全国のドクター9,008人の想いを取材
クリニック・病院 161,455件の情報を掲載(2020年2月26日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 名古屋市昭和区
  4. 御器所駅
  5. ごきそ皮フ科クリニック
  6. 気になるたるみや眉間のしわを解決美容皮膚科でヒアルロン酸注入

気になるたるみや眉間のしわを解決
美容皮膚科でヒアルロン酸注入

ごきそ皮フ科クリニック

(名古屋市昭和区/御器所駅)

最終更新日:2018/05/15

Main Main
  • 自由診療

年齢を重ねるごとに、気になり始める顔回りのしわやたるみ。見た目の印象にも大きく影響するため、最近では女性だけでなく男性も、「しわやたるみを改善したい」、「いつまでも若々しくありたい」と考える人が多いという。しかし、スキンケア商品でこまめにケアをしていても、悩みのすべてを解決することは難しい。そもそも、加齢に伴ってしわやたるみが目立ってしまうのはなぜか。今回は長年美容皮膚科において多くの患者の悩みに応えてきた「ごきそ皮フ科」の蒲澤ゆき院長に、しわやたるみの原因について解説してもらうとともに、その悩みを解決すべく用いられるヒアルロン酸注入の流れと安全性について詳しく話を聞いた。(取材日2017年5月18日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

Q年齢を重ねるとしわやたるみが気になるのはどうしてですか?
A

主な原因は、加齢によって顔回りのさまざまな組織に変化が見られるためです。特にたるみに大きく影響するのが、顔の土台ともいえる“骨”の変化。年齢を重ねることで骨そのものがやせ細り、だんだんと顔の土台が小さくなっていきます。しかしその上にある皮膚は骨のように縮むわけではありませんので、土台が小さくなっていくにつれてたるみといった症状が出てきてしまうのです。たるみの原因は皮膚そのものにあると思われがちですが、実はその内側にも原因があるということは、あまり広く知られていない印象ですね。美容皮膚科では、ヒアルロン酸注入などによって、皮膚の内側の土台から改善させていきます。

Qヒアルロン酸はどのような物質なのですか?
A

ヒアルロン酸は保湿性・水分保持力が非常に高いという特徴を持つ物質で、美容皮膚科ではその特性を生かして、肌にハリをもたせたり、フェイスラインを整えたりする時に用いています。一言にヒアルロン酸といっても、さまざまな粘度のものがあり、その違いによって用途も異なります。身近なものだと、化粧水に含まれているヒアルロン酸は粘度の低いものですね。クリニックで行うヒアルロン酸注入でも、粘度の低いものはしわの改善に、粘度の高いものはたるみの原因となる骨格の土台を再構築するためにといったように、使い分けていますね。

Q注入時の痛みや成分の安全面が気になります。
A

使用する注射器の針は、一般的な注射器のそれと同じものです。と言ってしまうと痛そうと思われるかもしれませんが、注入時は痛みを感じにくい皮下組織の深い部分に針を刺すため、「思うほど痛くない」と感じる方が多いようです。ただ、痛みを感じやすい部位もあるため、当院では麻酔クリームを塗布し負担を少なくしています。注入時の技術力の高さも安全性につながるかと思いますが、ヒアルロン酸そのものは人間の体内でも生成されている物質ですので、アレルギー反応なども起こりにくいといわれています。当院では厚生労働省の承認を受けたヒアルロン酸を使用しております。

検診・治療START!ステップで紹介します

1受付を済ませ、問診票を記入

美容皮膚科受診者専用の受付・待合室が用意されており、問診票にはアレルギーの有無や既往歴はもちろんのこと、現在どのような悩みを抱えているかを記入。診察にあたって事前に何か準備することはないが、施術時は化粧を落とさなければいけないため、診察と合わせて施術を受ける場合は化粧品・化粧道具を持参しておくと良いだろう。院内で基礎化粧品が常備された専用メイクルームも利用できる。

2問診票の内容をもとに患者の悩みをヒアリング

問診票の内容や実際に気になる部分を見ながら、悩みに耳を傾ける。問診を通して、思い描くゴールを患者自身に意識してもらいながら、効果的な治療方法を提案・検討。患者本人が納得していれば、当日に施術を受けることも可能だそうだ。ただし炎症などトラブルがある場合は、それを改善してからの施術となる。もちろん、一度時間を置いて熟考することもできる。自分の納得のいく治療か吟味できる時間をとれるのもありがたい点だ。

3化粧を落としヒアルロン酸を注入

施術前に化粧を落とし、麻酔クリームを塗布。合わせて注入前後を比較するため顔写真を撮影する。鏡で顔を見て、術前の状態を記憶してもらい、いざ注入。患者にとってヒアルロン酸注入によってどのような変化が見られるのか、その仕上がりも気になるところ。注入による印象の変化はとても自然なため、同院ではその変化をより実感できるよう、はじめは顔の中心から片側一方に注入をし、左右の違いをわかりやすく見せている。

4施術後の注意点など説明を受ける

注入部分に内出血が見られる場合もあるが、化粧品で隠せる程度のものがほとんどで、2週間程度で改善できるといわれている。気になる場合は施術後1週間程度、大きな予定が入らないよう調整すると良いだろう。注入後は、部位によって強い刺激を避けたり、反対に軽くなじませたりといったアドバイスをする。化粧は施術後から可能だが、患部の影響を考慮し施術当日は軽めに済ませることが望ましいとのこと。

5気になる部分があれば追加注入も可能

ヒアルロン酸注入後、効果を実感できる期間はおよそ1~2年程度。自然な仕上がりであるがゆえに、「もっとこうしたい」と、さらなる希望をかなえるべく追加注入を検討することも珍しいことではないという。初回から追加注入まで期間をあける必要は特にないため、中には数週間後に改めて相談に来る人もいるとか。

ドクターからのメッセージ

蒲澤 ゆき院長

その人の印象に大きく影響するお顔回り。その悩みは、些細なもののうちから継続的に対処していけば、皆さんが思うより手軽に若々しさを維持しやすくなります。大きな悩みを解決するためには、やはり負担も大きくなりがちですので。当院でも30代後半からヒアルロン酸注入を受けられる患者さんもいらっしゃいます。どうにもならないのではと諦めていたことでも、実際に治療をやってみると思っていたより簡単に悩みが解決した、ということも少なくありません。お悩みに対してどんな治療ができるか知るために何よりも大切なのは、ご相談いただくこと。ぜひお気軽に足を運んでください。

Dr.

自由診療費用の目安

自由診療とは

ヒアルロン酸注入(しわ)/1本5万円 ヒアルロン酸注入(たるみ)/1本目7万5000円、2本目7万円、3本セット20万円

Access