全国のドクター8,978人の想いを取材
クリニック・病院 160,879件の情報を掲載(2021年7月30日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 東大和市
  4. 東大和市駅
  5. あらとのクリニック歯科
  6. 荒殿 勝一郎 院長

荒殿 勝一郎 院長の独自取材記事

あらとのクリニック歯科

(東大和市/東大和市駅)

最終更新日:2020/04/01

39432

開院から30年が経過した「あらとのクリニック歯科」。リフォーム済みの院内は明るく、掃除も行き届いており居心地が良い。ユニットも新しいものに入れ替えられており、院内はオールバリアフリー。随所には患者から贈られたという手の込んだ刺繍や折り紙、絵や俳句まで飾られており、ほっこりした気持ちになる。人間味あふれる荒殿勝一郎(あらとのかついちろう)院長は「ダムの決壊の原因になるような小さな穴をふさぐことこそ大切」という。大がかりな治療よりも、日々のこまめなメンテナンスやケアを重視している荒殿院長を訪ねた。
(取材日2017年2月9日)

お世話になった地域に恩返しがしたくて歯科医師に

開院までの経緯について教えてください。

この地には中学生のときに引っ越してきてから、途中大学時代は寮に入ったりもしましたが、ずっと住んでいますね。実は高校生のときに父が亡くなりまして。それから母子家庭でしたので、いろいろと地域の方々に支えていただきました。少し大げさかもしれませんが、この地域に恩返しがしたいと思い歯科医師になろうと決めました。1983年に大学を卒業後、先輩のクリニックでお世話になり、その後自宅を改装して1986年に開院しました。「あらとのクリニック歯科」という名前にしたのは、歯科だけでなく、メンタルの部分も含めて全身的に診たいという思いを込めて、歯科の前にクリニックと付けました。

どのような患者さんが多いのでしょうか?

患者さんは、現在は年配の方が中心ですね。義歯の方が多いです。上は80歳代の方ですね。開業当時から来ていただいている方もおられます。寝たきりなどで来られなくなった方には、訪問診療も行っています。診療科目としては、矯正歯科以外の、歯科、歯科口腔外科、小児歯科です。インプラント治療も行っています。最近は、以前に比べてお子さんの人数自体が少なくなっているという印象ですね。来院される方のほとんどはクチコミがきっかけです。遠方から来られる方や、引っ越された先からセカンドオピニオンの依頼で来られることもあります。最近では、精神疾患の影響で歯が痛むというケースも見られます。またお話しだけをしに来られる方もいらっしゃいますよ。私はこの地域のことを引き受けたつもりでいますので、お話しだけでもお聞きしますね。話していると楽しいですしね。歯科の治療だけではなく、カウンセラーのような役割も必要かなと考えています。

診療にあたってどのようなことを心がけられていますか?

かけがえのない歯を残すということですね。歯1本にこだわっています。例えばサッカーでも、1人が退場してしまうとほかの選手にしわ寄せが来ますが、歯も同じことです。歯が1本なくなると、他の歯に負担がかかるんです。ですので、歯をすぐに抜いてしまうのではなく、残すための神経の処理にもこだわっています。私は習ったことを確実に実践できるような正直な仕事がしたいと思っています。私は治療には3つの種類があると考えており、まずは理想の治療、そして患者さんの希望通りの治療、最後に保険治療です。この3つのバランスをとりながら、保険診療をベースに、患者さんのためになる治療を行うことを大切にしています。

歯科治療は健康寿命を伸ばすための土台である

開院30年が経過しましたが、これまでを振り返っていかがですか?

歯科医師を志したのは父が亡くなったことがきっかけでもあるので、偶然にもこの道を選んだともいえるのですが、これまで真面目にやってきて、結婚して家庭も築き、ごはんを食べることができているので良かったと思っています。この道を選んで良かったと思っています。長年歯科医師をしてきましたが、ずっと勉強の日々ですね。学生時代に習ったテキスト通りやっても上手くいかないケースもありますので、さまざまな勉強や経験が必要です。そこで腕に差が出るともいえます。歯科治療は奥が深いですね。また私は大がかりな治療よりも、アリの巣のような小さな穴でもダムが決壊してしまうという例の通り、日々のケアやメンテナンスを重視し、小さな穴ができたとしてもそれを見落とすことなくふさぐことが大切だと考えて、日々患者さんと向き合っています。

患者さんがこの医院に来ることで、どのようなことを感じてほしいと思われますか?

まず患者さんには、ここに来て良かったと思ってほしいですね。良い治療、良い提案をすることによって、また来たい、先生に会いたいと思ってもらえるとうれしいですね。良い治療という定義も難しいですが、患者さんが良いと思って満足していただけることが一番だと思います。私は正直に話すこともモットーにしていますので、何件も医院をまわって相談にこられるような方にも、結果を正直に話します。金額に関することはもちろん、その不調が精神的な要因もあると判断した場合も率直に話したこともあります。また患者さんの希望でも無理な治療は無理だと言いますね。先程も申し上げた、保険診療をベースに、患者さんのためになる治療を行うことがやはり大切だと思います。

先生のこの地域での目標を教えてください。

現在、東大和市歯科医師会の副会長を務めています。訪問診療の普及についての活動に力を入れています。歯科医師会の役割としては、訪問診療などの必要な医療を、複数の医院で分担できるようにしていくことですね。難しい部分もありますが、それを可能にすることで地域医療を良くしていきたいです。また歯科治療は健康寿命を伸ばすためのベースになると考えていますので、その面でも地域に貢献したいですね。きちんと自分の歯が残っている人の方が、食事や趣味などがより楽しめるという調査データもありますので、自分の歯を残し、しっかり噛めることが、より良い人生につながると思います。

定期的な歯科メンテナンスで、充実した人生を

スタッフの方にはいつもどのようなお話しをされていますか?

歯科衛生士は2名在籍しており、他は受付スタッフです。気軽に患者さんと話をしてほしいと伝えています。患者さんが私には話しにくいようなことも、スタッフには話していただけるようにしたいですね。その会話の中から得た情報を報告してもらい共有する、それも広い目でみると医療の一環だといえると思います。スタッフたちは明るいので、私の聞き出せていない部分も補ってくれていますね。

先生の趣味や休日の過ごし方について教えてください。

休日は妻と買い物に行くことも多いですね。趣味は読書です。学生の頃から読書が大好きで、中でもニーチェなどドイツの哲学者の本が好きですね。本当に学生の時は、授業にも出ないで喫茶店でずっと本を読んでいたこともあったほどです。今、日本は良い翻訳が多く、また翻訳本があふれている。質も良いし量も多い。このような国は他にはないと言われていますね。幸せな国と思います。日本の歴史も好きで読んでいます。織田信長や豊臣秀吉の時代が一番好きです。

最後に、読者へのメッセージをお願いします。

歯を大切にするということは自分を大切にすることにもつながると考えています。それは豊かな人生を送るために非常に有効だと思います。人生において食事は楽しみでもありますから、おいしく食べられるということは財産ではないでしょうか。やはりそのためには定期的にメンテナンスに来ていただくことが大切です。虫歯や歯周病予防方法は、ばい菌の数を減らすしかありません。そのために薬の塗布や日々のブラッシングなども重要になってきます。メンテナンスに関しても女性の方が、男性よりもとても熱心だと思います。健康に関しては、生活習慣など細かい積み重ねが大切ですので、ぜひ実践していただければと思います。今は歯間ブラシなど、細かいケアグッズもドラッグストアなどで手軽に手に入りますので、ご活用されるのも良いですね。また訪問診療については市役所や歯科医師会に窓口がありますので、何かお困りの方はぜひご相談いただければと思います。

Access