全国のドクター8,994人の想いを取材
クリニック・病院 161,449件の情報を掲載(2020年2月19日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 豊島区
  4. 落合南長崎駅
  5. きたほり内科クリニック
  6. 北堀 和男 院長

北堀 和男 院長の独自取材記事

きたほり内科クリニック

(豊島区/落合南長崎駅)

最終更新日:2019/08/28

24517

大江戸線落合南長崎駅に直結したショッピングモールの3階に、「きたほり内科クリニック」がある。今年で6年目を迎える同クリニックは、もともと外科医師として活躍してきた北堀和男院長が、どんな症状かに関わらず患者を診られるようにとの思いから開院した。北堀院長が医師をめざすようになった原点は、子どもの頃近所の病院を受診して病気が快復したことへの感謝の気持ちだという。困っている患者を助けるためには、幅広い知識と確かな技術が必要。それらを得るためには、体のトータルな部分まで知る必要のある外科がいいと考えた。こうして循環器や呼吸器、小児の心臓の手術などもこなしてきた経験が、現在のプライマリケアに役立っているという。常に患者のためを思う北堀院長に、詳しく話を聞かせてもらった。
(取材日2017年6月9日)

知識や技術を、プライマリケアに役立てたくて開業

東京大学大学院をご卒業後、こちらを開院されるまでの経緯について教えてください。

1

循環器疾患や呼吸器疾患などを専門に、外科医師として医療に携わっていました。また、神奈川県立こども医療センターやボストン小児病院にて、子どもの心臓疾患の手術の経験も積みました。そして、私のめざしていた医療を実現するために、当院を開院しました。外科というと手術のイメージが強いと思いますが、その手術をするためには、患者さんの基礎疾患を把握するなど、体やアレルギーなどについて細かく知っていなければなりません。つまり、患者さんをトータルで診ることがベストな治療につながるんですね。常に大事なものを見落とさないようにして手術に臨んできたので、そうした経験が内科の診療でも非常に役立っています。

先生のご専門は循環器と呼吸器と伺いましたが、専門性はあまり打ち出されていないのですか?

得意分野ですから標榜はしていますが、専門に特化せず幅広い症状を診療する“かかりつけ医”をめざしています。もともと医師になろうと思ったときに、病気などで困っている人をどうにかして助けたいというビジョンがあったんです。そのためにはいろいろな知識が必要ですから、たとえば臓器の中まで知るには外科が良いのではと思って外科医師になったんですよ。もちろん、そこから手術の技術をもっと磨いていって、手術のエキスパートになっていくというのもひとつの在り方ですが、私としては、それまでに培ってきた知識をプライマリケア(身近にあって、何でも相談にのってくれる総合的な医療)のために役立てたかったのです。

どのような患者が多いですか?

2

基本、「どんな症状でも診ます」というスタンスのため、あらゆる症状の患者さんがいらっしゃいますね。胃が痛いから胃腸科なのか、頭が痛いから頭痛の外来がある病院なのかなど、患者さんにとってはどこの診療科にかかればいいか悩ましいところでしょうし、そのたびに病院を変えるのも大変だと思います。どんな症状でもとりあえず来ていただいて、もし当クリニックでは対応しきれない場合は専門機関をご紹介しています。また、当クリニックの入っている建物ではショッピングもできますし、駅に直結しているのでアクセスがいいですから、お子さんからお年寄りまで幅広い年齢層の患者さんにお越しいただいています。

医師会の活動を通して医療サービスの向上をめざす

クリニックの特色について、教えてください。

3

そうですね、強いて言えば外科医師としての経験がありますから、手術が早急に必要かどうかの見極めは得意と言えるかもしれません。一口に足が痛いといっても、痛風や神経痛、あるいは糖尿病が隠れているなどさまざまな原因が考えられます。的確な診断を行い、このまま当クリニックに通院していただくか、これは大学病院で診てもらったほうがいいかなど、うまく振り分けたいですね。また、「この分野を診ます」という形はとっておりませんので、何か体に不調があってお困りの場合は、体の部位や症状に関わらずお越しいただきたいですね。専門性に特化せず、どこの科にかかっていいかわからない」という患者さんも含めて、できるかぎり診ていきたい、または一緒に考えていきたいと思っています。

診療の際、どのようなことを心がけていらっしゃいますか?

患者さんが「こんなこと聞いていいのかな?」「あまり質問しすぎると迷惑かな?」など悩まないよう、どんなことでもお話しいただける雰囲気づくりを心がけています。また、身体的なことは個人情報の中でも機密性の高い部類に入るせいか、なかなか他人に相談できないという方も多いと思います。医者の前ではそのようなことを気にせずに、打ち解けた感じでお話しいただけるよう努めています。他に、最近ではインターネットで調べていらっしゃる方も増えてきています。そうすると重い病気がヒットすることもあって、かなり不安な気持ちを抱いてお越しになる方も多いんですよ。往々にして見当違いということがありますので、そういった方たちの誤解を解いて、安心してお帰りいただきたいと思っています。

豊島区医師会の理事として、どのような取り組みをされていますか?

4

簡単に言うと、豊島区民への医療サービスを充実させるために、区と連携しながら企画を考えたり事業を進めたりしています。例えば、区民の健康診断はどうすればいいかとか、子どもたちの予防接種や健康診断はどうするかとか、そういうことにも関わっています。一人の医師では声が小さくてできないことも、医師の団体として動けばできることも多いんですよ。実際、医師会でB型肝炎ワクチンの助成を始めたり、胃がんの原因といわれるピロリ菌検査の助成対象年齢を幅広くするようにしたりしたところ、今では豊島区の事業になりました。実は医師会の活動を担うようになってから、休診を余儀なくされるなど、患者さんをお待たせすることもありまして、申し訳なく思っております。しかし、こういうことは誰かがやらなければいけないので、医療サービスの向上という形で患者さんに還元できればという気持ちで行っています。

「困ったときに助けてもらえる」存在になりたい

医師を志すようになったきっかけについて、教えてください。

5

私は大阪府出身なのですが、子どもの頃、熱を出したり風邪をひいたりお腹が痛くなったりすると、近所のクリニックで診てもらっていました。昔ですから、今ほど薬なども充実していたとは思えませんが、行けばその日のうちに治って、何日も学校を休むことなく通えていたんです。「困っている時に行けば助けてもらえる」ということを、子どもながらにおぼろげに覚えていて、自分もそういうことができたらいいなと。そこが原点ですね。その先生は今では亡くなっていると聞きましたが、90代まで現役で診療をされていたそうです。最初に出会ったそのクリニックのイメージを大事にしてきた部分は大きいですね。

お忙しい中、休日はどのようにお過ごしですか?

毎週水曜日が休診日ですが、他の民間病院で外来を行っていまして。あとは、診療後の夜間も使って医師会の仕事をしていることもあり、事実上空いているのは日曜日くらいですね。そこでいろいろやると平日に無理が生じるので、文字通り休んでいることが多いです。理事の仕事をするようになる前までは、当クリニックのすぐ近くにあるスポーツクラブへ泳ぎに行ったりしていたのですが……。生活習慣病の患者さんには「運動してください」と言っているのに、そういう自分はしていないのか……と思うこともありますが、今はとにかく時間がなくて。もし時間ができたら、体力づくりのためにもジムで泳いだり、久々に海外の学会に行って勉強をしたりしたいですね。

今後のクリニックの展望について、教えてください。

6

開院してから6年目なのですが、おかげさまで「お体の調子で何か困ったことがあれば診ますよ」という当クリニックの方針が浸透してきているように感じています。自分なりに思い描いていた医療を行えているのではないかと。今後もこのスタイルを維持していきたいと思っています。あとは、木・金曜日の午前中には非常勤の医師に来てもらっていますが、その他の曜日の医師は私だけになってしまいますので、限られた時間でいかに患者さんにご満足していただけるかということが課題ですね。身体の調子が悪くてお越しいただいている患者さんを、長くお待たせしないような体制を考えていきたいと思います。日々の診療はもちろん、豊島区医師会での活動を通して、患者さんに広い意味での良い医療を還元できるように、これからも頑張りたいと思います。

Access