全国のドクター9,436人の想いを取材
クリニック・病院 160,465件の情報を掲載(2022年9月29日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 千代田区
  4. 東京駅
  5. 医療法人社団 浩昭会 PCP丸の内デンタルクリニック
  6. 安田 和光 院長、阿部 賢一 副院長

安田 和光 院長、阿部 賢一 副院長の独自取材記事

PCP丸の内デンタルクリニック

(千代田区/東京駅)

最終更新日:2022/06/30

29316 top

東京駅八重洲南口から徒歩1分、パシフィックセンチュリープレイス2階にある「PCP丸の内デンタルクリニック」。院長の安田和光先生は、近隣のオフィス街や遠方から通院するデンタルIQの高い患者の要望に応えるべく、阿部賢一副院長とともに日々精度にこだわった診療を行っている。同院の大きな特徴は、一般歯科から矯正歯科まで、幅広い分野にわたりワンストップで治療を受けられることだ。歯科医師と歯科衛生士は担当制で、患者一人ひとりの口腔内をすべて把握して、常にベストな健康状態の維持に努めてくれる。院内には先進の歯科用CTや位相差顕微鏡などを完備。歯周病の内科治療や予防歯科には特に注力しているという。安田院長と阿部副院長の両名に、さらに詳しい話を聞いた。

(取材日2022年3月15日)

精度の高い治療を目的とした丁寧な説明と検査

まずは診療方針について教えてください。

1

【安田院長】「患者さま第一主義」が診療方針の基本です。患者さまの理解と納得を得てから治療を進めていくインフォームドコンセントこそが最も重要であると考えています。質の良い歯科治療は、患者さまと歯科医師との信頼関係の上に成り立つものだと思うんです。ですから患者さまとよく相談してから治療法を決め、わかりやすく説明した後に、精密な歯科治療を提供していくことを心がけています。

どのような方が多く来院されますか?

【安田院長】20代から60代くらいのビジネスパーソンが中心ですが、遠方から来院される方も少なくありません。大きな虫歯がある、入れ歯が入っているという方は少なく、歯科に対する意識が高いと感じますね。患者さまの半数以上は、クリーニングを目的として来られています。外資系にお勤めの方や海外で仕事をしておられる方々は、白い歯であることが大切のようです。

初診の際は詳しい検査を行ってくださると伺いました。

2

【安田院長】患者さまの主訴に対してより的確な治療をするために口腔内検査、歯周基本検査、口腔内写真検査、口腔内細菌検査、咬合検査、デジタルエックス線撮影などを行った後、歯科医師から現状と治療方針の説明をさせていただきます。もしかすると検査項目は他院より多いかもしれませんね。
【阿部副院長】精度の高い治療を実現すべく検査にはかなり注力していますが、あくまでも主訴についての原因究明や治療に必要な検査をピックアップしています。また最近では、歯と歯茎の健康や口腔内の清潔度がわかる唾液分析に必要性を感じていますね。院内ですぐに分析できる機械も導入しました。

幅広い診療をワンストップで提供

こちらのクリニックならではの診療の特徴はありますか?

3

【阿部副院長】主訴だけでなく、患者さまの口腔内全体を診療するという点ですね。例えば詰め物の場合、普通なら取れないものが取れてしまったとしたら、そこには必ず原因があるわけです。ですから装着したら治療終了ではなく、なぜ取れてしまったのか理由を明確にして説明しなければなりません。噛み合わせが原因のこともあれば、噛みしめ癖や歯列の問題が関与していることもあるので、そうした根本的な機能面のお話を患者さまには伝えさせていただいています。だからといってすぐに大きな治療に移らなければならないということではなく、ご自身の疾患についてしっかり理解しておくことが必要だと考えています。

対応できる歯科分野がとても幅広いのも特徴ですね。

【安田院長】私も副院長もほとんどの歯科分野を網羅しているので、ワンストップで診療することができます。例えば矯正の場合、通常は専門の歯科医師にバトンタッチしますが、そうすると一貫性に欠けてしまう面が出てきてしまいます。また噛み合わせを整える上でも、矯正を行う歯科医師と補綴治療を行う歯科医師が同じ考え方でないと良い仕上がりにはならないと思うんです。ですから当院では、スタートから患者さまの状態をすべて理解した上で計画を立て、最初から最後まで一人の歯科医師が診療を担当するようにしています。
【阿部副院長】それぞれの分野のスペシャリストに任せたほうがよいという考え方もありますが、やはり一人の患者さまを診る上で、すべての状況を把握しておくことは重要だと思うんです。さらに当院では歯科医師と歯科衛生士は担当制になっています。そうした点でも患者さまは安心感があるようです。

特に注力している治療はありますか?

4

【安田院長】特に歯周病治療に力を入れています。虫歯だけでなく、歯周病もまた細菌による感染疾患です。当院では位相差顕微鏡で細菌の種類を特定し、その細菌を除去するための薬を飲んでいただく内科的治療を行っています。約2週間の治療後、再度顕微鏡で細菌感染があるかどうか確認します。精密な治療をめざす上で有用なマイクロスコープも導入して、歯内療法の際や、原因がよくわからない症状の場合にも必要に応じて活用しています。また当院では、主訴に対する治療が終わったところからが本当の出発点であると考えています。その後の定期検診やメンテナンスが重要であるということを、患者さまには折にふれてお話しするようにしていますね。

どんな相談にも気軽に応じる頼もしいクリニック

院長先生と副院長先生はなぜ歯科医師をめざされたのですか?

20220622 5

【安田院長】歯の弱い子どもだったので近所の歯科クリニックによく通っていたのですが、そこでかわいがってもらっていましたので歯科医師に親しみがあったのだと思います。高校3年の時、その先生のことを思い出して、歯科医師をめざそうと思いました。物を作ることが好きで、手先が器用だったこともありますね。
【阿部副院長】私は小学生の頃から歯科医師になろうと決めていました。その夢をかなえて歯科医師になったので、日々仕事に打ち込むことができているのだと思います。自分がこれまで学んできたことを患者さまに還元することができてとてもうれしいです。今後もさらに精進していくつもりです。

開業当時から感染症対策を徹底しているそうですね。

【安田院長】患者さまの口腔内に入れるものはすべて一つ一つ徹底的に殺菌・滅菌しています。またグローブや紙コップ、紙エプロンなどは使い捨てです。うがいしていただく際の水や医療機材から出る水はすべて除菌水を使用しています。滅菌にはとても手間がかかるのでスタッフはとても大変なのですが、きちんと対応してくれているのでこちらも安心ですね。

最後に今後の展望を教えてください。

6

【安田院長】当院のファンになっていただいて、末永くメンテナンスに通ってくださる、そんな患者さまが増えていけばと願っています。患者さま一人ひとりを大切にしながら、それぞれのご要望に応えられるよう、今後もより幅広い診療の提供に努めていくつもりです。オフィスビル内にあるので、少し敷居が高いと感じられるかもしれませんが、そんなことは決してありません。一般歯科から審美歯科、矯正歯科はもちろん、小児歯科にも対応していますので、どんなことでも気軽に相談に来てください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/42万5000円~
マウスピース型装置を用いた矯正/44万円~
オフィスホワイトニング/1万9800円~
ホームホワイトニング/5500円〜1万5900円
歯周病内科治療/4万5000円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access