しんむら整形外科クリニック

しんむら整形外科クリニック

新村光太郎 院長

40604 df 1 main 1393289909

待合室の壁いっぱいに広がるいきいきとした緑の木々の絵。取材は真冬の寒い1日だったが、「しんむら整形外科クリニック」の室内には一足早く春が訪れたかのよう。眺めているだけで元気が出てくる絵だ。吉祥寺駅から徒歩4分という好立地にあり、ゆったりとした待合室に明るいリハビリ室、診察室2部屋と処置室1部屋があり、さらに更衣室も完備。高性能のMRIや骨密度測定器を持ち、これほどの装置は都内のクリニックでも珍しい。もちろん設備ばかりではない。新村光太郎院長は東京医科大学病院や関連の病院でキャリアを積み、念願の地元で開業。穏やかな笑顔で患者の話に熱心に耳を傾け、正確な診断と患者一人一人の要望を受け入れた適切な処置を施していく。夫婦二人三脚で開業したクリニックで、新村先生の熱い思いを伺った。
(取材日2014年1月18日)

広々とした気持ちのいいスペースに最新の設備をそろえて

―広々としていて清潔で、気持ちまで明るくなるようなクリニックですね。

ありがとうございます。温かな印象の気持ちのよいクリニックにしたいと考えていました。壁は、絵があると素敵だとデザイナーの方からご提案があり、手描きしていただきました。床にも温もりが欲しくて木目の床材を選んでいます。待ち時間にくつろいでいただけるよう、癒し系のBGMも流していますが、おかげさまで患者さんに好評です。駅から近く、整形外科に必要な広さがあって、しかも建物の1階という願ってもない立地でしたので、心づもりより早い時期になり慌ただしくはあったのですが、ここで開業できてたいへんうれしく思っています。地元で開業するのが医師の理想ですけれど、都心ではなかなか実現はむずかしいものです。せっかく夢が叶いましたから、小さい頃から慣れ親しんだこの街にこれからも貢献していきたいですね。

―1クリニックとは思えないほどの素晴らしい設備がそろっていますね。

欲しい機器をそろえてしまいました。最初はここまでになるとはイメージしていなかったのですが、さまざまな方のご協力があって実現できました。1.5テスラという高磁場のMRIは、高画質の検査が行え、都内の整形外科クリニックではあまりない設備です。当院のMRIは検査音が従来のものより静かですし、検査スペースも広く閉塞感が少ないので、患者さんにやさしい装置です。レントゲンではわかりにくい背骨の圧迫骨折などもはっきり見えますし、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの疾患も一目瞭然で、より早く正確な診断ができます。骨密度の測定器も全身型なので、推奨されている腰椎と大腿骨の骨密度が測れます。手首やかかとでも骨密度を測定しますが、骨密度は部位によって微妙に異なります。転倒による骨折で日常生活が大変不便になるのは、脊椎と大腿骨です。生活に大きな支障がでる骨折を予防するために、骨粗鬆症を早期発見し治療を行うには、脊椎と大腿骨の骨密度を知ることが大事です。

―リハビリ室も明るくて広いですね。

多くの患者さんにご利用いただくためにはある程度のスペースが必要になりますが、限られている中でそれなりの広さが確保できたと思っています。寝たままで頸椎や腰椎の牽引ができる機器や水の力で全身をマッサージするウォーターベッド、マイクロ波温熱治療器、低周波・干渉波・中周波治療が1台で行える治療器、キセノン光治療器などを置いています。今はそういった機械中心のリハビリを行っていますが、これからは人の手による治療を増やしていきます。固くなった関節の曲げ伸ばしなど、人の手で行うことで症状が目に見えてよくなりますから。そのためにはスタッフを増やす必要があるのですが、これからリハビリはさらに充実させていきたいと思っています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細