全国のドクター8,903人の想いを取材
クリニック・病院 160,933件の情報を掲載(2021年10月24日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 府中市
  4. 是政駅
  5. 医療法人博山会 デンタルクリニック沼澤
  6. 神田 雄平 院長

神田 雄平 院長の独自取材記事

デンタルクリニック沼澤

(府中市/是政駅)

最終更新日:2021/10/12

38059 top

西武多摩川線是政駅より徒歩1分、商店街の中に立つ「デンタルクリニック沼澤」は、西多摩を拠点とする医療法人社団博山会グループの歯科医院だ。同院は、地域のかかりつけ医として多くの患者の歯科治療にあたっている。院長の神田雄平先生は、長年大学病院で重症患者の補綴治療にあたっていた経歴を持つ。「院長に就任してまだ日が浅いですが、少しずつ患者さんたちに顔を覚えてもらえたら」と笑顔で話す神田院長。大学病院とクリニックでは、主訴も違えば治療も異なる。疾患を重症化させないためにも、クリニックとしての役目は大きく多岐にわたるという。診療の特徴から今後の展望まで、さまざまな視点から神田院長に語ってもらった。

(取材日2021年6月17日)

治療と予防の連携で、良い状態を長く保つことができる

院長に就任されたのはいつですか?

1

2021年4月からです。それまでは母校の東京歯科大学の大学病院で、研修医を含めて10年間、臨床経験を積んできました。こちらの医療法人の理事長や前院長も、同じ大学で医局の先輩です。その流れで今回声をかけていただきました。最初は大学病院を出たらすぐに開業しようと思っていましたが、経営や人事面のスキルをもっと積みたいと思い、こちらで勉強させてもらっています。私は大学病院にいる時は、入れ歯やかぶせ物などの補綴を専門としていて、重症の患者さんの治療を行っていました。ここはクリニックなので、さまざまな症状を訴える患者さんが受診されますし、子どもから高齢者まで年齢層も幅広いので、マルチな対応が求められますね。

患者さんの主訴はどんなものが多いのでしょうか。

やはり虫歯や歯周病の痛みに加え、入れ歯が壊れた、合わなくなったなどが多いですね。でも、歴代の先生方がメンテナンスに力を入れてくださっていたので、高齢になっても歯が残っている方が多いと思います。予防という概念が、患者さんたちにしっかりと根づいているからでしょうね。治療が終わったら、そこから歯科衛生士さんにバトンタッチし、予防とメンテナンスに切り替えるのですが、長年メンテナンスに通ってくださっている患者さんもたくさんいらっしゃいます。定期的に通うことで、悪い部分を早期発見できますし、初期治療に取りかかれます。大がかりな治療をしなくてもいいので、患者さんの体への負担も軽くて済みますよ。

先生が診療を行う際に大事にしていることは何ですか?

2

患者さんがどのような治療を希望されているのかを見極めるようにしています。そのために、患者さんとのコミュニケーションを大事にし、質問に対しては、わかりやすく正確に答えることを心がけています。例えば、抜歯をするのかしないのか、治療期間や費用はどのくらいかかるのかなど、できる限り患者さんの要望に添えるよう、ゴールを明確にしていきます。トラブルがある部分だけを治療すると、将来的に他の部分にも不具合が出てきます。治療を決めていくときは、お口の中全体を診て、将来的に起こり得ることも予測し、そのためにはどうすればいいのかも具体的に説明します。無理強いをするのではなく、あくまでも患者さんの意思で治療が進められるようにしていくことが大事だと思っています。

視覚的なデータの保存で、スムーズな治療を可能に

患者さんとのコミュニケーションスキルはどこで学んだのですか?

3

大学病院で臨床経験を積んできたことが大きいですね。重症例が多かった分、難しい考えを持つ患者さんもたくさんいらっしゃいましたし、治療の方法を正確に伝える必要がありました。中には、治療をしないで1時間くらい話だけをして終わることもありましたよ。こうした経験が今の診療にも生かされていますね。

こちらの診療の特徴はどの部分にあるとお考えですか?

記録をしっかりと取っていることですね。今はそうしたクリニックが増えてきていますが、ここでは治療ごとに患者さんの口腔内写真やエックス線写真をこまめに撮り、カルテに納めています。過去の治療やエックス線写真が残っているので、どのような治療を行ったかなどが、初めての患者さんでもわかるようになっています。口腔内写真があるのとないのとでは、大きく違いますよ。かぶせ物がどのように変化しているかなど比較することができるので、治療がしやすいのです。また、こうした記録が予防やメンテナンスにも生かされています。

先生方はどのように勉強されているのでしょうか。

4

月末の最終金曜に、法人内のクリニックの歯科医師が集まって勉強会を行っています。それぞれの症例発表や、お互いが調べてきたことを発表するなど、自己研鑽の場になっていますよ。他にも歯科衛生士だけが集まる勉強会や、今は休止中ですが、年に1回、グループの全員が集まって行う勉強会などもあります。

新型コロナウイルス感染症の流行下で、院内の感染対策は変わりましたか?

もともと歯科医院は、感染や滅菌対策をしっかりと行っている場所なので、集団感染は起こりにくいです。でも、受付にシールドを設けたり、治療の前にうがいをしてもらったりしています。さらに私たちは、診療着だけでなく、感染防護のためのガウンを着て治療を行うようにしています。

どんな相談も気軽にできる、地域の歯科医院でありたい

先生が歯科医師になろうと思ったきっかけは?

5

私は子どもの頃から歯並びが悪くて、歯科医院で矯正をしていました。その頃から将来は医療系の仕事に就きたいなと考え、歯科医師をめざそうと思うようになりました。実際に歯科医師になってみると、勉強した分、患者さんに治療として還元することができるし、私にも知識やスキルとなって返ってくるのでやりがいがありますね。患者さんから「噛めるようになりました」と言われると本当にうれしいです。

なぜ補綴を専門にしようと思ったのですか?

勉強していく上で、次第に面白いなと感じるようになったのと、虫歯や歯周病、抜歯後の治療など、さまざまな歯科治療の最後に出てくるのが補綴だからです。補綴を学べば、歯科治療のすべてが見えてくると思い、専門にしようと決めました。「手先が器用でないと補綴はできないのでは?」と思われがちですが、ただただ練習あるのみです。努力次第ですね。治療に対する知識を深め、日々勉強し、患者さんにいかに精度の高い治療ができるようになるかを求めていくのが大切です。

ところで休日はどのように過ごされているのでしょうか?

6

私はアウトドア派で、最近はキャンプにはまっています。1人で行くのは寂しいので、同期を連れて行ったり日帰りで行ったりしています。最近はちょっとご無沙汰ですが、登山も大学時代から続けています。春と秋は登山、夏は海でダイビング、冬はスノーボードです。家でじっとしていることはないので、休む暇がありません(笑)。

最後に、将来への展望と読者に向けてのメッセージをお願いします。

患者さんが自分に合う治療を選べるように、治療の選択肢を多く持つ歯科医院でありたいですね。「こういった治療があるけれど、当院ではできません」というのをなくしていけたらと思います。もし、虫歯や歯周病など、お口の中にトラブルを抱えていたら、一度気軽にご相談ください。適切な治療のご提案やアドバイスを惜しみなくさせていただきます。ご自分で治療を決められないという場合でも、その方に合う治療を一緒に決めていきますので、遠慮なくご相談ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

矯正治療/70万円~、インプラント治療/1本45万円~
ジルコニアクラウン/5万円~、メタルボンド/10万円、オールセラミック/12万円

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access