目黒通りハートクリニック

目黒通りハートクリニック

安田 洋院長

頼れるドクター

40778 df 1 main 1401268285

学芸大学駅から徒歩10分の「目黒通りハートクリニック」。モスグリーンとダークブラウンで統一された落ち着いた内装には、安田洋院長の「できるだけ緊張が和らぐ雰囲気で患者を迎えたい」という想いが込められている。循環器の専門家として長年心臓病の治療に取り組んできた安田院長。心臓病や生活習慣病の診療は、患者の話をじっくり聞くことが大事だと考え、駅前の雑踏よりむしろ落ち着いた目黒通り沿いを選んだという。循環器科の医師が町のクリニックで診療するケースはまだ少ないというが、そのメリットは? 地域医療に力を入れたいと語る安田先生に、こだわりの診療について話を聞いた。
(取材日2014年5月16日/再取材日2017年10月2日)

必要な検査を早くできるのがクリニック診療のメリット

―循環器と生活習慣病がご専門だそうですね。

生活習慣病の治療は患者さんの食生活を細かく伺うなど、かなりの診察時間が必要です。しかし大きな病院では待ち時間が長く、診療時間は短いという問題がどうしてもついて回るため、そこが不十分になってしまいます。僕自身、病院勤めの頃ははがゆい思いをしていました。だから入院の不要な外来治療だけでも、クリニックで担えたらと考えたのです。心臓病と生活習慣病をまったく別物と捉える方はいらっしゃいますが、生活習慣病が進んだ果てが、心臓病や脳卒中なのです。そうなる前に生活習慣病の段階でコントロールし、もし心臓病や脳卒中などの兆しが見えたら、早期に見つけて大きな病院をご紹介する。そして治療後のフォローはまた当院で行うという一連の診療を行いたい。そんな思いで、2013年末に開業しました。

―循環器の専門性を持つクリニックのメリットは?

最大のメリットは、必要な検査をすぐにできるという点でしょうね。血液検査や心電図検査、レントゲン撮影、心臓・頸動脈・下肢動脈・甲状腺・腹部エコー検査、携帯型のホルタ―心電図検査などをすぐに行うことができます。心臓の病気の中には、早く見つけないと手遅れになるものもありますので、大きな病院のように何ヵ月も待たずに受けられるのは大きな利点だと思います。また病院や他のクリニックとの連携も重視していて、検査結果や症状によっては適切な医療機関をご紹介しています。

―エコー検査はどんなことを調べるのですか?

心エコーでは心臓の大きさや壁の厚さ、弁の動き、血液の逆流などを調べ、心臓弁膜症や心拡大、不整脈、心筋梗塞などの早期発見につなげます。頸動脈エコーはコレステロールの塊であるプラークや血管狭窄の有無を調べ、腹部エコーは肝臓、膵臓、胆嚢の異常発見に役立てます。下肢血管エコーは足の動脈硬化や血栓の有無を診ることができるんですよ。結果をお伝えする際は、心臓や腹部などのイラストに検査結果を書き込みながらご説明します。例えば頸動脈エコーでは、「血管のここに5.5mmほどのプラークと呼ばれる膨らみがあり、血管が狭くなっています。血圧が高いままだとますますこの部分がふさがって、脳梗塞のリスクが高まります」などと説明するわけです。病院時代、手術の結果をいくら言葉で説明しても、理解してもらえなかった経験が多くあります。それがきっかけで、イラストを使うようになりました。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細