稲毛デンタルクリニック

稲毛デンタルクリニック

片山明彦 院長

頼れるドクター

40646 df 1 main 1434079662

稲毛駅の西口から見える場所にあるのが「稲毛デンタルクリニック」。院内は大きな窓から差し込む自然光で、明るい空間が広がる。白を基調とした清潔感あふれる診療スペースと、落ち着いた雰囲気でじっくり治療に専念できるようにと作られた、個室の処置室「特診室」がある。各分野に精通した専門医や認定医・認定衛生士などのチーム医療によって最先端の医療を提供しているため、近隣に住む人だけでなく千葉全域から患者が通ってくる。にこやかな笑顔と穏やかな口調が特徴の片山明彦院長は、インプラントや歯周病のプロフェッショナルとして雑誌や新聞などに多く取り上げられている。「お一人おひとりにとって最も良い治療を提供していきたい」と語る片山院長。診療方針や治療の際に心がけていることなどをお聞きした。
(取材日2014年1月23日)

各分野の専門医がそろい、院内には技工所も

―なぜこの場所で開業されたのですか?

開業前は東京歯科大学の歯周病科に勤めていたので、この辺りには私が担当している患者さんが多くいらっしゃったんです。東京歯科大学では内科の先生と連携して、歯周病の患者さんの治療にあたってきました。大学も東京歯科大の稲毛のキャンパスに通っていたので、なじみはありましたね。住宅街で緑も多く、海にも近いので良い環境だなと思っていました。都心にも電車1本で出られますし、暮らしやすい街ですよ。開業して6年になりますが、このエリアは歯科に対する意識が高いという印象です。医師会の活動で1歳6ヵ月児半検診や3歳児検診を行っていますので、地元の方々との交流もあります。皆さん人柄が良い方ばかり。私もできる限りこの地域を盛り上げていきたいという気持ちなんです。当院にいらっしゃるのは、お子さんからご年輩の方まで幅広いですね。患者さんが自分の知り合いに紹介してくださることも多く、近隣の方たちだけでなく千葉全域から来ていただいています。

―とても明るくて気持ちの良い空間ですね。

診療スペースは清潔感がある白を基調として、明るいイメージで作りました。プライバシーを守るため、ユニットの間にはすりガラスの仕切りを設けた半個室になっています。一方、完全個室の特診室はじっくり治療に専念できるようにダークブラウンを基調とした落ち着いた空間に。特診室はオペにも対応できますし、治療時間が長い方やお子さま連れの方に利用していただいています。お子さんと一緒の部屋で治療が受けられますので、お母さんたちにも安心して受診していただけると思います。また、当院には技工所もあり、口腔外科学会の認定技工士2名を含む4名の技工士が勤務しています。審美治療でのオールセラミックなどのオプションもすべて院内で対応していますので、スタッフと細かな部分まで相談し、色なども正確に合わせて製作していくことが可能です。

―こちらには各分野の専門医がそろっているそうですね。

私は、日本口腔インプラント学会と日本歯周病学会の専門医ですし、さらに院内には補綴や矯正などさまざまな分野の認定医・専門医がいて、1人の患者さんに対し、多方面から治療を提供することができます。歯科衛生士も歯周病やインプラント学会の会員で、麻酔科の専門医もいます。こうした各分野に秀でたドクターやスタッフがチームを組み、一つの治療体系として、すべて当院で完結できるというのが大きな特徴です。私が慶應義塾大学の歯周病外来で非常勤の診療をしているほか、東京歯科大学でも臨床だけでなく教鞭をとっていますので、双方へ紹介することもあります。とにかく可能な限りのパイプを活用し、患者さんにとって最善の医療を提供しているのです。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musa after
Taito after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細