全国のドクター8,992人の想いを取材
クリニック・病院 161,454件の情報を掲載(2020年2月25日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 杉並区
  4. 荻窪駅
  5. 医療法人社団敬悠会 石崎矯正歯科医院
  6. 石崎 敬 院長

石崎 敬 院長の独自取材記事

石崎矯正歯科医院

(杉並区/荻窪駅)

最終更新日:2019/08/28

27848 df 1 main 1452168268

JR中央線荻窪駅南口から徒歩1分の好立地にある矯正歯科専門の「石崎矯正歯科医院」。長い年月を必要とする矯正治療を受ける子どもが治療の待ち時間に勉強できるデスクや、マイ歯ブラシをキープできるスタンドといった患者目線の工夫が見られるクリニックだ。開業したのは、この道ひと筋に45年以上歩み続けてきた矯正学の重鎮、石崎正前院長。石崎前院長は、出身大学である東京医科歯科大学歯学部矯正学教室の助教授として研鑽を積んだ後、同院を開業。現在は同院顧問に就任している。2014年4月から院長に就任したのは石崎敬先生。「父の後姿を見て、矯正の仕事は素晴らしいと思い、この道を選びました」と語る敬院長に、医院の今後に向けての意気込みをじっくりと伺った。
(取材日2015年8月4日)

矯正器具選びも、待合室も、患者に合わせていく

30年以上の歴史がある同院ですが、2014年4月から新しいスタートを切られたと聞きました。

27848 df 1 1 1452168268

【石崎正顧問】はい。このビルの隣りにある診療所でずっと診察を行ってきたのですが、ビルが老朽化したこともあり、2013年に移転に踏みきりました。そして2014年4月、息子にクリニックを引き継ぎ、私は顧問に就任しました。
【石崎敬院長】荻窪駅南口で開院して30年近く、父が一生懸命に築き上げてきた医院を引き継ぐことに、責任の重さを感じています。医院は移転してきて、気分も一新しましたが、今も、父の長い経験は院内のいたる所に生かされています。例えばスタディースペースです。当院には小さいお子さんがたくさんいらっしゃるのですが、開院当初、中には自分のカバンの上で宿題をやっているお子さんもいたんですよね。「それではかわいそうだね」と、前の診療所の待合室に設置したスタディスペースを、新しい待合室にも設置することにしました。机の上には動物などの形をした石膏模型を置いていて、それに色を塗って遊ぶこともできます。お兄ちゃんやお姉ちゃんが診察中に、一生懸命に色塗りをして待っている弟、妹たちもいます。また、当院では歯みがき指導を重視しておりますが、歯ブラシを毎回自宅から持ってくるのは大変だろうということで、マイ歯ブラシを置くための専用スタンドを置いています。8階で景観もいいので、自宅でくつろぐような気持ちで、当院での時間を過ごしていただけたらと思っています。

新院長として、前院長から引き継いでいきたいことはありますか。

【敬院長】父の実績と地元の患者さんや先生方から得ている信頼は、引き継いでいきたいと思っています。患者さんは、当院の情報をあらかじめお聞きになって来院される方も多いんです。「杉並で矯正治療を受ける場合、あそこなら安心だ。」と言ってもらえる医院であり続けることができるように努力します。矯正は治療期間が数年にわたりますから、家族と話す機会も増えますし、患者さんである子どもの年齢も上がります。ステージに合わせた接し方などは参考にしていますね。

敬院長が、歯科、中でも矯正歯科の道を選ばれたきっかけは何だったのでしょうか?

27848 df 1 2 1452168268

【敬院長】歯科を選択したのは、はっきり覚えていませんが、小学校の頃だったでしょうか。祖父の診療所に行った時、父が矯正治療をしているのを見たことがあるんですよ。そこで何か感じるものがあったのかもしれません。歯科の勉強をし始めてからは、あらゆる歯科治療の中で、唯一歯を動かすことのできる矯正治療というのは素晴らしい仕事なんだと感じるようになりました。父に、矯正の道に進むように言われたことは一度もありませんでしたが、私も矯正学を選択しました。

「あそこなら安心だ」と言われる父が築いた信頼は引き継いでいく

患者層や医院の特徴を教えてください。

27848 df 1 3 1452168268

【敬院長】患者層は、お子さんが7割、大人の方が3割です。小さいお子さんの場合、親が必要性を感じて連れて来ることが多いですが、中学生ころになると本人の希望で来院し始めます。土日も診療しているので、大人では会社勤めのOLさんや60代の方もいらっしゃいます。矯正は歯が生えている顎の骨さえしっかりしていれば可能なのです。矯正治療中は歯みがき指導にも力を入れています。長い矯正治療期間中は虫歯になりやすいため、矯正治療に入る前に徹底して歯みがきトレーニングを行います。虫歯菌を見ることができるモニターもあるので、「口の中にこれだけ菌がいるから、しっかり磨かないと大変ですよ」と説得するなど、歯みがきの大切さを伝えています。また、当院の大きな特徴は、口唇口蓋裂や顎変形症などの症状を持つ患者さんの矯正治療を保険適用で治すことができる数少ない医療機関として指定されていることです。私自身も、先天性疾患について専門に勉強してきましたので、安心してご来院ください。

矯正といえば、器具を使用しますよね。いろいろある器具の中からどのようにして選択するのですか。

27848 df 1 4 1452168268

【敬院長】これは患者さんによって本当にさまざまです。最近よく、「子どもの時期には取り外しのできる矯正器具を使いたい」とおっしゃる方も多いのですが、その方法でうまく行くケースと、そうでないケースがあるんです。取り外しができるということは、逆に言えば取り外せてしまうということでもありますから。お子さんが頻繁に器具を外してしまうと、お母様もイライラしてしまったり……。ですから、患者さんと話しながら意識を見極め、一人ひとりにいちばん合った方法を探していきます。また最近は、歯に取り付ける装置についても、裏側から取り付ける装置や、透明な装置など、さまざまな器具があることもよくご存知です。審美的な面から見たら、そうした目立たないものに越したことはないですよね。ただし、私たちは“その患者さんを治療するためにいちばん良い方法は何だろう?”という観点から、患者さんと一緒に矯正装置を選んでいきます。そのためには、目立たないもので大丈夫な場合もあれば、金属の装置がベストだという場合もあるのです。

長い期間にわたる人と人との付き合いが、この仕事の醍醐味

矯正治療をやってきて本当に良かったと思うときは?

27848 df 1 5 1452168268

【敬院長】矯正治療は5〜10年という長い治療期間を必要としますので、「医師と患者さん」というよりは「人と人」とのお付き合いになっていきます。それだけに、矯正が完了したときはとても大きな感動があるんですよ。最初に来院したときに小学生で、真っ黒に日焼けした顔にでこぼこの歯が印象的だった子が、矯正治療が進み、大人になるにつれてだんだんと歯並びや顔立ちが良くなっていきます。「矯正をやって良かった」などと感想を言われたときは、グッときますね。お話をするときに手で口元を隠しがちだった方も、矯正が終わる頃には輝くような笑顔を見せてくれます。歯並びが良くなるだけでなく、皆さん人間性の面でもとても成長されていますね。素敵なパートナーとの結婚式の写真を送っていただいたりすると、本当にこの仕事をやっていて良かったと思います。

研修医時代のエピソードを教えてください。

【敬院長】私の場合、素晴らしい同僚や先輩に恵まれたことがとてもラッキーだったと思っています。毎日歯科の治療と勉強に明け暮れる日々でしたが、仲間に恵まれていたことで苦にはなりませんでした。終電まで一緒に頑張り、その後皆で飲みに行ったり(笑)。そこでいろいろな話ができたのも、いい思い出です。また、初めて矯正の患者さんを担当したときのことは、今でも忘れられません。誠心誠意治療をやらせていただきましたが、やはり初めてですから本当に緊張しました。治療が終わったときに、患者さんから「頑張ったわね」と言われたときは、何とも言えない気持ちでしたね。患者さんに育てていただいたという気持ちでいっぱいでした。

プライベートではいかがお過ごしですか?

【敬院長】仕事が好きで、楽しくやらせていただいていますが7歳と4歳の娘がいるので、休日は妻や娘たちと一緒に遊びに行きます。でも、それ以外の日は、ほとんど仕事オンリーの生活ですね。矯正歯科は治療以外の時間もやることが多いんです。次に患者さんが来るまでに検査結果を分析し、治療前後の歯の状態を比較する。装置を歯科技工士さんにお願いすることもありますが、自分で作るものもあります。いい矯正治療のためには必要なことなんです。

最後に今後の展望をお聞かせください。

27848 df 1 6 1452168268

【敬院長】この医院の礎を父が長い年月をかけて築いてきたわけですが、その想いを私がしっかりと受け継ぎ、これからも患者さんに安心して通っていただけるような医院であり続けたいと思っています。さらに新しい治療法にも目を向けることが大事ですね。ただ、次々と新しいものが出てきていますが、すべてがいいとは限りません。患者さんにいいものを、きちんと取捨選択していきます。父が診ていた子どもたちが、大きくなってお子さんを連れて来院されていますが、その2代目、3代目の方もずっと来てくださるような医院を目標に、今後も努力してまいります。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access