医療法人誠友会 森口耳鼻咽喉科

医療法人誠友会 森口耳鼻咽喉科

森口 誠理事長

74504 %e6%a3%ae%e5%8f%a3%e8%80%b3%e9%bc%bb%e5%92%bd%e5%96%89%e7%a7%91

枚方市に位置する京阪光善寺駅から線路沿いの道路を歩くと1分足らずで見えてくるのが、1995年開業の「森口耳鼻咽喉科」。CTをはじめとする新型の医療機器をそろえ、チュービング(鼓膜チューブ挿入術)やアレルギー性鼻炎に対する舌下免疫療法、全国的にも少ないという日帰り鼓室形成術などの先端の医療を展開している。その主役となるのは、クリニックの理事長であり医学博士でもある森口誠先生。大阪市立大学医学部で研鑽を重ね、現在も同大学の非常勤講師として手術を担う耳鼻咽喉・気管食道のエキスパートだ。そんな森口理事長に、クリニックでの診療対象となる主な症例とそのメカニズム、治療法を中心にじっくり聞いてみた。
(取材日2018年3月23日)

正確な診断と負担の少ない治療が第一目標

―どのような患者さんが来られますか?

当院ならではの特色として中耳炎などで来られる子どもの患者さんが多く、中心となるのは乳幼児です。開業してから今年で23年になりますし、昔に診療した小さな子どもたちが大人になり親になり、中にはいまだにずっと来てくれる方もいます。基本的には地域のかかりつけ耳鼻咽喉科というスタンスですから、患者さんとは長いお付き合いになることも多いですね。ちなみに春先は、いわゆる花粉症の症状に対する相談が圧倒的に増えます。

―診療に際して心がけていることは?

まずは常に正確な診断に基づく治療を行うことが重要で、CTをはじめとする検査機器はしっかりそろえています。あと、日帰り手術にも対応していますから、手術に使うレーザーや内視鏡などの機器も新型のものを用意し、しょっちゅう新しいものに入れ替えています。治療法に関しても、10年、20年たつとずいぶん変わっていきますから、常に見直しながら新しいアプローチを吟味していくことが必要でしょう。もう一つは、できるだけ患者さんの負担の少ない治療をめざし、痛みや苦痛、時間や手間を最小限に抑えることです。小さな子どものうちは痛みや恐怖で泣いてしまうこともありますが、その子にとって何が必要かを見失わないことが大切です。治癒せずに何年も苦しむほうがずっとかわいそうですからね。

―花粉症など、アレルギー性鼻炎の患者さんも多いようですね。

現在、アレルギー性鼻炎の症状のある方がものすごく増えており、しかも低年齢化しています。スギ花粉のアレルギーに加えてダニアレルギーもあるというお子さんが大勢いて、常に鼻詰まりがあったり夜になるとグズグズしてきて鼻が通らなくなったり、非常にかわいそうな状態です。従来のアレルギー治療は受け身的で、患者さんから求められては薬を出すということの繰り返しでした。それだけではやはり不十分で、「こういう治療でやっていきましょう」と、医師のほうからもっと積極的に方向性を示すべきだと思うようになりました。そうして始めた一つが舌下免疫療法と呼ばれる治療法です。

―舌下免疫療法とはどのような治療ですか?

アレルゲンを含む治療薬を舌の下側に滴下したり錠剤を入れたりする治療法です。原因となるアレルゲンがやって来ても体がそれに反応しにくくなるという仕組みで、初回だけ副作用を見ながら院内で行い、あとはご家庭で3年間ほど毎日続けていただきます。適応となるのはスギ花粉かダニのアレルギー症と診断された方のみですが、他のアレルギーで悩んでいる方も全体の反応が低下して症状が軽くなることが見込まれます。2018年2月、ダニに関しては年齢制限なく保険診療となりました。将来、20年、30年と悩まされ続けることを思えば、早いうちに根本的な治療をやっておくべきと考え、適応者のほぼ皆さんにお勧めしています。当院ではこれまで数多くの症例数を扱ってきましたが、その数は大阪府下でもかなり多いほうだと思います。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細