全国のドクター9,452人の想いを取材
クリニック・病院 160,458件の情報を掲載(2022年9月30日現在)

  1. TOP
  2. 症状から探す
  3. 手がしびれるの原因と考えられる病気一覧
  4. 慢性硬膜下血腫
  1. TOP
  2. 脳の病気一覧
  3. 慢性硬膜下血腫
012

こちらの記事の監修医師
横浜新都市脳神経外科
院長 森本 将史 先生

まんせいこうまくかけっしゅ慢性硬膜下血腫

概要

頭蓋骨の内側で、脳を包む膜(硬膜)と脳の表面との間にゆっくりと血液がたまって血腫ができた状態。軽い頭部外傷などで、頭の中の細かい血管が裂けたり切れたりすることが原因で起こる。頭を打ってから、数週間〜数ヵ月後に症状が出てくるのが特徴で、高齢者や男性に発症することが多い。たまった血液によってできた血腫は次第に大きくなり脳を圧迫するため、認知症に似た症状が現れるのが特徴。急性の硬膜下血腫とは異なり、脳に損傷はほとんどない。基本的には適切に治療を受ければ完治する病気のため、「治る認知症」の一つとして知られている。

原因

転倒したり、天井などにぶつけたりして、軽く頭を打っただけでも起こることがある。また、頭部の打撲がなくても発症することがあり、お酒を多く飲む人、血液をサラサラにする抗凝固薬を服用している人に発症のリスクが高まることが知られている。

症状

頭部を打った直後は特に問題がなく、2週間後から3ヵ月後くらいに、症状が徐々に出始める。多くの場合、最初は眠りがちになる、なんとなく元気がないといった症状から始まる。次第に、歩行するとふらつく、片側の手足が動かしづらい、しびれが出る、頭痛がする、しゃべりづらい、物忘れが目立つ、失禁するようになるといった症状がみられ、重症の場合は、意識障害を起こすこともある。原因となった打撲を忘れているケースもあり、特に高齢者の場合は、認知症や老人性痴呆と間違われることもあるので注意が必要となる。

検査・診断

CT検査やMRI検査で、硬膜下に血腫があるかどうかを調べる。

治療

慢性硬膜下血腫が確認された場合、通常はその当日か翌日には手術を行うのが望ましいとされる。手術は局所麻酔で行われ、頭蓋骨に直径約1cmの小さい穴を開けて細い管を挿入し、血腫を除去する。手術時間は30分程度。手術後、約9割の患者は徐々に症状が改善していく。血腫の量が少ない場合や高齢などの理由で手術が行えない場合は経過観察を行い、漢方薬や浸透圧利尿剤などを用いた治療を行う。

予防/治療後の注意

発症者のうち、約1割の人が治療後に再発するといわれている。再発の確率が高いとされるのは、脳の萎縮が強い高齢者や、血腫が大量にたまっていた場合。腎臓の機能が落ちている場合や、抗血小板薬・抗凝固薬を飲んでいる場合も再発しやすいとされるため、手術後もCTなどの検査が必要になる。

012

こちらの記事の監修医師

横浜新都市脳神経外科

院長 森本 将史 先生

1993年京都大学医学部を卒業。国立循環器病研究センター脳神経外科、ベルギーのCenter for Transgene Technology and Gene Therapyなどで手術と研究の研鑽を積み、2011年より横浜新都市脳神経外科病院にて院長を務める。専門分野は脳梗塞、脳出血、くも膜下出血をはじめとする脳卒中疾患。この分野において数多くの治療を手がける施設の長として、日々脳外科手術を行いながら外来では予防も提唱している。著書に「読みやすい わかりやすい 脳梗塞35の重要ポイント(現代書林)」などがある。日本脳神経外科学会脳神経外科専門医、日本脳神経血管内治療学会脳血管内治療専門医。