全国のドクター8,921人の想いを取材
クリニック・病院 160,931件の情報を掲載(2021年10月29日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 板橋区
  4. 上板橋駅
  5. けやき歯科クリニック
  6. 八杉 俊 院長

八杉 俊 院長の独自取材記事

けやき歯科クリニック

(板橋区/上板橋駅)

最終更新日:2021/10/12

31779 top

歯ブラシのマークがついた緑色の看板が目印の「けやき歯科クリニック」。ガラス張りの同院は、外からも待合室の様子がわかり、気軽に入りやすい。白を基調とした院内は「リラックスできるクリニックにしたかった」という八杉俊院長の言葉どおり、洗練された雰囲気の中にも温かみがあり、癒やしの香りや音楽など、リラックスできる環境が整えられている。八杉院長自身も笑顔の絶えない明るい人柄で、あらゆる世代の患者に慕われているのが伝わってくる。診療においては「日頃の歯磨きと定期検診で自分の歯を長く使えるよう、予防歯科に力を入れています」と八杉院長。同院のこと、日々の治療で心がけていることなどについてたっぷりと聞いた。

(取材日2021年7月2日)

父や先輩のように患者に慕われる歯科医師をめざす

歯科医師を志したきっかけを教えてください。

1

両親が歯科医師で、父は新宿で開業していました。父の仕事ぶりを見たり、歯型の模型で遊んだりして育ったので、ごく自然に歯科医師の仕事に興味を持ちました。子どもの頃から、何か人の役に立つ仕事に就きたいと思っていましたが、具体的に歯科医師になろうと決めたのは、高校に入り、父に将来について聞かれた時です。3つ年上の兄が大学の歯学部に進んだことも影響したと思いますが、やはり自分も父のような患者さんに慕われる歯科医師になりたいと思いました。小学生の時は町の少年野球、中学生の時は学校の陸上部と、それまでは運動に夢中だったのですが、高校からは部活も入らずに勉強をして、鶴見大学歯学部に進みました。父はもう引退したので、兄が父の歯科クリニックを継ぎ、自分はここで開業しました。

開業するまでにどのような経験を積んだのですか?

大学在学中から父のクリニックを手伝うようになり、卒業後は鶴見大学歯学部附属病院の総合歯科に入局しました。歯科医師になるのなら、患者さんの要望に何でも応えられるようになりたいと思っていたので、歯の治療について全体的に学べる分野として総合歯科を選びました。大学病院で基礎となる技術を身につけ、その後、いくつかのクリニックに勤めました。1軒目のクリニックではとても尊敬できる先生に出会いました。治療もきっちりされて、患者さんへの説明も丁寧でわかりやすい。さらには何げない会話で患者さんの不安を和らげたり、要望を引き出したりもできる。自分もその先生に少しでも近づきたいと、治療はもちろん患者さんへの声のかけ方や話し方などを勉強しましたね。2軒目のクリニックでは分院長を経験し、クリニックの運営についても学びました。開業してからはそれぞれのところで得た経験が今の診療に生かされていると思います。

この場所で開業したのはどうしてですか?

2

私は東京都町田市出身なので、上板橋は特に知っているわけではありませんでした。しかし、開業にあたり、いろいろな場所を見に行った中でこの街の雰囲気を気に入って決めました。古い商店街があり、昔から住んでいるお年寄りもいれば、東武東上線で池袋まで約10分ということもあり、学生や単身サラリーマンなどの若い人たちもいる。幼稚園や小・中学校もあって、家族で住んでいる人も多い。あらゆる世代の人が来てくれるクリニックになればと思いました。思い描いていたとおり、偏りなくどの世代の方にも来ていただけています。「けやき歯科クリニック」という名は、板橋区の木「ケヤキ」に由来してつけました。ケヤキのように真っすぐ上に、未来に向かって伸びていきたいという願いを込めています。

リラックスした空間で緊張せず治療を受けてほしい

院内はとてもきれいですし、待合室は遊び心があってとてもすてきですね。

3

患者さんに気持ち良く来ていただきたいので、掃除はしっかりしています。当院は幅広い年齢の患者さんがいらっしゃるので、衛生面や安全面には特に気を配っています。また、リラックスして過ごしてもらえるように待合室にはアロマをたき、癒やしの映像や音楽を流しています。キッズスペースもあるので、お子さんはそこで絵本を読んだり、おもちゃで遊んだりすることもできますよ。待合室に飾ってあるおもちゃは季節に応じて少し替えています。治療内容に応じてですが、治療室として個室もご用意しています。治療が終わった後も待合室で少しゆっくりしてから帰ってもらえるような、いつまでもいたくなるようなクリニックでありたいですね。

感染症対策にも力を入れているようですね。

はい。入り口には非接触の体温計測器と消毒を、待合室の天井には空気清浄機を設置しました。また、患者さんの目に見えるところに二酸化炭素濃度計を置いています。二酸化炭素の濃度が基準値であることがわかれば、空気を清潔に保っていることがわかり安心していただけるのではないかなと思っています。診療室には口腔外バキュームもあり、治療中に発生する細かい粉塵を吸い取って、清潔な診療室をつくっています。

診療の特徴について教えてください。

4

虫歯や歯周病など歯科一般の治療を行い、予防にも力を入れています。歯は詰め物や義歯などで補うことはできますが、やはり自分の歯に勝るものはありませんよね。自分の歯を長く残すため、患者さんの歯並びに合った歯磨きの仕方や歯ブラシ、歯間ブラシの選び方、使い方などをお伝えしています。歯ブラシだけの歯磨きでは歯の汚れすべては落ちないため、治療の際に歯間ブラシやデンタルフロスを実際に使ってもらい、その必要性を感じてもらうこともあります。また、虫歯の早期発見・治療のために定期検診もお勧めしています。虫歯をチェックする際はレーザー光線を使用し、肉眼やエックス線で見つけにくい虫歯も見つけていきます。自宅で普段から口腔ケアや歯磨きをしっかりして、特に問題のない方は半年に1回、歯周病などの疾患のある方は3ヵ月に1回のペースで定期検診に来ていただければ、お口の中を良い状態に保ちやすくなるかと思います。

治療で大事にしていることや心がけていることは何ですか?

大事にしているのは患者さんへの説明です。基本的には患者さん一人につき30分確保して、治療の前には必ず治療方法についてわかりやすく説明しています。その日の治療後にも、次の治療についても必ず説明します。治療の押しつけにならないように、患者さんの要望も聞き、それに合わせた治療をしていきます。また、当院は小さなお子さんもたくさん来ますが、怖がる子には無理に治療しません。診療用の椅子に座る練習をしたり、歯に薬を塗ったりして場に慣れてもらい、上手にできた時は思いっきり褒めてあげます。それを何度か繰り返すと、数ヵ月後には自分から椅子に座り、頑張って口を開けるようになります。当院では保護者の方にも一緒に診療室へ入っていただき、お子さんの応援をしていただいています。子どもの成長を焦らずにゆっくり見守っていきたいですね。

患者の希望に寄り添った治療を提供したい

仕事でやりがいを感じるのはどんな時ですか?

5

やはり、治療をして患者さんに喜んでもらえた時ですね。先日、ある患者さんが昔の写真を持ってこられて、「若い頃の歯並びに戻したい」とおっしゃられたんです。色や見た目などなるべく患者さんが思い描いているような形にして差し上げたいです。それで患者さんが喜んでくれたらうれしいですね。

最近増えてきたと感じる要望はありますか?

ホワイトニングを希望する方が多くなったという印象があります。なかなか旅行などにも行けないご時世ですから、その分自分磨きに意識が向くようになったのかもしれません。ホワイトニングはだいたい1時間半くらいかかります。直後はコーヒー、カレー、ミートソースなどは控えていただきますが、しばらくしたら通常どおりの生活を送っていただけます。

プライベートはどのように過ごしていますか?

6

開業する時に、父から「体は大事にしろよ」と言われたこともあり、時間があるときはスポーツジムに通っています。自分が体を悪くして休んだら、患者さんの治療にも影響が出ますから、これからも体調管理には気をつけていきたいですね。

読者にメッセージをお願いします。

あまり背伸びをせず、今までどおり患者さんの希望をかなえられるクリニックでありたいと思っています。そのために今後も精進していきたいです。そして、この街に住む方が、歯に何かあれば「けやき歯科クリニックに行こう」と思ってもらえるようなクリニックをめざしています。ご家族全員に頼りにされるかかりつけ医になりたいですね。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/23万1000円~、ホワイトニング/1万1000円~

Access