東京トータルライフクリニック

東京トータルライフクリニック

馬渕茂樹院長

頼れるドクター

医療トピックス

トータルライフ訪問看護ステーション開設
高齢者の皆様の健康を支えたい

東京トータルライフクリニック

27100 mt 1 title 1364525414

江戸の風情溢れる文化で愛され続けてきた台東区・浅草。2012年の東京スカイツリーの誕生後はさらに多くの観光客で賑い、新旧文化の発信地点として進化し続けている。しかしその一方では深刻な高齢化が進んでおり、高齢化率は全国平均を上回る。団塊の世代が高齢者(65歳)に達する2015年にはさらに上昇すると予測されており、地域における高齢者支援に対する様々な取り組みが求められている。そこで昨年12月、浅草地域の健康をサポートしてきた「東京トータルライフクリニック」が、訪問看護による在宅療養生活支援を目指し「トータルライフ訪問看護ステーション雷門」を設立。2013年3月16日に開催された開設記念祝賀会にて、台東区における高齢者の地域包括ケアの今後の展望を伺った。

高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らせる環境づくり

どのような訪問看護を展開されていくのでしょうか。

27100 mt 1 q1 1364525414 ▲馬渕理事長から地域の皆様に感謝の言葉が述べられた 台東区・墨田区の病気や障害がありながらご家庭で生活されている方が対象で、かかりつけ医の指示があれば、基本的には24時間・365日どなたでも訪問可能です。具体的には、利用者さまの症状に合わせた看護になりますが、症状の観察(血圧・脈拍・体温測定など)、在宅療養のお世話(清拭、洗髪、入浴・排泄介助など)、医療処置(点滴、胃ろう、尿留置カテーテルなど)、医療機器の管理(在宅酸素、人工呼吸の管理など)、床ずれの予防・処置など幅広く行っています。今後はさらに、がん末期や終末期の方のターミナルケア、認知症や精神疾患のケア、在宅リハビリテーションのニーズも高まると思われます。また、利用者さまだけではなく、介護されるご家族の方の相談に乗ることも非常に重要な支援。利用者さまが安心して在宅療養生活を送ることができること、予防・ケア・看取りまでトータルに提供すること、専門性の高い信頼される看護を実践することを大切にしています。

医療・福祉の連携についてはいかがでしょうか?

27100 mt 1 q2 1365043093 ▲『地域居住を支える在宅看護への期待について』国際医療福祉大学大学院教授 高橋紘士先生による特別講演 本日の開設記念祝賀会には、東京都医師会や浅草医師会、訪問看護ステーションなどの医療関係者、台東区介護サービス連絡会などの介護関係者、区の福祉担当者、そして町内会の方など様々な方にお越しいただきました。在宅医療の現場では、残念ながら医師・看護師とケアマネジャー・ヘルパーの間に若干、距離があり、連携が十分ではないといった側面もあります。しかし、利用者さまが安心して在宅療養生活を送るためには、まずは医療と福祉の関係者が絆を深め、密に連携することが重要だと思います。幸いにも、台東区で在宅医療にかかわる皆さまは、「台東区を日本一の福祉の街にしたい」という志のある方々ばかり。今回の開設祝賀会が関係者の親睦を深め、新たな一歩を踏み出した日だと実感しています。また、本日は国際医療福祉大学大学院教授の高橋紘士先生による在宅看護についての特別講演があったのですが、若い看護師たちが熱心に聞いている姿も印象的でした。講演後、ある看護師が「私も地域医療や在宅看護に携わりたいと強く思った」と語ってくれました。私たちの訪問看護ステーションが、これからの地域医療を担う若い看護師達が活躍できる場になることも願っています。

深刻な高齢化問題に対し、地域ではどのように取り組んでいるのでしょうか。

27100 mt 1 q3 1365406348 ▲開設記念祝賀会には志を共にする大勢の関係者や支援者が集まった 台東区の高齢化率は、平成21年には 25%を超え、団塊の世代が65歳に達する平成27年(2015 年)には 27%に近づくと予想されています。この状況に備えるために、区の地域包括支援センターが基盤となり、地域全体で高齢者を支えるという機運が高まっています。たとえば、私も参加させていただいている「台東区介護サービス事業者連絡会」は、介護を必要とする利用者と家族に質の高いサービスを提供できるように定期的に勉強会を開き、知識と技術を磨く場で、「台東区を日本一の福祉の街にしよう」と非常に意識の高い活動をしています。また、浅草医師会も自ら訪問看護ステーションを持ち、在宅医療に力を入れていますので、今後、医療と福祉がさらに連携を強め、地域に貢献できたらと思います。私たちもその一角を担うよう成長していきたいですね。

今後の展望について教えて下さい。

27100 mt 1 q4 1364525414 ▲台東区浅草において「地域包括ケアシステム」の一端を担いたいという江川所長と馬渕理事長 昨年12月に開設したばかりですので、まずは地域の皆さまに訪問看護の存在を知っていただき、利用者さまを増やすことに力を入れる予定です。今回の開設記念祝賀会の開催にあたり、浅草各地域の町内会長さまを直接訪問してご案内したのですが、その際ある会の方が、「これで私の老後に目途がついた。老後はお宅の訪問看護ステーションに看てもらうよ」と言ってくださったんです。非常にうれしいお言葉でした。地域の皆さまが住み慣れた街で安心して暮らし続けられるよう、医療・福祉関係者の絆をより深めて笑顔の花を咲かせていきたいと思います。

ドクターからのメッセージ

馬渕茂樹院長 江川恵子所長

「トータルライフ訪問看護ステーション雷門」は2012年12月に浅草に開設しました。本郷と浅草で地域医療や一般診療とともに在宅医療にも力を入れてきた「医療法人社団トータルライフ医療会」の実績を基盤に、台東区・墨田区における訪問看護の充実を目指します。超高齢社会において、高齢化率の高い台東区で地域包括ケアの強化に力を入れており、行政・医療・福祉全体で取り組んでいきたいと考えております。伝統ある浅草という街においてはまだまだ新参者ですが、「予防・治療・在宅」において医療と福祉で密に連携にしながら、地域の高齢者の皆さまの生活の質の向上に貢献していきたいと思います。

記事更新日:2016/01/24
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Seta after
Minato after
S after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細