全国のドクター8,887人の想いを取材
クリニック・病院 161,489件の情報を掲載(2020年1月29日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 名古屋市中川区
  4. 戸田駅
  5. 増森クリニック
  6. 増森 二良 院長、増森 信子 副院長

増森 二良 院長、増森 信子 副院長の独自取材記事

増森クリニック

(名古屋市中川区/戸田駅)

最終更新日:2019/08/28

67225

近鉄名古屋線戸田駅からのどかな住宅街を10分ほど歩くと、ロケットや惑星などの宇宙をイメージしたイルミネーションが施された「増森クリニック」に到着する。穏やかで柔和な語り口で主に泌尿器科・皮膚科・内科・小児科を担当する増森二良院長と、快活で歯切れのいい口調で耳鼻咽喉科を担当する増森信子副院長。絵画鑑賞とスポーツが好きだという2人は、互いに仕事上での欠かせぬパートナーであることは勿論のこと、仕事以外でも常に行動をともにする仲の良い夫婦だ。診療時間の1時間前には、入口の前に診察を待ちわびる患者がずらりと並ぶ。その患者と先生方のやりとりは、まるで古くからの友人のようだ。地域の人たちに信頼される2人に複数の科の診療が可能な同院の特徴について聞いた。
(取材日2016年4月26日)

薬の臭いがしない医院らしくない医院

医院を開業されるときに心がけられたことを教えてください。

1

【二良院長】私が子どもの頃、病院特有の消毒の臭いが嫌いだったものですから、そういった臭いのない、子どもたちが嫌がるものを排除した来やすい場所にすることを心がけました。医院らしくない医院にしたかったんです。
【信子副院長】院内を部屋ごとに囲わず、広々とした開放感のある空間にしたくて、できるだけ壁を作らないで目隠しにカーテンを使うようにしました。開業からしばらくしてからですが、皮膚科や耳鼻咽喉科ということで子どもの患者さんが多いので、お子さんたちに喜んでもらえればと思い、外壁をイルミネーションで飾ってみました。自分たちのイメージをデザイナーさんにお話しして、いくつかデザインを考えてもらって選んだんです。ここでは1年中、イルミネーションが楽しめますよ。

複数の科があることや院長先生と副院長先生の専門が違うことのメリットを教えてください。

【二良院長】患者さんには「何箇所も足を運ばなくていいのは助かる」とはよく言われますね。ついでにかかるという患者さんも多いです。皮膚のことだけではかかりづらいんだけど、耳鼻科に来たついでにちょっとしたことを聞いてみようという具合にね。患者さんの幅広いニーズに応えて、1つの医院で完結するように今後も務めていきたいですね。
【信子副院長】院長は泌尿器科が専門、私が耳鼻咽喉科が専門と、専門分野は違いますから、違う視点で患者さんを診てもらったり、話を聞けるのはお互いにとてもメリットがあります。

この医院ならではの治療などはありますか。

2

【信子副院長】耳鼻科だと炭酸ガスレーザーという治療があります。アレルギー性鼻炎の治療になるんですが、鼻の粘膜を炭酸ガスレーザーで焼いて固くすることによって、反応を鈍くさせて症状を出にくくする治療になります。花粉症で鼻水で苦しんでる方とかは花粉の季節になる前、10月から12月くらいに1度この治療を受けておくと、症状が緩和されるので楽になると思いますよ。1回治療すると1年効果が続きますから、何度も通っていただく必要はありませんので気軽に受けていただけます。
【二良院長】僕の方は名古屋駅近辺の美容外科さんでやってるような光治療をやってます。しみ・脱毛などの美容のための治療ですね。かしこまらず、こちらへ診察にいらした時についでにかかってもらえたらと思ってます。

元気になった患者を見るのが何よりの喜び

医師をめざしたきっかけ、また、それぞれの専門を選ばれた理由を教えてください。

3

【信子副院長】私の両親は耳鼻咽喉科の開業医なんですね。幼い頃から間近で患者さんを診る両親を見ていて、苦しんだりつらそうな患者さんを助けるやりがいのあるいい仕事だなと思っていました。そんな両親の姿に憧れもあって、医師をめざしたんです。両親には医者になれとは言われなかったんですけどね。耳鼻咽喉科を選んだのは、自ら手を下す科を選びたかったのと体全体を診たいという気持ちがあったので、総合的に考えて外科系の中で自分の希望に沿うのは耳鼻咽喉科だなと思い決めました。
【二良院長】高校生の時に将来の進路を決めるにあたって、仕事の内容が具体的にイメージし易かった医師をめざそうと思ったのがきっかけです。私も外科系の体全体を診られる科を望んでまして、腎臓や副腎の手術にも興味があったため泌尿器科を専門に選びました。また、当時泌尿器科の医師が少なかったというのもあります。

診察の際、最も心がけていることはなんですか。

【信子副院長】診察した結果、どこが悪くてどういう理由で通院する必要があるかということを、患者さんが納得してもらえるようにしっかり説明をするようにしています。やはり患者さんにきちんと理解してもらった方が治療も進めやすいですからね。なかなか正しく伝わらないこともあるんですが、根気よく説明しています。
【二良院長】日ごろから、この医院が大きな病院との橋渡し的な立場になれればいいなと思ってます。いらっしゃった患者さんが重篤な病気を発症している場合、それを見逃さず、その患者さんにとって通いやすい大きな病院を紹介する。大きな病院で重篤な病気の治療をしてもらう一方、風邪などの軽い症状であればこちらにきてもらえればと考えています。

医師になられてよかったと感じられるのはどんな時ですか。

4

【二良院長】悪性の病気などが早めに見つかって、治療を終えた患者さんが退院してお礼を言いにいらした時に、本当に良かったなあと思いますね。これほどの喜びを感じられる職種は他にないんじゃないかと思います。
【信子副院長】私も同じですね。無事、治療を終えられた患者さんの元気な姿を見られるのは何ものにも代えがたいような気がします。あとはお年寄りの患者さんが治療を終えた後、お子さんやお孫さんなど家族を診察に連れてきてくれると信頼されているのかな、と思えてうれしく感じます。
【二良院長】子どもの頃から来ていた患者さんが成人して、就職が決まったということでお土産を持ってきてくれたことがありましてね、それもうれしかったですね。

医師を信頼して気軽になんでも相談してほしい

休日はどのようにお過ごしですか。

5

【二良院長】副院長とは趣味がよく合って、スポーツをしたりワインの講習会に行ったりしてますね。スポーツではゴルフに行ったり、今、1番はまっているのはバク転教室なんです。週に1度、2人で通っているんですけど、幅広い年齢層の生徒の中でも僕たちは1番年上です。小学生の子に混ざって毎週練習してます。なかなか飛べるようにならないんですけどね。
【信子副院長】本当になかなか飛べないんですよ。若い子はどんどん飛べるようになって卒業していくんですけどね。置いてかれてます。

健康のために何かしてらっしゃることはありますか。

【二良院長】僕はほぼ毎日、診療が終わってから近所をジョギングしてますね。約4kmを30分かからないくらいで走ってます。よく患者さんにもお会いしますね。
【信子副院長】本当に「院長、走ってましたね」って患者さんに言われるんですよ。私は走るのが嫌いなのでジョギングはしてないですけど、簡単な運動はしたりしてますね。座ったままの仕事なので体を動かすように心がけてはいます。ストレスをためず、我慢をしないで楽しく生活することが健康に過ごす秘訣だと思いますよ。

読者へのメッセージをお願いします。

6

【二良院長】疑問に思ったことがあったら構えないで、気軽にかかって欲しいですね。病気じゃなくても、気になることがあったら相談に来てください。1人であれこれ悩んでいて解決しないことも、すぐわかる場合もあります。最近は自分の症状からネットで調べて、間違った診断をして思い込んでいる患者さんが結構いらっしゃるんです。それはあまりよくないので、診断はわれわれ医師に任せてくださいね。
【信子副院長】症状や困っていることなどを最初にすべて話してくださると、治療がスムーズに進みます。他の医院にかかっていたらそのこともお話しくださいね。治療法とか薬を出すときに参考になりますので。心配なことがあれば気軽にかかっていただいて、疑問に思うことはなんでも聞いていただければと思ってます。何を聞いても怒ったりしないので、安心して聞いてくださいね。

Access