医療法人社団おなか会 おなかクリニック

医療法人社団おなか会 おなかクリニック

村井隆三 院長

頼れるドクター

37563 df 1 main 1404374072

JR八王子駅北口にそびえ立つのは、ランドマークの「京王プラザホテル八王子」。そのすぐ向かい、徒歩1分の距離にある「おなかクリニック」を訪ねた。広々と、清潔感あふれる5階建ての院内には、計5つの診察室のほか、内視鏡検査室、テレビレントゲン透視装置など、各専門器機の設置された特別室がそれぞれ設けられている。院長の村井隆三先生は内視鏡診療に定評のあるベテラン医師。生活習慣病や消化器疾患などのかかりつけ医として、地域の住民から寄せられる信頼は厚い。鼠径(そけい)ヘルニア・痔の日帰り手術にも力を入れており、遠方からの患者も訪れる。「おなかの具合が悪い時はおなかクリニックへ」を合言葉に、来年で開業10周年を迎える村井先生に、開院までの経緯や診療の特徴、そして最近始めたという休日のギター練習など、プライベートな素顔に至るまでじっくり語っていただいた。
(取材日2013年6月23日)

「内視鏡診療」と「日帰り手術」に特化した専門クリニック

―クリニックの特色からお聞かせください。

胃・大腸などの消化管内視鏡診療と、日帰り手術に専門性を発揮した治療を実施しています。患者さんの割合でいうと、約50%が消化管の内視鏡診療、30%が生活習慣病、20%が肛門外科となります。高校生から高齢者の方まで幅広く、中には95歳の患者さんもいます。約5kmと、診療圏が広いことも特徴のひとつですね。これは、通常の約10倍にあたる範囲です。地域の方はもちろん、山梨県など遠方からいらっしゃる方も多いですね。当院は、在宅療養支援診療所でもありますので、ターミナルケアも行っています。

―日帰り手術について詳しくお聞かせいただけますか?

開業した当初から、鼠径ヘルニアと痔の日帰り手術を行っていますが、現在も力を入れて取り組んでいる病院は少なく、まだまだ浸透していません。が、今後は日本でも主流になってくるでしょう。患者さんとしては、「手術の当日に帰宅するなんて不安」という意見もあると思いますが、術後は療養することが第一です。その意味では、落ち着ける自宅でゆっくり過ごしていただく方が、より効果的だと言えます。年間を通して、鼠径ヘルニアは130〜140件、痔においては200〜250件の日帰り手術を行っています。一番多いのは、多摩地区の方ですが、都内近郊や埼玉県、神奈川県、さらに遠方ですと、福島県や青森県からも来院されます。手術直後は、出血など、トラブルはゼロではありません。車で30分程の圏内にお住まいの方であれば、その日のうちに帰宅していただけますが、それ以外の方は、往診できるよう、近くのホテルに2泊していただくことを条件にしています。

―「おしりセンター」について教えてください。

「おしりセンター」は、当院に併設している肛門外科専門のセンターです。同センター部長の羽田丈紀先生が常勤しているほか、飯田直子先生がレディース外来医師として勤めています。実は、欧米諸国に比べると、日本は、肛門外科の手術率が非常に高いんですね。我慢を重ねた末に、来院される方が多く、その時点で手術が必要というケースも多々あります。「恥ずかしくて行けない」という人が一般にはたくさんいると思いますが、放っておくのは考えものです。胃や大腸と同じように、「調子が悪い」と感じたらなるべく早い段階で受診していただきたいですね。ご自分の健康のためですから。

記事更新日:2016/01/24


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細