津田デンタルクリニック インプラントセンター

津田デンタルクリニック インプラントセンター

津田宏尚院長

医院トピックス

患者に触れるあらゆる物を清潔に
滅菌にこだわった歯科治療

津田デンタルクリニック インプラントセンター

保険診療

33096 mt 1 title 1372227629

日々多くの患者が訪れる歯科クリニック。待合室、治療ユニット、検査室、手術室など、自分が使う前はどんな人が使っていたのだろう? また、口に入る器具は本当に清潔なのだろうか? 必要以上に過敏になることはないが、一つ気にすると次々と疑問が湧いてくる。歯を削ったり、歯のクリーニング時に出血したり、また抜歯やインプラントの場合は外科手術に及ぶため、清潔で安全に配慮された環境は必須だ。そこで今回、歯科クリニックの環境に対するこだわりについて、徹底した滅菌を行っているという「津田デンタルクリニック インプラントセンター」の津田宏尚院長に話を聞いた。(取材日2018年4月18日)

口腔内感染症を防止し安心の治療環境へ

滅菌の目的は?

33096 mt 1 q1 1372227629 ▲徹底的に滅菌、衛生管理された診療室 細菌やウィルスによる口腔内感染症を防ぐ目的があります。口に入れる治療器具、身につけるもの、ユニットの椅子など、患者さんの体に触れるあらゆる物をできる限り滅菌するよう心がけています。リスクは高くありませんが、感染するリスクのある病気は、虫歯や歯周病といった歯の病気から、肝炎やHIVまでさまざま。当院ではインプラント手術も多く行っているため、できる限りリスクを低く抑えたいと考えています。また、治療に携わるスタッフの安全も考慮し、治療に集中できるようにしています。

具体的にはどのような滅菌を行っているのでしょうか?

33096 mt 1 q2 1372227629 ▲治療に使用する機材を1セットずつ丁寧に袋詰め まず、治療に使った器具は自動洗浄機にかけています。この洗浄機は、感染の原因となる血液や唾液などのたんぱく質の汚れを落とすだけでなく、93℃の熱水ですすぎを行うので、素手で触っても問題ないレベルまで消毒が可能です。洗浄後1パックずつパックし、さらに「国際規格(ISO15883)クラスB(Big)」に準じた滅菌機でパックごとに滅菌しています。治療の際に患者さんの目の前で袋を開けて使用するようにしているため、患者さんが清潔であることを自分の目で確かめることができます。その他、歯を削る器具も専用の滅菌器で、1人の治療を行うごとに滅菌処置を実施するようにしています。

治療ではどのような点に気をつけていますか?

33096 mt 1 q3 1372227629 ▲スタッフが役割を分担し、安心・安全な治療を心がけている 患者さんの口の中に入る器具は個別に滅菌しています。例えば、風や水が出る器具の先端部や、歯石除去等に使われる超音波のチップも患者さんごとに交換し、その器具の持ち手もカバーをかけて毎回交換しています。特に外科手術であるインプラントでは、清潔と不潔の分別を徹底。手術中、術者やアシスタントは滅菌されたガウンや手袋を着用しています。また、患者さんや手術道具の周辺は滅菌シートで覆い、清潔な状態を維持できるよう努めています。術中は滅菌された道具以外を触ることができないので、それ以外の滅菌されていないものは専任のスタッフが処理を行います。インプラントの成功率を上げるために、手術環境の整備は不可欠ですからね。

先生のユニフォームにもこだわりがあるそうですね。

33096 mt 1 q4 1372227629 ▲患者とのコミュニケーションを大事にしている ユニフォームはさまざまな色を用意しております。患者さんとの会話のきっかけ作りの目的もありますが、毎日色の違うユニフォームを着ていれば、同じものを着続けていないこと、清潔であることが患者さんにも伝わるのではないかと思いまして。治療時に着用するゴム手袋も毎回新しいものを使用しています。本当に些細なことですが、患者さんが少しでも安心できるように、また、院内で快適な時間を過ごせるように、私が今できる限りのことは実行したいと思っています。

なぜそこまで滅菌にこだわるのでしょうか?

33096 mt 1 q5 1378967842 ▲国際規格(ISO15883)に基づいた高度な洗浄・消毒 アメリカのロマリンダ大学で学んでいた際、清潔と不潔を区別した治療環境は当たり前でした。使い捨てできるものはできる限り使い捨てしていましたし。当院ではそのレベルを落とすことなく、かつ、エコも意識しつつ、できる限り清潔な環境づくりを行っています。患者さんの中には、自分が病気に感染していることを知らない方もいるかもしれません。万が一を想定し、できる限りの対応をすることが患者さんの安心感につながると信じて実践しています。

ドクターからのメッセージ

津田宏尚院長

アメリカ留学の経験から、世界レベルの衛生的な環境づくりにこだわっています。未然に防げることは防ぎ、患者さんが安心して通院できる環境をつくるために、当院が今できる限りのことはしたいですからね。また、自分が治療を受けるのであればこのような環境で受けたい、という理想の環境にするため、高性能の洗浄機や器具用の滅菌器、削る道具専用の滅菌器を導入し、清潔な治療環境づくりを実践しています。治療を受ける側も、治療をする側も安心できる環境に今後もこだわっていきますので、安心して来院していただきたいですね。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Shonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細