医療法人社団誠和会 瀬川外科

松井 誠一郎院長

76328 %e5%8c%bb%e7%99%82%e6%b3%95%e4%ba%ba%e7%a4%be%e5%9b%a3%e8%aa%a0%e5%92%8c%e4%bc%9a %e7%80%ac%e5%b7%9d%e5%a4%96%e7%a7%91

山陽電鉄と神戸市営地下鉄西神線の板宿駅からほど近い場所にある「瀬川外科」。整形外科・外科・皮膚科を掲げ、地域に根づいて診療を行っている診療所だ。患者の痛みや症状をしっかりと分析し、正確な診断に努める松井誠一郎院長のもとには、子どもから高齢者まで幅広い年齢層の患者が訪れる。診療の一方で須磨区医師会会長として地域医療の連携に取り組むなど、日々多忙を極めながらも、バイオリンや写真を愛する趣味人の一面も持つ松井院長。その豊かな人間性が醸すとても穏やかな笑顔と口調も、患者に人気の一因といえそうだ。そんな松井院長に、腰痛の話や整形外科医師として行うペインクリニックについての話、また外反母趾の日帰り手術についてなど、話を聞いた。
(取材日2019年1月29日)

正確な診断をするため、診断名にこだわらずに診療

―工学部を卒業した後に医学部へ入学したそうですね。医学部に進んだ理由について教えてください。

もともと大学を選ぶときに工学部か医学部か迷っていた時期があったんです。それで東大の工学部を選んで卒業し一時は設計の仕事をしたんですが、生物の機能や構造を分析して人工的に再現利用する生体工学に興味があったこともあり、それなら実際に人間の体を扱う医師がいいかなと思うようになったんです。それで医学部への道を進むことにしました。大阪大学の医学部を卒業してからは、大学の整形外科に入局し、その後は伊丹市民病院や大阪府立病院、川西市民病院などを経て、2002年にこの病院を継承開業しました。

―なぜ、継承しての開業の道を選んだのでしょう?

一時お手伝いをしていた病院の奥さんのご実家が、この瀬川外科だったんですね。その院長は当時すでに引退していらっしゃったんですが「ここを継承してくれないか」という話があって。名前はそのまま残してほしいということだったので、名前は瀬川外科のまま継承開業したわけです。以前ここは有床の外科中心の診療所だったんですが、わたしは整形外科が専門なので、ペインクリニックを含む整形外科をメインに外科・皮膚科を掲げ、入院設備はなくして2階をリハビリテーションに、3階を手術室に改造して今に至っています。

―診察をする上で大切にしていることを教えてください。

まず患者さんが何を希望しているかということですね。皆さんいろいろな疾患を抱えていますので、それをどこまでどの部分を治療するかという希望を聞くこと。あとは正確な診断をすること。例えば痛みに関して言うと、何がどういう状態で痛みが出ているのかということを、きっちり解剖学的に考えながら診ること。正確な診断をするために、診断名にこだわらないこと。診断名で決められない病態・病状というのがあるので、それをいかに正確に掴むかというのが重要なんですね。例えば「腰が痛い」という症状でMRI画像を見たら脊柱管狭窄症だったと。でも腰が痛いのは、筋肉の痛みなどもっと他の痛みが出ている場合が多いわけで。その場合は手術をする必要はなく、腰の痛みを取ればいい。画像にこだわらず、患者さんの自覚症状をしっかり把握した上で、正確な診断をしていくことが大切。そのためにも必ず患者さんの体を触って診断するようにしています。

―体を触って診断してわかることがあるんですね。

はい。どの部分がどの程度、どんな時ににどのように痛いのか。そういう情報が重要なので、実際に触ったり動かしてみると大体その痛みの原因が判断できるわけです。患者さんの体を触りながら、こういうふうにしたらどの程度痛がるとか……。画像だけではない患者さんの体からの情報を得ながら診断しています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Syonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細