全国のドクター9,219人の想いを取材
クリニック・病院 160,812件の情報を掲載(2021年4月14日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 川崎市高津区
  4. 高津駅
  5. シティデンタルオフィス
  6. 山本 英貴 院長

山本 英貴 院長の独自取材記事

シティデンタルオフィス

(川崎市高津区/高津駅)

最終更新日:2020/08/03

32996 top

医科用CTに、大学病院レベルの手術室。歯科クリニックながら充実の検査機器と徹底した衛生管理に努める「シティデンタルオフィス」は、保険診療を中心に幅広い診療に対応する歯科医院だ。補綴、インプラント治療、麻酔科で学んだ経験を持つ院長の山本英貴先生は、「患者さんの幅広いニーズに応えられるよう、当然のことをしたまでです」とほほ笑む。明るい自然光が降り注ぐ待合室と、モダンな間接照明による落ち着いた雰囲気の待合室は、治療への不安感を少しでも軽減しようという山本院長こだわりの演出だ。常に患者のためにと尽力する山本先生に、安全で快適な歯科治療へ向けた取り組みや、歯科医師としての熱い思いをじっくり聞いた。
(取材日2020年7月16日)

常に患者第一で、「通いやすさ」を追求した歯科医院

まずはクリニックの特徴を教えてください。

1

当院は、お子さんから高齢の患者さんまで、幅広いニーズに対応するお口のかかりつけ医として2012年に開院しました。ものを食べたり、会話を楽しんだり、お口は私たちの健康だけでなく、生活にも大きく関わっています。特にしっかり噛める口腔機能を維持するためには、一部分だけの治療を専門にするのではなく、歯はもちろん、歯の土台となる根のことから噛み合わせまで、お口全体を診ることのできるスキルが大切です。もともと私は補綴を専門としていたのですが、精度の高い治療を提供できるよう、大学卒業後は口腔外科や麻酔科まで幅広く研鑽を積みました。当院では、しっかりした診断に基づく精度の高い保険診療を大切にしています。患者さんに喜んでいただけた時は、私も本当にうれしいですね。

徹底した衛生管理と充実の検査機器に驚きました。

安心して診療を受けていただけるよう、院内の感染対策は徹底しました。歯科治療は唾液や血液が飛び散るため、各ユニットに口腔外バキュームを設置し、使用した器具は患者さんごとに高圧蒸気滅菌器で滅菌処理を行っています。さらに高温が苦手な器具は、ガス滅菌器で滅菌処理をしています。待合室と診察室、手術室はしっかり分け、手術室は室内の気圧を高くして細菌の侵入を防ぐ装置を採用。歯科医院でここまで対策しているところは珍しいようですが、抜歯や口腔外科の手術を行う以上は妥協できません。また、口腔内だけでなく頭から首まで撮影できる医科用CTを導入しました。広範囲にわたる検査画像を撮影できるので、精度が問われるインプラント治療で役立っています。

通いやすい雰囲気づくりを大切にされているそうですね。

2

患者さんの中には痛いのが苦手な方や、歯科治療に恐怖心を感じる方もいらっしゃいます。不安や悩みを抱えた患者さんの気持ちが少しでも明るくなるよう、待合室はふんだんに自然光を取り入れた明るめの内装にし、受付スタッフにも、まずは患者さんの気持ちに寄り添うよう話しています。診察室は気持ちが落ち着くようあえて明るさを抑えた内装にしました。特に治療前は、できるだけ言いたいことを吐き出していただけるよう、本題に入る前に天気や趣味のことなどの雑談でワンクッションおいて、話しやすい雰囲気を心がけています。また、お子さんやどうしても緊張がほぐれない患者さんの場合は、最初は話を聞くだけ、次はお口を見せていただくだけというように、無理なく少しずつできることを増やしていくようにしています。

あらゆるニーズに応える精度にこだわった治療

診療方針について教えてください。

3

患者さんの悩みを少しでも早く解消することを心がけています。例えば歯が抜けてしまった患者さんの場合、最終的にきちんと噛めるようにすることも大切ですが、歯がない状態を早く解決することも大切です。特に女性の場合、痛みには耐えられても、見た目の問題から歯のない状態でいることが耐えられないという方も少なくありません。当院では受診された日のうちに私が仮歯を作ることもあります。仮の歯でもとりあえずその日のうちに入れられることが大切だと考えています。「なんとかしてほしい」という切実な訴えには、できるかぎり早期に対応するようにしています。

痛みに配慮した診療が特徴だそうですね。

抜歯を含め、インプラントなどの外科的処置の時は静脈内鎮静法を併用しています。これは麻酔の方法の一つで、点滴で少しずつ鎮静剤を入れていき、うとうとした状態で治療を受けられるようにするものです。「お口を開けてください」という呼びかけに応じられるものの、術中のことは覚えていない方が多いと思います。痛みや治療の不快な音、恐怖心などをほとんど感じることなく、リラックスした状態で治療を受けられるので、歯科恐怖症の方には特に安心して受けていただけるのではないでしょうか。血圧や脈拍が安定しやすくなるため、高血圧など持病のある方もご相談ください。麻酔科での経験を生かして、患者さんの血圧や脈拍、呼吸状態など全身の様子を管理しながら安全面にも十分配慮して行っています。

わざわざ遠方からインプラント治療の相談に訪れる患者もいるそうですね。

4

せっかくインプラントにしたのにうまく噛めない、やたらと歯に物が詰まるという相談は多いですね。インプラントの埋め込み位置に問題があるケースが多く、残念ながら当院で再治療となることも少なくありません。当院ではCTや口腔内スキャナを駆使した診査に基づき、専用の手術室でインプラントの手術を受けていただきます。最近はインプラントを希望される患者さんが増えていますが、私はインプラントだけでなく、入れ歯についても学んできたので、何が何でもインプラントをお勧めするのではなく、患者さんの10年先、20年先を見極めながらより良いと思える治療法をアドバイスさせていただいています。セカンドオピニオンの相談にも対応しておりますので、気になることがあればご相談ください。

患者の笑顔を引き出し、未来を変えるための歯科治療

印象に残っている患者とのエピソードを教えてください。

5

20代の男性でしたが、お口の中がボロボロでほとんどの歯が抜けたり欠けたりしてしまっている状態でした。見るに見かねた知人にどうにかするよう言われて来院したとのことで、とりあえずお帰りになる前に仮歯を作ったのですが、長い間歯のない生活をしていたので、かなり違和感があったようです。ですが、それをきっかけに見た目にも歯があることの大切さを実感されたようで、そのことがモチベーションになって治療を完了することができました。すっかり表情が明るくなったその患者さんを見て、患者さんの見た目だけでなく、人生まで変えられる可能性があることを目の当たりにして、改めて歯科医療の責任と醍醐味を感じましたね。

予防歯科にも力を入れているそうですね。

歯科医療は虫歯にしてもインプラントにしても、治療が終わってからのメンテナンスが大切です。当院ではメンテナンスにも力を入れており、歯科医師だけでなく歯科衛生士も拡大鏡を用いています。拡大鏡は肉眼では見えない歯の微細な凸凹や隠れた根管、詰め物と歯茎の隙間まで確認することができるので、肉眼では確認できなかった微小な虫歯や歯垢が確認できるようになりました。ミクロの世界をしっかり目で確認しながら作業できるようになったことで、今まで以上に虫歯や歯周病の再発を防ぎ、インプラントや詰め物を長持ちさせるためのケアを行い、患者さんの健康を守っていきたいですね。

最後に読者へのメッセージをお願いします。

6

当院では保険診療と自由診療の分け隔てなく、常にそれぞれの患者さんに対して適切な治療を提供できるよう、精度の高い治療を心がけています。しかしながら、良い治療を提供するだけではなく、患者さんに痛い思いや嫌な思いをさせないことも大切だと思っています。それは一歩院内に足を踏み入れた時の清潔感や雰囲気などから始まります。おかげさまで当院は、患者さん同士のクチコミやご紹介で多くの患者さんに来ていただいています。今後も「ここへ来て良かった」と思っていただけるような環境と技術を提供していきますので、お口のことで困ったことがあれば、いつでもお気軽にご相談ください。適切な診断に基づき、迅速に悩みを解決できるよう、全力でお手伝いさせていただきたいと思います。また、院内感染対策として、受付並びに診療室内で光触媒除菌剤を噴霧し、十分な換気も行っており、患者さんが安心して来院できるよう環境をつくっております。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/38万円~、マウスピース型装置を用いた矯正/40万円~、歯列矯正/80万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access