食事中にものが挟まって噛みづらくなることがあったり、ブリッジでは支えとなる周囲の歯を削る必要があるなどのデメリットがあります。その点インプラントは、顎の骨にインプラント体を埋め込み、その上に人工歯を固定する治療なので、自分の歯に近い咀嚼力が期待でき、他の健康な歯への影響も少ないといえるでしょう。治療後の見た目の違和感を感じないことも大きなメリットであり、目立ちやすい前歯だけをインプラントにして、奥歯の治療では他の方法を検討される方もおられます。

Q手術に不安を感じる人もいると思うのですが。
A

手術と聞くと、ちょっと怖いイメージがありますよね。大がかりな外科処置を想像されている方には不安を和らげるため、「抜歯の処置と似ていて、その逆を行うイメージに近いかもしれません」とお伝えすることもあります。消毒、滅菌を徹底した衛生環境の中で手術を行い、所要時間は30分から1時間です。麻酔を使用するため手術中の痛みはまずないでしょう。当院においては、インプラント手術はすべて院長である私が担当します。インプラント治療は大学の研修医時代を合わせると30年以上携わり、数多くの症例にも対応してきました。その方の骨の状態などもしっかり把握して、安心安全を最優先にした手術を行っています。

Qどのような人にインプラント治療をお勧めしますか?
A

自分の歯で噛めていた時と同じような感覚で食事を楽しみたい、治療後の見た目も重視したいという人に、インプラント治療は適しているでしょう。さらに歯科医師の視点からは、口腔全体の歯を守る予防の一環としても有用だと考えています。実際、歯が一本なくても食事はできますが、その状態を放置してしまうと、そこから噛み合わせの崩壊が始まっていきます。咀嚼力が低下するだけでなく、負荷がかかる歯からどんどん悪くなってしまうのです。特に奥歯はものを噛むときに重要な歯ですので、そこをインプラントにすることで、全体の噛み合わせのバランスを整えていけば、将来的に他の歯を残していける可能性にもつながっていくでしょう。

検診・治療START!ステップで紹介します

1カウンセリング

カウンセリングでは、口腔内の症状だけでなく全身の健康状態も確認しながら、治療の内容や、時間や費用、注意点などを説明してくれる。患者の希望や心配事、過去の歯科治療でつらかった経験はなかったかなどを丁寧にヒアリングしてくれ、歯科医師と患者が話し合いながらベストな治療を探っていく。

2事前検査

まずは口腔内の状態を把握するためのエックス線撮影を受ける。その撮影画像をもとにインプラント治療が適応であるかを確認し、2次検査へ。CTで3次元的な画像データを撮り、骨の密度や形態、神経の通り道まで細かく観察しながら、コンピュータ上で精密なシミュレーションが行われていく。この時点で治療の難易度がわかるそうで、検査結果を説明してくれ、インプラント治療を選択するか考えていくという。

3インプラント埋入手術

麻酔が十分効いていることを確認し手術開始。使い捨ての器具や消毒を徹底した衛生環境の中で行われ、歯科医師が細心の注意を払いながら、作成したシミュレーションに忠実に、手術が進められていく。所要時間は症例ごとに異なるそうだが、1本の歯に対し30分から1時間が目安だとか。基本的に手術をしたその日から、食事をすることが可能なのだそう。

4人工歯・上部構造の装着

手術をしてから3ヵ月から半年後、埋入されたインプラントと骨がしっかり結合されていることが確認できたら、インプラントの上に人工歯が装着される。正しい噛み合わせとなるように精密に作製された人工歯が入れば治療は終了だ。治療後の自然なできばえを確認した後、自分の歯で噛む感覚を楽しみに帰宅。

5治療後はメンテナンスを継続

インプラントが入った後は、定期的にメンテナンスに通うことが重要。インプラント自体は虫歯にならないが、口腔ケアを怠るとインプラント周囲炎といって歯周病に似た症状が起こることがあるという。「残念ながらインプラントは一生ものではありません。歯科医院でのメンテナンスとご自宅でのホームケアを継続し、治療後の良好な状態を維持していく必要があります」と坂野院長は話し、同院では予防歯科にも注力しているのだそう。

ドクターからのメッセージ

坂野 泰造院長

歯科技術の進歩によって安全性が高まり、メリットが多いことで注目されているインプラント治療ですが、すべての人にとって最善の治療法というわけではありません。症例によっては入れ歯やブリッジのほうが適している場合もあり、インプラントと他の治療を組み合わせることでその方にとってベストな治療になることもあります。インプラントはあくまで選択肢の1つなんです。私自身が長年、補綴の専門としてインプラント治療だけでなく、入れ歯やブリッジにも力を入れてきたからこそ言えることで、お口の状態と患者さんの希望を十分に伺った上で、満足していただける治療計画を立てるようにしています。

Dr

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/35万円~ 

Access