全国のドクター9,369人の想いを取材
クリニック・病院 160,594件の情報を掲載(2022年8月09日現在)

  1. TOP
  2. 愛媛県
  3. 新居浜市
  4. 新居浜駅
  5. 医療法人はまゆう会 サトウ歯科
  6. 佐藤 哲夫 院長

佐藤 哲夫 院長の独自取材記事

サトウ歯科

(新居浜市/新居浜駅)

最終更新日:2021/10/12

Main

創業は戦前にまでさかのぼる新居浜市の「サトウ歯科」。その3代目となる佐藤哲夫院長は日本歯周病学会認定の歯周病専門医。なるべく「削らない」「抜かない」治療をめざした佐藤院長のもとへは、県内はもちろん県外からの来院も多いとか。今後の展望について聞くと「今までやってきたこと、あるものをさらに極めることに尽きる」と答える佐藤院長。そこからも、専門分野に対するプロ意識の高さを感じ得ずにはいられない。休診日も勉強会などへの出席で多忙ではあるが、たまの休日には家族で過ごすことを大切にするマイホームパパの一面も。歯をなくしてしまう前にできる診療を提供したいと考え、選んだ歯周病を専門とする道。日々の診療への想い、また予防の大切さについてなど、さまざまな話を聞いた。

(取材日2020年10月21日)

今までやってきたこと、あるものをさらに極め続けたい

歯科医師になられたきっかけを教えてください。

Df1

当院は祖父が戦前に開業し、私で3代目となります。父も叔父も歯科医師で、以前はここで祖父も含めて3人の歯科医師で診療を行っていました。子どもの頃から歯科医師になるのが当たり前という環境で育ってきて、周囲からもそう思われていました。高校生くらいになると、逆にそれがとても嫌でして、まったく違う職業に4年程就いていたんですよ。社会に出ていろいろな経験を積む中で、お金をもらって「ありがとう」と言われるのは当たり前のことではないのだな感じました。その「ありがとう」と言ってもらえる職業が家業である歯科医師であると気がつき、初めて自らの意思でなりたいと思いました。学業のブランクがあり大変ではありましたが、あらためて大学受験をし、歯科大学で学び、現在に至ります。

歯周病治療が専門とお聞きしましたが、選択された理由はありますか?

大学病院の歯周病科に勤務し、日本歯周病学会の歯周病専門医の資格も取得しています。歯周病を専門にと選んだのは、大学病院で経験を積んだのちは、実家のクリニックに戻る予定にしていたためです。この地域の世代層を考えたとき、今後も進む少子高齢化を視野に入れ、地域の方々のニーズに応えられる分野に特化したいと考えました。歯周病は初期のものも含むと、日本人成人の80%以上が罹患しているともいわれるものです。歯周病が進むと歯が抜け落ちてしまう場合もある怖いものなので、早期発見・早期治療を行うことにより進行を抑制していくことが大切です。補綴など、失った歯を補う技術ももちろん歯科にはありますが、私はなくしてしまう前にできることを提供していきたいと考え、歯周病治療を専門としています。

どのような患者さんがいらっしゃっていますか?

Df2

歯周病と、それに関連する疾患で口臭の相談に来院される患者さんが多いですね。インターネットで調べて来院される方が多いので、今治エリアを中心に県外からもいらっしゃいます。近隣地域の方は歯周病だけではなく、一般的な歯科治療でも来院されています。歯科治療の場合は中高年の方が多いので、義歯までは当院で行っていますが、矯正やインプラント治療など専門的な技術が必要な治療は、他の歯科医院に紹介させていただいています。私の性格上、あれもこれもオールマイティーにするよりも、「これを極めていく」と決めたものにすべての力を注ぐほうが性に合っていると思っています。ですので、やらないと決めたものは、専門の方にご紹介し、私は自分の専門に力を尽くしたいと考えています。

なるべく「削らない」「抜かない」を診療コンセプトに

診療方針や診察の中で大切にされていることを教えてください。

Df3

歯の健康寿命を延ばすことを軸に、なるべく「削らない」「抜かない」を診療方針にし、できる限り自然な歯を残したいと考えています。一度削った歯は本当の意味では元には戻りません。削った部分にはかぶせ物や詰め物をする必要があり、治療を行った所の隙間から菌が入り再発するリスクもあります。そうなる前に、いかに予防していくのかが重要になってきます。予防の重要性と定期的なケアの必要性は診察時に必ずお話しています。心がけとしては、患者さんのニーズを大切にすることです。痛みについては個々で感じ方も違いますし、とにかくスピード重視の方もいらっしゃいます。痛みに弱い方には、麻酔の仕方を工夫したり極力痛みを軽減できる処置を行うなど、患者さんのお気持ちに寄り添いたいと考えています。

今までで印象に残っているエピソードはありますか?

10年ほど前に、今治から来られた患者さんがいらっしゃいました。その方は、自宅近隣の歯科医院を数件まわってから当院に来院されたのですが、他院では罹患した歯は抜歯するしかないと言われていたそうで、本当にどうにもならないのかと当院にいらっしゃいました。もちろん、グラグラになってしまって抜くしか選択肢がない場合もありますが、状態によっては残していく手立てがあるかもしれません。その患者さんは、今でも定期クリーニングで当院に通い続けてくださっていますよ。

口臭の相談も多いと伺いました。

Df4

口臭の相談は10代から40代の方をメインに来院が多いですね。口臭の原因については身体的なものと心理的なものがあり、心理的なものが多くを占めているようです。その場合はカウンセリングなどで、改善へと導いていくようにしています。身体的なものの原因で一番多いのは歯周病。他にも内臓器官に疾患が潜んでいるケースもありますので、その場合は内科などかかりつけ医にご相談されることをお勧めしています。

悩む前に来てほしい。美容と健康の維持には歯のケアを

歯のクリーニングやホワイトニングなどが充実していますね。

Df5

虫歯や歯周病は丁寧な日々のケアを続けることで、予防をしていくこともできる病気です。しかし、ご自宅の歯磨きだけではケアしきれない部分はあるので、歯科医院での定期的なクリーニングは予防のためにも必要不可欠だと考えています。保険診療でできる予防では施術範囲が限られていますので、当院では自費診療の口腔内クリーニングシステムも導入しています。自費診療ですので口腔トラブルがない方ももちろん受けられます。担当する歯科医師や歯科衛生士は専門的なトレーニングを受けていますので、施術中に気持ち良くて眠ってしまうかもしれません。施術する部屋も歯科治療とは分けていますので、美容院に行く感覚でお越しいただきたいと考えています。

診療にあたっていてうれしいときは、どんなときでしょう?

患者さんが歯の健康寿命を延ばすことで、心身ともにお元気でいらっしゃることですね。定期的なクリーニングは歯科疾患の予防だけでなく、全身の健康にもメリットがあると考えられています。歯周病は糖尿病など生活習慣病とも関わりがあります。しっかりと噛むことは認知症の予防にもつながります。90代でほぼ自分の歯の患者さんも通われていますが、とてもお元気でいらっしゃいますよ。また、ホワイトニングやクリーニングを通して、歯を見せて笑えるようになったり、歯の色が白くなったり、歯茎が健康になっていくことで、エイジングケアの役割も担っていると考えています。歯が白いだけでお顔全体の印象も変わります。逆に歯を失ってしまうと口まわりのしわの原因にもなるでしょう。ケアをされた後の患者さんの笑顔を見るのが、私にとってもうれしいひと時です。

最後に、読者の方へメッセージをお願いします。

Df6

痛みが出てからでは、症状はかなり進行していることがほとんどです。悩んでからではなく、悩む前に来院してほしいですね。自覚症状がない時点でしたら、治療も少なくて済みます。治療が少ないということは、出費も時間も痛みも少なくて済みますよね。そのためにも半年、できれば3ヵ月に一度は歯科医院での定期的なクリーニングをお勧めします。また、30代以降になると歯周病のリスクも上がりますので、予防のためにもぜひ。悪くなってから来るから、“歯医者は痛い所”のイメージがついてしまうんです。痛くなる前の歯のクリーニングで来たら歯医者は気持ちいい所になるでしょう。失った歯は元には戻りません。美容院や床屋に行く感覚で、皆さんが歯科医院でのケアも当たり前になっていただきたいと願っております。

自由診療費用の目安

自由診療とは

クリーニング/8000円~
ホワイトニング/1万5000円~

Access