医療法人博山会 デンタルクリニック沼澤

医療法人博山会 デンタルクリニック沼澤

宅間 裕介院長

頼れるドクター

38059 %e3%83%87%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af%e6%b2%bc%e6%be%a4

口腔内写真で、患者にもわかりやすい治療を

―診療の特徴についてお教えください。

幅広い年代の患者さんに合わせ、一般歯科から小児歯科、矯正などさまざま治療を行い、診療する際は必ず口腔内写真を撮っています。治療前と後をお見せすることで、どのように改善したか患者さんの理解も深まるからです。治療中、患者さんは口の中で何をされているのかわかりませんよね。歯石がついていてもご自身の感覚ではなかなかわからないし、「歯茎が変わりましたね」と言われても、当人はどんなふうに変わったのかわからない。でも写真を見れば一目瞭然です。また、こうした写真はその患者さんの経過を歯科衛生士や歯科医師同士との情報共有にも役立ちます。あと一つ、適切な治療をするのは歯科医師として大前提ですが、全部お見せするので、こちらもしっかり正しい治療をしなければと気が抜けません。写真で撮ることで得られるメリットはとても大きいんですよ。

―予防歯科にも力を入れているとか。

当院の予防は、クリーニングの他に歯周精密検査など、担当の歯科衛生士が細かくチェックします。口腔内写真の話をしましたがエックス線写真も定期的に撮ります。定期的に撮ることで、前の状態と比較でき、病変をいち早く察知できるメリットもあるんです。予防をメインで手がけるのは歯科衛生士さんたちですが、皆勉強熱心で、自主的に学会に参加してオーラルヘルスケアについて頑張って勉強しています。勤務経験も皆長く、地域の様子もわかっているし、患者さんの顔・名前まで頭に入ってます。プラークコントロールができてない高校生の子には、まるで自分の子どもを教え諭すようにしっかり指導するなど、患者さんに合わせた対応や予防のアドバイスも上手に行ってくれるんです。その分僕らは治療に専念することができ、本当に助かっています。

―歯科医師にとって重要なスキルは何だとお考えですか?

治療技術はもちろんですが、患者さんの願いを聞き出すコミュニケーションスキルは必要ですね。僕は東京歯科大学でずっと教員をしており、多くの若い歯科医師を見てきましたが、こればかりは人としての素質も関係あると思います。でも「いろいろなことをしゃべり、患者さんと友達になれ」と言っているわけではありません。患者さん側も、ベラベラしゃべる歯科医師は、かえって「口がうまいのは信用できない」と思っているかもしれませんしね(笑)。単にしゃべることだけがコミュニケーションの取り方ではないんです。とはいえ難しく考える必要もありません。患者さんと歯科医師の立場を理解していれば、相手の真意を引き出すことはそう難しいことではないと思っています。

―先生が患者さんと接するときに心がけていることは?

患者さんに対して、治療を押しつけないようにしています。歯がグラグラしているから抜きましょうと言っても、「どうしても残したい」という方もいます。歯科医師から見ると合っていない入れ歯でも、「それでいい」とおっしゃる患者さんもいます。患者さんの気持ちを第一に尊重すべきです。ただそういう場合は、なぜそうなったかを説明し、将来予測できるリスクも必ず説明します。その中で、治療の選択肢をいくつか用意して、患者さんに決めてもらうんです。そうすると、実際にそうなったとき患者さんも納得した治療に臨むことができますからね。こういった一つ一つの説明が、患者さんとの信頼関係につながると考えています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細