全国のドクター9,295人の想いを取材
クリニック・病院 158,642件の情報を掲載(2024年4月22日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 名古屋市港区
  4. 港北駅
  5. 中川胃腸科外科

中川胃腸科外科

中川胃腸科外科 名古屋市港区 名古屋市港区の南陽地区にある中川胃腸科外科
  • 愛知県名古屋市港区小賀須3-1612
    • 胃腸内科
    • 肛門外科
    • 外科
    • 内科
中川胃腸科外科 名古屋市港区 名古屋市港区の南陽地区にある中川胃腸科外科

名古屋市港区の南陽地区にある中川胃腸科外科

中川胃腸科外科 名古屋市港区 待合室。いつも優しいスタッフが対応してくれる

待合室。いつも優しいスタッフが対応してくれる

中川胃腸科外科 名古屋市港区 2階にある第二待合室。大きなテレビを見ながら待つことができる

2階にある第二待合室。大きなテレビを見ながら待つことができる

中川胃腸科外科 名古屋市港区 インフルエンザなどの感染症検査キット

インフルエンザなどの感染症検査キット

中川胃腸科外科 名古屋市港区 内視鏡検査には炭酸ガスを使用することも

内視鏡検査には炭酸ガスを使用することも

中川胃腸科外科 名古屋市港区 名古屋市港区の南陽地区にある中川胃腸科外科
中川胃腸科外科 名古屋市港区 待合室。いつも優しいスタッフが対応してくれる
中川胃腸科外科 名古屋市港区 2階にある第二待合室。大きなテレビを見ながら待つことができる
中川胃腸科外科 名古屋市港区 インフルエンザなどの感染症検査キット
中川胃腸科外科 名古屋市港区 内視鏡検査には炭酸ガスを使用することも

特徴

名古屋市港区の西の端、海抜ゼロメートル地帯が広がる名古屋市港区の南陽地区。「中川胃腸科外科」は1982年、この地域に医師が少ないという地元の要請に応え、17床のベッドを持つ有床診療所として開設され、その後、無床診療所に転換した。開業前に消化器外科を専門としていた中川院長は、専門分野である胃部・大腸の内視鏡検査等で数多くの経験を積み重ねるとともに、地域のかかりつけ医として内科・一般外科から健診・予防接種まで幅広くこなし、地域のプライマリケアを担ってきた。パリッと糊の効いた白衣に身を包み、古き良きかかりつけ医の使命感を感じさせる中川先生を慕って、0歳児から100歳を超える高齢者までが日々来院し、診療所は賑わいをみせている。診療所の建物は、かつて伊勢湾台風で甚大な被害を受けるなど水害のリスクを抱える同地域において、頑丈な鉄筋コンクリート造りで、予測される地震・津波対策なども進められ、非常時用の医薬品をそろえるなどして地域の避難ビルとしても指定。近隣の中部ろうさい病院・名古屋掖済会病院などと連携している。

ドクター紹介記事

中川俊廣院長 中川胃腸科外科

地域のニーズに応え、ともに歩んできた35年

中川 俊廣 院長

中川胃腸科外科

アクセス情報

交通手段
  • あおなみ線 港北駅
  • 近鉄名古屋線 伏屋駅
  • あおなみ線 荒子川公園駅

診療時間

時間
09:00~12:30
16:30~19:00
13:30~15:00
※変更などにより診療時間・休診日等が記載と異なる場合がございますのでご注意ください。

施設情報

施設名 中川胃腸科外科
診療科目
  • 胃腸内科
  • 肛門外科
  • 外科
  • 内科
責任者 中川俊廣院長

[開業年] 1982年
電話番号 052-302-2212
所在地 〒455-0882 愛知県名古屋市港区小賀須3-1612
Access