全国のドクター8,994人の想いを取材
クリニック・病院 161,449件の情報を掲載(2020年2月19日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 中野区
  4. 新江古田駅
  5. 医療法人社団翔誠会 新江古田こばやし歯科クリニック
  6. 小林 良 院長

小林 良 院長の独自取材記事

新江古田こばやし歯科クリニック

(中野区/新江古田駅)

最終更新日:2019/08/28

36600

新江古田は比較的新しい駅で、周辺は新興住宅地らしさが漂う一方で、武蔵野の面影が残る古い風情が入り混じる。そんな新江古田駅の目白通りに面した立地で開院しているのが「新江古田こばやし歯科クリニック」だ。清潔な白で装われ、中に入れば曲輪(くるわ)のような丸い壁で作られた完全個室の治療室。歯科医院らしさを極力排除した柔らかさだ。治療室の中には、「患者さんへの説明が一番大切」と話す小林良院長の方針で、特大モニターが備え付けられている。昔ながらの治療スタイルや検査方法を大事にしながらも、患者の理解のためにデジタルツールも大いに活用する。柔軟な発想でさまざまな取り組みをする小林院長に、患者の意識向上のための秘訣を存分にお話しいただいた。
(取材日2013年6月17日)

特大モニターで患者の意識向上

最近院内のリフォームをされたそうですね。

36600 df 1 1 1372908346

今年5月にリフォームしました。スタッフルーム、研修ルーム用に2階を借りて、ユニットも1台増やしています。マッサージ機能付のユニットもありますし、奥にはカウンセリングルームもあります。一番こだわったのは、一般的な歯科医院の「怖い、痛い」というイメージをなくしたくて、柔らかいイメージにしたことですね。そのために白と曲線を多用しています。この丸い壁の表面は自然素材を使っているんですよ。治療中の音や患者様との会話についても、個室から外に音が漏れないように上のほうをふさぐ工夫もしています。それと、今回のリフォームではすべての治療室に大型モニターを入れました。スペースの都合が許す範囲で最大のモニターです。患者さんから要望があってそうしたんですが、こんな大型モニターで口腔内写真を映し出しますので、恥ずかしがる患者さんもいらっしゃると思って個室タイプにしてるんです。モニターでよくご覧いただきながら説明するようにしていますが、なかなかご好評いただいています。

こんな大型のモニターを入れるほど説明に力を入れているんですね。

もともと説明はとても重要だと考えていました。歯科医院で、今日自分がどんな治療を受けるのか知らず、“全部お任せ”の患者さんも多いのですが、一生懸命治療している身としてはやはり理解していただきたい。だから、まずはご自分の歯に興味を持っていただくために、とにかく写真をしっかりお見せします。これだけ大きいモニターで口の中を隅々まで見たことのある患者さんはあまりいませんので、皆さんが「自分の歯はこんなに悪かったのか」とでびっくりする方が多いです。すると今度は患者さんのほうから「この歯はどうなってるのか」「この歯茎はやせてきてるんじゃないか」とどんどん質問が出てくるようになりますね。つまり、治療の主体が患者さんに移るんです。治すのは患者さん、私たちはそのお手伝いです。患者さんの意識を変えるために、私たち歯科医師はどうしても細かい言葉を使って説明したくなるのですが、そうした普通のアプローチではなかなか分かっていただけない。写真を大きく見せるだけで、こんなにも患者さんの意識は変わっていきます。

自分の歯にしっかりと興味を持ってもらうことが大切なんですね。

36600 df 1 2 1372908346

そうです。治療が進むと、最初は口腔内写真を撮影することにすら抵抗を覚えていた人でも、自分のお口の状態がよくなるのが楽しくなっていくようです。治療の柱のひとつにホワイトニングを挙げているのもそのためです。審美的なものだと思われがちですが、一度歯をきれいに白くすることで、「このきれいな状態を保とう」という意識になってもらうのが目的です。見た目のきれいさ、美しさから歯に対する意識が向上すると、ちょっとしたことでもすぐに違和感を感じて相談に訪れてくれるようになります。私たちが歯科医療をしていても、なかなかすべてのライフステージで関わり続けることは難しく、どうしても手が離れてしまう時期があります。そういうときでも、ご自身の手でしっかりブラッシングしていただけるように意識を持っていただくためにも、楽しみながらご自身のお口に関心を持ち、きれいにしていただけたらと思います。

「80年使う歯」のリアリティー

その他の治療上のポリシーを教えてください。

36600 df 1 3 1372908346

無痛治療に力を入れています。例えば麻酔ですが、麻酔は刺す瞬間と注入する瞬間に痛みを感じます。この2つをクリアするために表面麻酔を使って刺す瞬間の痛みを抑え、注入をとてもゆっくり―電動麻酔のスピードよりももっとゆっくりとやるようにしました。この方法にしてから、患者さんは「いつやったの?」と気付かないか、「麻酔って注射じゃなくなったんですね」と勘違いされます。それと、できるだけ削らない低侵襲治療にも力を入れています。レントゲン画像から判断して「これは確実にやったほうがいい」という場合でなければ削る治療はしないようにしています。その場合に大切なのが、基準を設けて定期的な管理をしっかりとすることです。今は大丈夫でもこの先どうなるかは分かりません。こういうときに、よく「とりあえず様子を見る」と仰る方がいらっしゃいますが、私はこの「とりあえず」がとても嫌いなんです。どういう方向で、どういう基準で「様子を見る」のか、明確にしておかないと後々困ることになりますから。

小児歯科にも力を入れていらっしゃるようですね。

女性医師が小児歯科を担当するようにしています。お子さんを連れてくるのはお母さん方で、育児の苦労や、口の中、歯以外のことでも相談にのってあげるには同性の医師のほうが良いからです。男性医師が同等の知識を持つには相当の経験が必要です。お母さん方も、相手が女性だと気楽に相談できるようですね。それと、小さなお子さんには誤飲を防ぐという安全面を考えてラバーダムを使っているんですが、よく驚かれますね。そして、小児の治療で何より大切なのは、歯の大切さをきちんとお伝えすること。私は、今でもお子さんの永久歯が生えてくるのを見ると、これから80年使うことになる歯なんだなとしみじみとしてしまいます。当院には0歳から90代まで幅広い患者さんがいらっしゃっていて、しっかりと画像管理していますから、より感じます。もちろん小さなお子さんが相手では十分に伝わらないこともある思いますが、それでもご理解いただけるように説明するのが歯科医師の仕事だと思っています。

そのほか、こちらの特徴にはどんなことがありますか。

36600 df 1 4 1372909693

唾液検査などの複数の検査の結果や、食習慣、生活習慣なども数値化した10項目のデータで、虫歯になるリスクをグラフで表す「カリオグラム」で患者さんにお示ししています。これは「どれくらい虫歯になりやすいのか?」を数値化し、どこに原因があるのかをざっくりとスクリーニングしたものです。これを使うと、例えば虫歯を回避できる可能性が20%の患者さんを、どうすれば80%の確率でまで向上させられるのか、現況から落とし込んで目標を立ててプログラムを組むことができるのです。世界中で使われているソフトで、ブラッシングの方法などを動画で見せる機能もついていて、患者さんからも分かりやすいと好評です。今、こうした患者さんにお見せするデジタルツールはとてもたくさんあります。検査など裏側でやっていることは、実は昔ながらのアナログなものなんですが、こうやってお見せする段階では、シンプルで分かりやすいものを選ぶことを心がけています。

全体で診る歯科治療を目指して

患者の意識を高く保つためにいろいろと工夫されているんですね。

36600 df 1 5 1372908346

そうなんです。そこで気をつけているのが、「かかりつけ医」の定義が患者さんと歯科医師で違っているという点です。ほとんどの歯科医師にとってかかりつけ医の定義は「定期的に検診に来られる患者さんに対し、メンテナンスを行う存在」であるのに対し、逆に患者さんにとっては「歯がピンチになったときに診てくれる人」なんですね。よく歯科医師は「定期的に健診に来てくれない」と聞きますが、患者さんにしてみれば困っていないから行かないだけのことなんです。ということは、何が「困った状態」なのかを知ってもらうことが患者さんの意識の向上に繋がるということですよね。大きいモニターで見ていただくことも、ホワイトニングするのもすべてそのためのことなんです。

先生が歯科医師を目指したきっかけは何でしょうか。

職人のような手に職をつけた仕事をしたいと思ったことと、親戚に医師がいたことから、早い段階で自然と医療の道に進むことを意識していました。高校生のときに医科か歯科かを選ぶ段階で、親戚に医師はいるし、割と手先も器用だし、この器用さで勝負したいと思って歯科医師を選びました。学部を卒業してからは歯周病を中心に学ぶようになりました。大学では歯周病科に勤務しておりました。それは、歯周病が歯科治療のすべての基盤だと考えたからです。虫歯はしっかりと治して予防できればかなり歯を残せる時代になったと思います。しかし、虫歯などの疾患の治療はピンポイントの治療、つまり「点」です。それに対して予防や歯周病は「線」で捉えて治療するものだと考えています。歯科治療のすべてに共通するものが歯周病だという漠然としたイメージがあったんです。うまく言えませんが、小児歯科のような感覚です。小児歯科は「対象が歯や疾患」というよりも「対象が人」ですよね。歯周病治療も同様にとても重要な分野だと思います。

先生のご趣味は何でしょうか。

今は改装したばかりですし、仕事が趣味みたいなものですね。いつも仕事のことばかり考えています。一応カレンダー通りに日曜日と祝日にはお休みをいただいていますが、月に4回休みがあるとしたら、2回以上は研修会や学会などに参加しています。それ以外では医師会の野球チームに入れていただいているので、それがたまの息抜きになっているのと、あとは子どもがまだ小さいので、できるだけ時間を作って遊んであげるようにしています。これは私のストレス解消にもなっていますしね。

今後の展望について、お考えをお聞かせください。

36600 df 1 6 1372908346

個人的には、歯科医師としての技術をもっと磨いていきたいと思っています。病院としては、今、ありがたいことに患者さんがとても増えてきていまして、予約が取りづらい状態になってしまっています。かかりたいのにかかれない患者さんがいるというのは、私にとってもストレスなので、同じ志を持って、患者さんを大切にしてくれる歯科医師、スタッフに入ってもらって、一緒に医院を成長させていきたいと思います。私は歯科医師の友人に恵まれています。とてもすばらしい歯科医院がいくつもあるんですが、そういう医院は院長先生が一番頑張り続けているんですね。私も彼らに負けないように、患者さんはもちろんのこと、スタッフや関わる業者さんも、医院に関わってくださるすべての人が幸せになれる歯科医院にしてゆきたいと考えています。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access