全国のドクター8,424人の想いを取材
クリニック・病院 161,463件の情報を掲載(2019年9月16日現在)


求人情報ON
津田デンタルクリニック

津田デンタルクリニック

津田 宏尚 院長
頼れるドクター掲載中

20180803 bana

麹町駅から四ツ谷駅方面へ、新宿通り沿いを歩くこと2分。右手にあるビルの1階に見えてくるのが、「津田デンタルクリニック」だ。一般歯科から小児歯科、歯周病、入れ歯、インプラント、歯列矯正、歯科口腔外科まで幅広く対応し、同地に勤めるビジネスパーソンから、近隣に住む子どもや高齢者までたくさんの患者が毎日訪れている。アメリカ・ロマリンダ大学で学んだインプラント治療を得意とするのが、津田宏尚院長。しかし、それに固執することなく、口の中全体のことを考えた一人ひとりに合わせたオーダーメイドの治療に取り組んでいるという。「患者さんといろいろ話すことが楽しいですし、人生勉強にもなります」と気さくに話す津田院長に、同院のことや治療について話を聞いた。
(取材日2018年5月31日)

こだわりの内装でアットホームな雰囲気に

―すてきな雰囲気の院内ですね。

患者さんからすると歯科医院は、「怖い場所」なんだろうと思います。だからこそ、いつ来ても落ち着いて診察を受けられるような、アットホームな雰囲気にしたいと思っています。そこで、優しく温かい印象を与える木を床や家具、収納など、ふんだんに使っています。加えてトラバーチンという石を壁に用いたり、アンティークの雰囲気が漂うガラスを使ったりもしています。この場所に根を張って、20年30年と長く診療を続けていきたいので、飽きのこないデザインで、経年変化も楽しめる素材を選んでいます。5年ほど前の開院時には、設計士に要望を細かく伝え、何度も打ち合わせをしました。建築家をめざしていた時期もあるので、楽しい時間でもありましたね。

―設備にもこだわっているようですね。

基本的には、自分が治療を受けるときにあってほしい設備を考え、今の当院の設備になっています。まずは衛生面ですが、最近でこそ器具の滅菌や、ハンドピースを一人ひとりで変えることなどがいわれるようになりましたが、当院は開業当初からハンドピースは一人ひとりで必ず変えていましたし、医療用の自動洗浄機や欧州基準で最も性能が良いとされるクラスBに対応した滅菌器も導入しています。ほかにも、インプラントには不可欠な歯科用CTや歯周病の原因となる細菌などを観察できる位相差顕微鏡、マイクロスコープ、セラミックの詰め物やかぶせ物を院内で、短時間で設計して製作するCAD/CAMシステムなどを備えています。

―どのような患者が多いのですか?

麹町はオフィス街のイメージが強いですが、ちょっと中に入るとマンションもたくさんあり、住んでいる人も多いんです。ですので当院も、オフィスワーカーの方に加えて、お子さんから高齢者までの幅広い患者さんにご利用いただいています。訴えは、痛いとかしみるとか、腫れたとか、詰め物が取れたなど、思いつく口の中のトラブルなら何でもありますね。最近では日本でも、専門の分野に特化して診療をしている先生もいますが、できれば同じ先生に全部の治療をしてほしいと思っている人が多いと思うんです。それに私自身も、例えばインプラント治療だけをやって、ほかはやりませんというような歯科医師には、なりたくありませんでした。だから留学先もインプラント科でしたが、口の中の全体を診て、自分が指揮者のようにすべての治療をコントロールすることを学べるところを選びました。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細