全国のドクター9,322人の想いを取材
クリニック・病院 161,128件の情報を掲載(2020年10月30日現在)

  1. TOP
  2. 症状から探す
  3. 黒い点のようなものが見えるの原因と考えられる病気一覧
  4. 飛蚊症
  1. TOP
  2. 眼の病気一覧
  3. 飛蚊症
009

こちらの記事の監修医師
医療法人社団済安堂 西葛西・井上眼科病院
井上 順治 院長

ひぶんしょう飛蚊症

概要

目の前に何も存在しないにもかかわらず、黒い陰や糸くずのようなものが見える症状。主に目の中の硝子体と呼ばれるゼリー状の物質の濁りが、網膜に写ってしまうことによって生じる。目を動かしても黒い陰などは細かく揺れながら同じ方向に移動するため、まるで目の前を蚊が飛んでいるように感じることから飛蚊症と呼ばれている。ほとんどの場合は加齢などの生理的変化が原因で生じるが、網膜剥離などの重篤な疾患の前触れである可能性もあるため注意が必要。目の前にきらきらと光るものが見える「光視症」と呼ばれる疾患もあるが、これは飛蚊症とは原因などが異なる。

原因

飛蚊症の原因は年齢的変化によるものと、その他の疾患に伴うものに大きく分類される。年齢的変化が原因で発症した場合は、生理的飛蚊症と呼ばれる。目の中にぎっしりと詰まっている硝子体というゼリー状の物質が、年齢的変化によって融解・萎縮し、網膜と硝子体が離れることで飛蚊症の症状を自覚しやすくなる。それ以外にも、網膜剥離・網膜裂孔・眼底出血・ぶどう膜炎・網膜の血管が切れて目の中で出血しまう硝子体出血などの疾患によって硝子体に濁りが生じ、その初期症状として飛蚊症が出現するケースもあるため、飛蚊症の症状がある場合は精密な検査を受ける必要がある。

症状

人によって自覚症状はさまざまである。黒い点状の物、髪の毛や糸くずのような細い物、丸い輪や水玉のような物、そして目の前を蚊やハエなどの虫のような物が飛んでいるように見えることもある。飛蚊症は目の中の濁りを自覚する症状のため、これらの物は目線を動かすと一緒にゆらゆらと動き、まばたきをしたり目をこすったりしても消えることがない。明るい青い空や白い壁などをバックにするとさらに症状が目立ち、暗いところでは目立ちにくいという特徴がある。年齢によって生じる生理的飛蚊症は治療の必要がないといわれることもあるが、大きいものでは本人の視界に映ることでストレスや集中力の低下を感じることもある。

検査・診断

飛蚊症の多くは加齢に伴う生理的飛蚊症であり、早急な治療が必要ではない場合もある。しかし重篤な病気の前触れである可能性も否定できないため、早めに検査を受け、その原因を把握することが望ましい。眼科での診断では、散瞳剤を使用した精密眼底検査を行う。散瞳剤によって瞳孔を開いたままの状態にして、医師が検眼鏡で網膜のすみずみまで観察する。検査後に瞳孔が通常の状態に戻るまで数時間を要するため、それまではやや光がまぶしく感じたり、ピントがぼやけた状態になったりするので、医師の指示に従って行動する。

治療

年齢が原因となる生理的飛蚊症は「年齢のせいだから仕方がない」「治療の必要はない」と考えられることもあるが、本人が希望する場合は、濁った硝子体を手術で取り除くという方法もある。しかし、手術にはまだ危険もあり一般的ではない。手術は硝子体手術と呼ばれ、眼球へ小さな切開創を作成し、眼球内に専用機器を挿入して飛蚊症の原因となる硝子体の混濁を直接切除・吸引するという方法だ。近年はレーザーによる飛蚊症治療も導入されているが、これも日本では一般的ではない。レーザーによって飛蚊症の原因となる硝子体の濁りを破砕する方法であるが、合併症の可能性もあり、注意が必要である。また飛蚊症の原因が網膜剥離などの疾患である場合は、まずはその疾患を優先して治療する。網膜剥離は進行すると失明に至る危険性もあるが、手術の進歩等により、網膜復位率が向上しているといわれている。

予防/治療後の注意

飛蚊症の多くは加齢に伴う生理的なものであるため、予防法はないとされている。

009

こちらの記事の監修医師

医療法人社団済安堂 西葛西・井上眼科病院

井上 順治 院長

2001年順天堂大学医学部卒業後、同大学医学部附属順天堂医院眼科入局。2003年順天堂大学医学部附属浦安病院眼科勤務。同病院で約10年間、網膜硝子体を専門に手術を行う。2005年からは2年間ハーバード大学スケペンス眼研究所に留学。2012年から西葛西・井上眼科病院勤務。副院長を経て2016年院長に就任。