全国のドクター9,201人の想いを取材
クリニック・病院 158,634件の情報を掲載(2024年4月24日現在)

  1. TOP
  2. 福岡県
  3. 糸島市
  4. 筑前前原駅
  5. 糸島せきデンタルクリニック
  6. 関 陽介 院長

関 陽介 院長の独自取材記事

糸島せきデンタルクリニック

(糸島市/筑前前原駅)

最終更新日:2021/10/12

関陽介院長 糸島せきデンタルクリニック main

志摩中央公園前バス停から徒歩約5分のところにある「糸島せきデンタルクリニック」は、2019年に開業。以降、地域のかかりつけ医として幅広い世代の多様な主訴に対応している。院長の関陽介先生がめざすのは、「ヘルスケア歯科診療」の提供。患者一人ひとりのトータルな健康と生活の質向上に貢献するため、予防・メンテナンスに重点を置いた親身な診療に力を尽くしている。「歯科クリニックは歯が悪くなってから受診するのではなく、悪くならないよう適切にお口全体を管理するために行く場所であるべきです。患者さんにそんな意識を持ってもらえるよう取り組んでいます」と笑顔で話す関先生に、クリニックや診療の特徴などについて聞いた。

(取材日2021年7月7日)

予防・メンテナンスを重視する、糸島の歯科医療拠点

まずはクリニックの特徴からお聞きします。

関陽介院長 糸島せきデンタルクリニック1

当クリニックは、糸島の志摩エリアで長い歴史のある歯科クリニックを引き継いで開業しました。昔ながらの患者さんにとってなじみ深い建物も、そのままの形で使用しています。地域における歯科医療の拠点として、先代の信頼を下げることなく、さらにより良い診療を届けていくことが使命であると捉えています。私たちがめざすのは、予防やメンテナンスで口腔内をしっかりと管理し、生涯にわたる健康維持に貢献する「ヘルスケア歯科診療」の提供です。一つ一つの治療を施して終わりではなく、健やかな生活が送れるように末永く寄り添い、深く関わっていくことが重要だと考えています。そこで訪問診療にも対応し、送迎などのサービスも行っています。

全体的な診療における方針を教えていただけますか?

歯科に「怖い」「痛い」といったイメージを持つ方は少なくないので、そんな不安の払拭から介入することが大切です。だからこそ、私たちの仕事は患者さんが院内に一歩足を踏み入れた時から始まっていると考えています。受付時の応対、院内の清潔感や雰囲気づくり、歯科医師や歯科衛生士の立ち居振る舞い、治療時の対応に至るまで、あらゆる場面で患者さんへの配慮を忘れないよう、スタッフ全員が心がけています。治療前には、なるべく専門用語を使わずに丁寧な説明を徹底。すべての患者さんが納得し、安心して治療を受けていただけるよう力を尽くしています。

患者層をお尋ねします。

関陽介院長 糸島せきデンタルクリニック2

先代から引き継いだクリニックですので、ご家族3世代・4世代で受診されている方が少なくありません。年齢層は幅広く、0歳の乳児から90代の高齢の方まで来られています。長年通われている方が多いので、比率は4割くらいが60代以上の方ではないでしょうか。私の代になってからは、ホームページを見たり、インターネットで検索したりして来られる若い世代の方が増えている印象です。主訴としては虫歯や歯周病のほか、患者層的に入れ歯の調整や作製に関する相談が多いですね。さらに、当クリニックは予防に力を入れているため、1日の6~7割がメンテナンスで通院されている方々です。

全スタッフの専門性を生かして、多様な主訴に対応

診療において注力していることは何ですか?

関陽介院長 糸島せきデンタルクリニック3

地域のかかりつけ医としての信念は、あらゆる主訴や疾患に対応すること。患者さんは信頼して来てくださるわけですので、どんな悩みにも真摯に向き合い、最善を尽くさなければと考えています。そこで当クリニックでは、虫歯や歯周病の治療、義歯作製といった一般歯科はもちろん、審美歯科、ホワイトニング、インプラントなどにも対応。すべての治療の根幹となる歯周病の治療は特に重視しています。さらに、矯正歯科に関しては、専門の歯科医師が担当。小児矯正からマウスピース型装置を用いた成人矯正まで、的確な診断をめざし、それぞれの患者さんに合わせた精密な診療に力を尽くしています。また、当クリニックでの対応が難しい歯科疾患の場合は、各専門のクリニックや高次医療機関と連携を図り、適切な治療が受けられるよう取り組んでいます。

歯科医師2人体制のメリットをどうお考えですか?

現在、日々の診療にあたるのは、私と前院長の半田先生。基本的には、長年通っている患者さんは半田先生にお願いし、新規の方や若い世代の方はなるべく私が担当するよう役割分担しています。実際、特に昔ながらの患者さんは付き合いの長い半田先生に診てもらうことで安心して治療に臨んでいただけているようです。また、半田先生は経験豊富な歯科医師。臨床の現場に立ち続けてこそ得られる知識やテクニックは勉強させていただき、逆に私が吸収した先進の情報は共有し、お互いの知見を融合してより良い診療に生かせるよう取り組んでいます。難しい症例の場合は意見交換し、複数の視点で疾患を捉えることで、適切な治療を提供できる点も大きなメリットです。

こちらではどういったメンテナンスが受けられますか?

関陽介院長 糸島せきデンタルクリニック4

定期的に美容院に髪を切りに行くような感覚で、クリニックに気軽に通っていただきたい。それが、メンテナンスにかける私たちの思いです。歯科衛生士一人ひとりが明るく親身なコミュニケーションを心がけ、患者さんがリラックスした気分で来られるよう取り組んでいます。当クリニックのメンテナンスは、担当制が基本。同じ歯科衛生士が対応し、患者さんの治療歴や歯磨きの技量はもちろん、仕事や家庭の状況、生活スタイルや嗜好まで把握することで、わずかな変化にも気づきやすくなります。クリーニングと歯磨き指導をして終わりではなく、全身の健康維持を支える意識を持ち、患者さんを取り巻く環境まで含めた広い視野で、適切に口腔内を管理することが私たちの務めです。

患者の生涯にわたって、口腔内を適切に管理していく

訪問診療にも対応されているそうですね。

関陽介院長 糸島せきデンタルクリニック5

訪問先はご自宅をはじめ、介護施設や病院など。自力での通院が難しくなった方や寝たきりの方を対象に対応しています。当クリニックのモットーは、院内で提供するものと変わらない歯科医療を提供することです。専用の椅子や歯を削る機械といった設備の持ち込みも行い、虫歯や歯周病の治療から、入れ歯の作製や修理、口腔内ケアや口腔機能のリハビリテーションまで、さまざまなお悩みを解決するよう努めています。中には認知症の方やご自身での判断が難しい方もいらっしゃるので、ご家族との相談や密な連携が欠かせません。誰にとっても食べること、笑うこと、人と話すことは、人生の喜び。だからこそ、私たちには患者さんの生涯にわたって、口腔機能の健康を守る大きな責任があると思っています。

歯科医師を志したきっかけや仕事のやりがいを教えてください。

私には親戚に医療関係者がいて、歯科医師の知り合いもいます。子どもの頃からそんな環境で育ったので、ずっと医療を身近に感じていました。細かな作業が苦手ではなく、幸い手先は器用なほうであったため、将来の夢として歯科医師を意識するようになったのは、高校生の時だったと思います。大学時代は、地域に根づいて人々の口腔内の健康を守れるような歯科医師をめざして、勉強に励みました。目標をかなえた今、日々診療にあたりながら、多くの患者さんの痛みや悩みに手を差し伸べ、解決に導く仕事にやりがいを感じています。「ここに来て良かった」といった言葉をもらうたびに、さらに研鑽を積んでかかりつけ医としての役割を全うしなければと身が引き締まる思いです。

最後に読者へのメッセージをお願いします。

関陽介院長 糸島せきデンタルクリニック6

歯は一度削ってしまうと元には戻りません。自分の歯から入れ歯に変わって良かったという方もいません。後悔しないためには、日頃からの口腔ケアと歯科でのメンテナンスが重要です。歯科クリニックは歯が悪くなってから行くのではなく、悪いところがないことを確認するために受診するという意識を持つことが大切です。当クリニックではスタッフ一同、幅広いお悩みに親身に対応するよう取り組んでいます。お口の中に関して気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

矯正/小児:22万円~、成人:55万円~
マウスピース型装置を用いた矯正/33万円~
インプラント治療/38万5000円~
セラミックを用いた補綴治療/9万2400円~
ホワイトニング/1万1000円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供をしております。
マウスピース型装置を用いた矯正については、効果・効能に関して個人差があるため、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access