全国のドクター9,362人の想いを取材
クリニック・病院 160,997件の情報を掲載(2020年12月04日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 練馬区
  4. 平和台駅
  5. 平和台ファミリー歯科
  6. 池田 春樹 院長

池田 春樹 院長の独自取材記事

平和台ファミリー歯科

(練馬区/平和台駅)

最終更新日:2020/04/01

40961 1

2014年6月に開業して以来、その名のとおり、地域に住む幅広い年齢層の患者が家族ぐるみで訪れる「平和台ファミリー歯科」。東京メトロ有楽町線平和台駅から徒歩で約5分の住宅街に位置し、オレンジ色の看板が目印だ。待合室、診療室はパステルカラーで統一され、スタッフの笑顔もやさしい。池田春樹院長は、「患者さんの未来を見すえ、『お口全体が長持ちする治療』をめざしています」といい、一般歯科、小児歯科はもちろん、根管治療、予防歯科、矯正歯科、インプラントなど専門治療にも幅広く対応。スタッフのチームワークもよく、「私たちがめざす歯科医療に向かって、皆で一丸となって進んでいきたいです」と語る池田院長に、診療の特徴や今後の展望について聞いた。
(再取材日2018年12月11日)

地域住民に愛されるファミリー歯科

2014年に開業されたのですね。

1

はい、当院は2014年に開業以来、おかげさまで、地域にお住まいのたくさんの方々にお越しいただきました。開業当初は2台だったユニットも、今では5台に増え、日々診療にあたっています。「ファミリー歯科」という名前どおり、家族ぐるみで来てくださる患者さんが増えてきたのはとてもうれしいですね。当院は、患者さんの未来を見すえ、お口全体が長持ちする治療をめざしているのですが、この方針に理解を示してくださる方が多いのも誇らしく思います。その場しのぎでなく、「長らく健康でいるために、しっかり治療を受けたい」と考えてくださる方が増えてきていますので、スタッフ一同、一人ひとりの患者さんと時間をかけて対話しながら、丁寧な歯科医療の提供に努めています。

地域に根づいた治療をなさっているのですね。

以前勤務していた病院も近く、土地勘があるこの地で開業させていただき、地域医療に貢献したいという思いも強く抱いています。地域にお住まいの方に、「虫歯による苦労を味わってほしくない」という気持ちから、2018年、ファミリー向けに「歯医者さん体験」などのイベントを行いました。お子さんが歯医者さんの服装に着替えるだけでなく、一緒に来たお父さんやお母さんに患者さん役になっていただき、親子でお口のチェックを行った後、健康な歯を保つ大切さについてレクチャーしました。近年は、家族皆が忙しく、親子でふれあう時間が減ってきていると言われています。このようなイベントを通して、家族で歯の健康について話題にしていただくことで、皆さんのお役に立てていければと思っています。

スタッフさん同士のチームワークも良いそうですね。

2

ありがとうございます。当院は、院長の私以下、歯科医師は常時5、6名おります。妻も当院の歯科医師の一人です。加えて、歯科衛生士2名と受付がおります。開業以来、紆余曲折を重ねながら、歯科医院としてめざす目標が明確になってきたことを実感しています。先ほども申し上げましたが、私たちの目標は、一人ひとりの患者さんが、生涯自分の歯を保てるサポートをしていくことです。そのために、それぞれのスタッフが、予防歯科をはじめさまざまな分野の勉強会に参加し研鑽を重ねています。患者さんが増え、忙しくなってきてはいますが、楽しく明るい雰囲気の中、お互いが協力しあいながら診療に対応していることも、当院の大きな特徴の一つだと思っています。

根管治療に加え、予防や矯正にも注力

治療方針についてお聞かせください。

3

最初に話し合いながら、治療の方針やゴールを決めます。歯周病や噛み合わせ、虫歯などその場のみの治療だけでなく、何が原因になってトラブルが起きているのか改善策をお話しし、納得していただいてから治療を始めるようにしています。コミュニケーションを大切にしながら、いきなり治療を始めるのではなく、今の状態、原因、治療方法についてしっかりお話しし、「どうですか?」というような感じです。また、予防歯科にも力を入れています。歯は一生使うものですし、長く健康でいられるようお手伝いをしたいと考えています。例えば、「ここの歯が痛いので治療してください」と言われたときに、その歯だけを治療するのではなく、噛み合わせなどに問題はないかなど、些細なご希望を聞き逃さないように心がけています。

幅広い診療科目に対応されていますが、先生のお得意な治療について教えてください。

マイクロスコープを使って行う根管治療を得意としています。患者さんの症状に応じて、マイクロスコープを見ながら歯の一部を切断して取り除き、歯根周囲の病変も取り除く歯根端手術を行っています。根管治療は最初の治療がとても重要になるので、当院ではラバーダムというゴムのマスクを装着して行い、強い薬剤などから口腔内を保護しながら治療を進めています。また、私は開業前までインプラントセンターに勤務しており、さまざまな臨床経験を積んで参りました。当院でもCTでシュミレーションをして治療を行っています。ただし、インプラントは、数ある歯科治療の中の一つです。メリットもありますが、その反面デメリットもありますので、事前にしっかり検査をした上で、インプラント治療が適切だと思われる症例においてのみ、対応させていただいています。

新しく、力を入れている治療はありますか?

4

予防歯科と、矯正歯科ですね。予防歯科は、2018年から、「MTM(メディカル・トリートメント・モデル)という虫歯や歯周病の予防と再発防止に重きをおいた診療スタイルを取り入れています。唾液検査などのリスク検査をふまえた上で、その方に合う治療プログラムを提案し、定期的にメンテナンスを行っています。矯正歯科は、現在月に1度、非常勤の矯正専門の歯科医師による治療を行っています。私自身も2016年から矯正治療の勉強をはじめ、透明のマウスピース型装置を用いた矯正を行っています。矯正治療は、1本だけを動かせば良いのか、全部動かしたほうが良いのか、患者さんによって異なってくるものです。その方に合わせたベストな治療を提供していきたいと思っています。

さまざまな専門治療に対応していきたい

歯科医師をめざしたきっかけを教えてください。

5

影響を受けた人が2人いまして、1人は叔父です。小学校高学年の頃ですね。叔父が歯科医師で、診療風景を見学させてもらったことがあり、興味を持ちました。自分でも細かい作業が得意で好きでしたし、ビーズやワイヤーでいろいろ作ったりしていました。もう1人は、最初に勤務させていただいた歯科医院の先生です。先生の、「口全体を観て、総合的な見地から口の中を全体的に良くしていく」という考え方に感銘を受けました。卒後2年目に歯科医院を一つ任せていただいたのですが、診療後に毎日相談に乗っていただいたり、プライベートの相談にも乗っていただき、たいへんお世話になりました。この方々のおかげで、今の私があると思っています。

お忙しい日々の中、休日はどのようにお過ごしですか?

診療がお休みの日は勉強会に参加していることも多いのですが、5歳と2歳の女の子がいるので、もっぱら家族と過ごす時間にあてています。同じ歯科医院で働く妻と共働きなので、保育園の送り迎えも交代で。当院は、診療が始まる前、スタッフ全員で院内の掃除をするのですが、保育園に連れていく時間との兼ね合いで、この掃除には、私と妻が交代で参加しています。まさに、二人三脚で仕事と育児の両立を頑張っています(笑)。

今後の展望について教えてください。

6

今後もスタッフと力を合わせ、さまざまなことにチャレンジしながら地域医療に貢献していきたいと思います。一般歯科、小児歯科はもちろん、根管治療、インプラント、予防歯科、矯正治療など専門性の高い治療を確実に行い、皆さんのお役に立てていけたらと思っています。当院のスタッフは皆、勉強熱心なので、若い歯科医師の方が研鑽を積むことができる「教育機関」のような役割も果たしていきたいですね。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/30万円〜、歯列矯正/63万円〜、マウスピース型装置を用いた矯正/90万円、根管治療/8万円~12万円、唾液検査/3,000円
※症例によって費用が異なる場合がございます。詳細はクリニックにお問い合わせください。

Access