全国のドクター8,434人の想いを取材
クリニック・病院 161,466件の情報を掲載(2019年9月18日現在)

医療法人桜来会 きむらクリニック小児科 乳腺科

医療法人桜来会 きむらクリニック小児科 乳腺科

木村 弘子 院長、木村 綾 副院長
頼れるドクター掲載中

74051

親子が一緒に健康であること。それが何よりの幸せ

―子育てをしながら診療されてこられて、苦労もあったかと思いますが。

【木村院長】長時間、子どもを預かってくれる保育所を探すのが大変でした。それと、小児科医師をやっている以上、自分の子どもを健康に育てられないようでは失格です。少しくらい部屋は散らかっていてもいいから、とにかく食事だけは栄養バランスを考えて、手作りを食べさせていましたね。仕事で忙しく、子どもたちには寂しい思いをさせたこともありましたが、同じ医学の道に進み、今は親子で力を合わせて地域医療に取り組んでいることをうれしく感じています。

―副院長が、医師の仕事を選ばれたのはなぜですか?

【綾先生】やはり、母が診療する姿を子どもの頃から見て、育ったことが大きいですね。乳腺外科に進んだのは、女性として自分にできることが多い分野ではないかと思ったからです。勤務医時代は多くの乳がん患者さんの治療や手術に関わり、数々の乳腺診断を行ってきました。マンモグラフィ検査やエコー(超音波検診)の画像診断は私の得意とするところです。画像診断で乳がんが疑われる場合は、針生検といって、乳腺のしこり(組織)の一部を採取して、大学時代にお世話になった川崎医科大学・病理学の教授に病理診断をお願いしています。乳腺病理の先駆け的存在であり、私が絶大な信頼をおいている先生ですので、私も自信をもって診断確定ができます。

―乳がん検診はどのようなタイミングで受けるのがよいのでしょうか?

【綾先生】日本において、対策型の市区町村が行う検診は、40歳以上は2年に1回の乳がん検診が行われていますが、より罹患リスクを下げるために、できれば40歳ではなく「30代後半」から、2年に1回ではなく「1年に1回」任意でも検診を受けることを勧めています。乳がん検診で異常が見つからなかったら、次の検診まで大丈夫ということではありません。検診と検診の間は自己検診が重要になります。お風呂で体を洗う時に、石鹸が付いた状態で自分のおっぱいを触ってみてください。セルフチェックする習慣をつけることが大切です。「いつもと違う」と感じたら自己判断せずに乳腺外科の外来で診察を受けてください。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細