医療法人社団 くげぬま海岸歯科クリニック

医療法人社団 くげぬま海岸歯科クリニック

芝田 健二郎先生

頼れるドクター

40987

一般歯科から予防歯科、矯正歯科、インプラント、入れ歯・義歯、顎関節症など口腔内のトラブルに幅広く対応し、世界水準の歯科診療をめざす「くげぬま海岸歯科クリニック」。同院で矯正歯科を担当しているのが芝田健二郎先生だ。北海道大学病院の客員臨床医師も務める芝田先生は、患者のニーズにできる限り応えるために小児から大人までの表側矯正、裏側(舌側)矯正、マウスピース型装置による矯正など幅広い矯正治療を学び、取り入れている。見た目と噛み合わせ、顎の関節までのことを考えた治療を実践し、「美しいものは、機能も良いんです」と優しく丁寧に語ってくれた芝田先生に矯正治療にかける思いを聞いた。
(取材日2017年5月12日)

三浦院長とは研修医時代からの知り合い

―こちらのクリニックに勤務するようになった経緯を教えてください。

北海道大学病院で研修医をしていたときに、当院の院長である三浦先生と共通の友人がいて知り合いました。それからよく一緒に飲みに連れて行ってもらったりして仲良くさせていただいていたんです。それで、私が関東に出てくるときに、三浦先生がこのクリニックで矯正治療にも力を入れていきたいということで、矯正の専門家で大学病院での経験もあるという歯科医師を探していて、私に声をかけてくださり、勤務をするようになりました。最初は月に1回だったのですが、今は患者さんも増えて月に4回来ています。三浦先生は本当に表裏のない人で、私は北海道医療大学を卒業して北大病院に入ったのですが、大学が違うとちょっとよそよそしい人もいるんですね。でも三浦先生はまったくそういうことがなくて、歯科治療のことを真剣に考えている人であれば誰でもウェルカムで、それは今も変わりませんね。

―この地域の印象はいかがですか?

この辺りは、比較的裕福な家庭が多いこともあって、歯に対する意識の高い人が多いと感じます。私は札幌周辺の経験が長いのですが、やはり地方だと自分の歯にあまり関心がなかったり、矯正をするにしても見かけは気にしないので費用がかからないほうがいいという人が多いんです。でもこちらでは、自分のニーズに合った治療方法を選択する人が多くて、矯正をするにしてもオーソドックスな表側の矯正だけじゃなくて、裏側矯正やマウスピースによる矯正などを希望する人も多いですね。私は、理論的に正しくて実績のある矯正治療はすべて学んで取り入れいます。特に裏側矯正は結構やっているのですが、こちらはそういう治療法を希望する人が多いのでやりがいもすごくありますし、自分に合っているのかなと思っています。

―こちらの矯正治療の特徴は何でしょうか?

一つは、今もお話ししましたが、大人のオーソドックスな表側の矯正に加えて、リンガルと呼ばれる裏側の矯正、マウスピースを使った矯正、小児矯正や小児の咬合誘導など、ありとあらゆる矯正治療を網羅しながら、患者さんのニーズに合わせて、その中で理論的にこの方法はあっているとか、あっていないということも考えて患者さんに提案をすること。そしてもう一つは、顎関節を意識した矯正治療をすることです。矯正治療は見た目のことに注目されがちですが、見た目だけきれいになっても正しく噛んでいなければ意味がありません。私は機能美という話をすることが多いのですが、きれいなものは機能も良いんです。なので顎関節と噛み合わせ、そして見た目の美しさもすべて考えた治療をしています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musa after
Taito after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細