求人情報ON
善行団地石川医院

善行団地石川医院

石川 範和院長

頼れるドクター

60798 %e5%96%84%e8%a1%8c%e5%9b%a3%e5%9c%b0%e7%9f%b3%e5%b7%9d%e5%8c%bb%e9%99%a2

郊外型ニュータウンとして約40年前に開発された善行団地。団地内は緑が豊かで、子育て世代から高齢者まで、幅広い世代が暮らしている。その一角にあり、開発当初から地域住民の健康を支えてきたのが「善行団地石川医院」だ。院長の石川範和先生が、父である石川喜年前院長から同院を引き継いで5年。院内には前院長の写真と並んで、患者から贈られた絵画や写真、切り絵などが至るところに飾られ、地域住民との深いつながりを感じさせる。近隣病院やクリニックとの連携にも積極的で、石川先生は「よりスムーズな連携のためにも直接顔を合わせたい」と、医師会などでも熱心に活動。舌下免疫療法や睡眠時無呼吸症候群の治療などの新たに取り入れている治療や、専門領域である循環器科についても語ってもらった。(取材日2017年12月13日)

先進的な医療を提供する歴史ある地域密着のクリニック

―開業から40年、先生が院長職を引き継いで5年になりますが、振り返っていかがですか?

父の背中を見て育ち、父が開業したこの医院にも小さい頃から遊びに来ていましたから、自然と自分自身も人に尽くせるような仕事に就きたいと思っていました。父から院長を引き継いで5年、患者さんが釣った魚を一夜干しにして持って来てくれたり、自作の小物をプレゼントしてくれたりと、患者さんとの距離がとても近いと感じます。父は消化器内科の医師で、昔から通ってくださっている患者さんも多く、ご高齢の方は全体の3分の1ほどになります。次に多いのがお子さんで、あとは現役世代になります。患者さんをお待たせしないように、電子カルテも導入しました。午前中は父との二診体制で診療を行っていますが、今後は一診で行う予定です。0歳から100歳まで、幅広い世代に来ていただき、地域に密着できているのではと思います。

―前院長から受け継いだこと、また先生ご自身の方針などをお聞かせください。

父からは、患者さんを真面目に診るということを教わりました。検査やデータはもちろん大事なのですが、それだけに頼らず、患者さんと向き合って、問診、視診、聴診で判断する。そういった診断能力に長けていると思います。医療に対して丁寧であり続ける父の姿勢をなくさないよう、心がけていますね。私自身としては、クリニックレベルでできる内科の新しい検査や治療はなるべく導入してきましたので、それは今後も継続していく方針です。そのためにも情報収集は大切で、医師会の講演会などに積極的に参加したり、発表もしたりしています。藤沢の先生方は勉強熱心な方が多く、私が幹事を務める内科医会の講演会にも多くの方が参加してくださるんですよ。善行の地区は昔からのクリニックが多く、診診連携もごく自然に行われているのですが、そういった場で直接顔を合わせることで、連携もよりスムーズになりますね。

―具体的に、新たに導入した治療を教えていただけますか?

睡眠時無呼吸症候群の治療を、対応病院と連携して取り組んでいます。睡眠時無呼吸症候群はご自身では気がつきにくいですが、いびきや寝ているときの無呼吸を周囲から指摘された方は要注意です。治療を希望する人には、まず診断のために簡易検査キットが自宅に直接送られてきますので、それを自分でセットして眠ります。きちんと計測できていると確認できれば返送し、後日検査結果が当院に送られてきます。症状が中等度以上であれば対応病院に紹介し、軽ければ当院で経過観察になります。現在40歳から80歳の人が受けていますが、治療を希望する方は増えていますね。それからダニと花粉のアレルギー治療で、舌下免疫療法を導入しています。治療期間は3~5年、毎日経口投与する必要がありますが、効果を感じている患者さんは多いです。ただし副作用もありますから、デメリットもきちんと説明して納得していただいた上で治療を始めていますよ。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細