まさき歯科クリニック

まさき歯科クリニック

兒玉昌樹 院長

頼れるドクター

40765 df 1 main 1401778215

各治療のメリット、そしてデメリットも伝え、患者が選ぶ

―上京時や東京で働き口を探すときなど、先生は常に高みをめざしているように思います。

ありがとうございます。ただ、高みをめざすというより常にプロとして相応な技術を提供できているのか、ということを日々自分に問いかけています。大学を出て歯科医師免許をもらうと自然に「先生」と呼ばれるようになりますが、私も「先生」と呼ばれたときは「ああ僕、先生なんだ」と誇らしく思いました。でもその時気づいたのです。先生と言われる以上、これからは患者さんに対して大きな責任がある立場になるのだと。それが今思えば、真の医療人としての自覚が芽生えた最初の瞬間でしたね。

―そんな中で先生が大事にしている診療のモットーは何でしょうか。

患者さんご自身に説明をして、納得していただくことです。そのために、まずは理想的な治療プランからお話しします。その上でご説明しているのが治療に際してのメリット・デメリットです。デメリットとは、時間やお金もかかるといったようなことですね。それらを隠すことはしたくありませんから。制約を加味しながらどうするか選んでいただき、もしベストではなかったとしてもそれに準ずるベターな治療を心がけています。とは言っても、治療を進めていくとそれがご本人にとっても私にとっても“ベストな治療”になってくるんですけどね。診察時間は1人あたり約1時間。コスト的には厳しいですが(笑)、クオリティーが低いと思われたくないので丁寧な治療を心がけています。もちろん患者さんの中には「早く診てほしい」とか「ここだけでいいから」という方もいらっしゃいます。患者さんのニーズにはできる限り応えますが、どんなときでも、まずはどうしてこういう問題が出たのかそこに至るまでの経緯、そして現状、さらには将来的に同じ問題が出る可能性があるということは最低限ご説明しています。つまりその方のお口の過去、現在、未来をお伝えしているということになりますね。特に将来の部分は患者さんが納得されるまでお話することで、何かあった場合に患者さんが慌てないですみますし、症状が重くならずにすむケースが多いのです。

―先生はさまざまな専門領域を網羅していますよね。

そうですね。あらゆる年代の患者さんのお口のどんな症状にも対応したいという思いから一般歯科、小児歯科、矯正、歯科口腔外科、審美歯科、インプラント、ホワイトニング、歯周病、再生療法など1つのジャンルに固執せずに幅広い治療を提案しています。その中で小児歯科の場合は、お子さんはブラッシングなどの習慣を正しく身につけていただき、虫歯にならないための予防の大切さを説いています。高齢者の場合は機能回復がメインです。またインプラントで言うと、他院で施したインプラントの補正を求めて来院される患者さんも少なくありません。そういう意味では自分の治療で最後にしたいという思いがあります。ただ、どの専門分野も高度な知識や技術を身に付ければ付けるほど正直「怖い」と感じます。それは、「この患者さんにとってこの歯科治療で良いのか」「こういう形態を作って良かったのか」と常に自問しているからにほかなりません。しかし、そんな不安を解消するのも、自分の技術でしかないと思っています。ですから、休みの日には積極的に学会や勉強会に参加し常に最新の情報を吸収しています。また、女性の患者さんがとても多いので、審美歯科には力をいれています。最近では結婚式に合わせて白い歯にしたいという患者さんもいらっしゃいますよ。審美歯科というとみなさん身構えてしまう方が多いのですが、実は入れ歯でも口元の改善はできるんです。ですから一つひとつ丁寧に仕上げていますし、気になっていた歯を1本きれいにするだけでも患者さんのお顔の表情が明るくなるのを見ると僕もうれしくなりますね。他のクリニックからのご紹介で来院いただける方もいらっしゃるんですよ。



Access