全国のドクター8,982人の想いを取材
クリニック・病院 161,453件の情報を掲載(2020年2月17日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 港区
  4. 麻布十番駅
  5. ホワイトエッセンス麻布十番M’sデンタルクリニック
  6. 川崎万知子 院長

川崎万知子 院長の独自取材記事

ホワイトエッセンス麻布十番M’sデンタルクリニック

(港区/麻布十番駅)

最終更新日:2019/08/28

24615 df 1 main 1369993488

麻布十番商店街を左に入ったビル5階。川崎万知子先生が院長を務める「ホワイトエッセンス麻布十番M’sデンタルクリニック」を訪ねた。独自のホワイトニングメソッドを提唱する審美歯科のフランチャイズチェーン「ホワイトエッセンス」と提携するこのクリニックでは、歯周病治療やインプラント・審美治療、歯列矯正に加えて、質の高いホワイトニングやクリーニングを受けることができる。カウンセリングから治療まですべて個室で行われ、白とブラウンで統一された院内の雰囲気は、さながら上質なプライベートサロンのよう。今回の取材では、インフォームド・コンセントを徹底する日々の診療について、また川崎院長ご自身のお人柄についてお話を聞いた。

(取材日2013年4月16日)

インフォームド・コンセントを徹底。患者目線の体にやさしい治療を

どのような症状で来られる患者さんが多いですか?

24615 df 1 1 1369993488

一般治療の患者さんと、ホワイトニングが目的の方がほぼ半々くらいで来院されます。ご高齢の方もいらっしゃいますが、やはり圧倒的に多いのは30代から40代の方。近隣にお住まいの方もいれば、職場から近いという方も結構いらっしゃいますね。麻布十番のクリニックを受診される方には、なんとなく「お金持ち」というイメージがあるかもしれませんが、必ずしもそうではなくて、一般的な会社員の方や自営業・サービス業の方たちもたくさんいます。いろんな方がいらしゃるので、特別な場所という感じは全然ないですね。ただ皆さんに共通しているのは、こちらの話をきちんと理解してくださるというところ。そして、歯に対する意識がとても高いですね。メンテナンスのために定期的に通ってくださる方も多いですし、審美的な治療に対する関心も高い。自費診療のホワイトニングを受ける方が約半数を占めている点に、その関心の高さが現れていますよね。

診療において大切にしていること、心がけていることはありますか?

自分がされたい治療をする、これをモットーとしています。私が治療を受ける立場だったら、なるべく削らないで欲しいですし、できるなら抜かずに、神経も残して欲しい。例えば、歯科医師としての目線だけで考えてしまうと、「あとで痛みが出るといけないから、あらかじめ神経をとっておこう」、「虫歯が再発するリスクをなくすために、抜歯してしまおう」と、合理性を重視してしまいがちです。しかし、患者さんにはそれぞれご本人にとってのベストな選択がありますから、当院ではまず患者さんのお話をしっかりとお聞きします。そして、私が同じ立場だとしたら最善だと思われる方法を提示し、なおかつその場合に考えられるリスクについてお話しします。その上で患者さんに判断していただくのですが、ほとんどの方が「できるなら抜かずに残したい、再発したらその時考える」とおっしゃいますね。ですから、なるべく削らない・なるべく抜かない・体にダメージの少ない低侵襲な治療が当院の基本になっています。

しっかりとコミュニケーションが取れていると、治療を受けるときの安心感が違いますね。

24615 df 1 2 1369993488

そう思っていただけるように努めていますね。カウンセリングだけでなくその後の治療にいたるまで、じっくり時間をかけていることも、患者さんの安心につながっているのではないかと思います。私どものクリニックでは、患者さんお一人につき少なくとも1時間の診療時間をとっています。30分以下で診療が終わることは滅多にありません。もちろん、会社での出来事やペットのお話など治療以外の会話も楽しむことがありますが、基本的に私自身のことはあまりお話ししないようにしています。患者さんは私のことを知りたくてお話されているのではない、私が患者さんのことをよく知って診療に生かすためのコミュニケーションだと肝に銘じています。実は、これも診療中の会話で、おもてなしのプロである患者さんから教えていただいたことです(笑)。

歯周病内科による、最新の歯周病治療を実践

現在力を入れている治療について教えてください。

24615 df 1 3 1369993488

最新の治療法である歯周病内科を導入しています。これまで歯周病の治療は痛みを伴いましたが、当院では内服薬と患部に薬を塗布することよって痛みのない歯周病治療を行っています。また、歯周病治療には欠かせない位相差顕微鏡(いそうさけんびきょう)も完備しています。これは歯周病治療に使うもので、口腔内にある歯周病菌がどういった種類なのか、量はどのくらいなのかを観察するものです。動いている歯周病菌の様子を患者さんにも見ていただくのですが、皆さん一様に「わあ、動いてる!」ってびっくりなさいますよ。あと、虫歯治療ではできるだ削らない・抜かない・神経をとらないをコンセプトにしている当院では、アメリカから輸入した「Doc’s best cement」という薬剤を使用し、歯にダメージのすくない低侵襲な治療を行っています。簡単に言うとなるべく削らないための薬で、これを使うようになってからは神経をとることがほとんどなくなりました。

これまでの診療の中で、印象深いエピソードについて聞かせてください。

まず思い浮かぶのは、ホワイトニングで通ってくださっている患者さんですね。通い始めの頃は、どちらかというと物静かなタイプの女性で、看護師のお仕事をされていました。ところが、ホワイトニングをしてだんだん歯が白くきれいになるにつれ、笑顔を見せてくださることがすごく増えていったんですね。ご本人も「自分に自信が持てるようになりました」とおっしゃって、なんとその方、今は役者の道を歩んでいらっしゃいます。きっと、笑顔が美しくなったことで得られた自信が、夢を後押ししてくれたのかもしれませんね。また、結婚して沖縄や山形、三重、さらには海外に住まいを移された後も、引き続き当院に通ってくださる方もいらっしゃり、とてもありがたく思っています。

ところで、そもそも川崎先生が歯科医師を志したきっかけは何だったのでしょう。

24615 df 1 4 1369993488

母が看護師だったこともあり、小さい頃からずっと「手に職をつけなさい」と言われて育ちました。それがきっかけといえばきっかけでしょうね。でもなぜか、「看護師はやめたほうがいい」とも言われていて、「じゃあ医師はどうだろう?」と考えたんです。小さいうちからお人形さんの洋服を見様見真似で縫ったりして手先を動かすことは好きでしたから、器用さを生かせる歯科医師なら自分に合っていると思ったんですね。大学は、私立だと学費が高いので国立に決めていました。地元の東京医科歯科大学でなく北海道大学歯学部に進んだのは、単科大学より総合大学で学びたかったのと……あと、スキーがしたかったから(笑)。新潟大学とも迷いましたが、結局雪質の良さで北海道にしました(笑)。

美しい白い歯、素敵な笑顔。それが自信へとつながる

卒業後はどちらで経験を積まれたのですか?

24615 df 1 5 1369993488

大学を卒業した後は、関東に戻って神奈川県川崎市にある石井歯科医院に勤務しました。石井院長は大学の8期上の先輩で、一般診療を幅広く手がけ、それこそ子どもから高齢の方までどんなケースにも対応する先生でした。なおかつとても熱心に勉強なさる方で、学ぶところが非常に多かったですね。石井歯科医院には4年間勤務し、その後東京医科歯科大学の口腔外科に入局してからも、非常勤として診療していたので、トータルとしては14年間ほど在籍していたことになります。私にとって初めての職場でしたので、治療以外にも本当にたくさんのことを教えていただきました。その後、平成19年にこちらのクリニックを開設したんです。開業に踏み切った動機ですか? そうですねえ、歳を重ねたときのライフスタイルを考えると、ずっと勤務医のままでいる自分がイメージできなかったことがひとつ。あとは私自身、自費診療の可能性に魅かれたことが大きかったです。自分が理想としてきた、現在の診療をするためには独立は不可欠でした。

オフタイムはどのようにリフレッシュされていますか?

学生時代あんなに好きだったスキーも、結婚して子どもが産まれてからは忙しくてまったくできなくなってしまいました。ですから、今の楽しみはたまに子どもたちを親に預けて、友人とご飯を食べに行くことですね。平日のお休みのときには、子どもが学校に行っている間に、一人でこっそり(笑)ランチに行くこともあるんですよ。普段はたくさんの人とお会いする仕事なので、休みの日は一人で静かに時間を過ごすことが、いい気分転換になっているのかもしれません。

最後に、読者へのメッセージをお願いします。

24615 df 1 6 1369993488

自費診療と聞くと、皆さん「高額な治療費」というイメージをお持ちではないでしょうか。しかし、それにはきちんとした理由があるのです。歯科治療の場合、使用する材料の質が結果や仕上がりに大きく関わってきます。耐久性や審美性に優れた確かな治療を望む場合、保険診療の範囲ではどうしても限界がある、私はそのように考えます。当院にいらした患者さんには自費診療は決して高いだけの治療ではないということをお伝えしていますが、もちろん自費診療のみのクリニックではありません。保険診療を希望される方にもしっかり対応していますのでご安心ください。私の診療モットーは、患者目線であるということ。今後も、患者さんがどうされたいのかをきちんとくみ取り、体に優しい最善の治療に真摯に取り組んでいきます。

Access