全国のドクター9,011人の想いを取材
クリニック・病院 161,457件の情報を掲載(2020年2月27日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 横浜市中区
  4. 石川町駅
  5. 加藤デンタルクリニック
  6. 加藤 道夫 院長

加藤 道夫 院長の独自取材記事

加藤デンタルクリニック

(横浜市中区/石川町駅)

最終更新日:2019/08/28

23347 %e5%8a%a0%e8%97%a4%e3%83%86%e3%82%99%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af %e6%a8%aa%e6%b5%9c%e5%85%83%e7%94%ba%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%88%e6%ad%af%e5%ad%a6%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc

横浜元町のメインストリートに立つ元町ユニオン4階にある「加藤デンタルクリニック」。ダークブラウンでまとめられたシックな院内は、洗練され落ち着いた雰囲気だ。加藤道夫院長は、何よりも患者のことを第一に考える歯科医師。さまざまな分野の治療に対応し、今も研鑽を積む。「患者さんの治療の選択肢を増やし続けていきたい」と熱心に語る加藤院長に、診療に対するこだわりや今注目している治療、歯科医師をめざした理由まで、たくさんの話を聞いた。
(取材日2017年12月4日)

豊富な選択肢の中から一人ひとりにベストな治療を追求

クリニックの特色について教えてください。

1

一番の特徴はいろいろな治療に対応できることでしょうか。その方の悩みを解決するためのたくさんの選択肢を提示できることが強みです。今は歯科医療もジェネラリストが求められている時代。「専門分野しか診ない」のでは、大事な病気を見落としてしまうかもしれないと考え、これまで一般歯科、矯正歯科以外に、インプラント治療を専門に学びながらも、歯科口腔外科で抜歯などの外科的処置や顎関節症治療、口腔がん治療や顎顔面補綴など特殊な治療の経験を積んできました。東京女子医科大学では麻酔科の勉強もしました。 当院ではそれらの知識や技術を生かした診療を行っています。患者さんのどんなご希望にも応えていけるよう、日々勉強を続けていかなければいけないと痛感しています。

設備面についてはどのような特徴がありますか?

歯科用CT、歯科用マイクロスコープ、デジタルレントゲンといった先進の機器を備え、精密な検査・治療が行える環境を整えています。マイクロスコープは2台あり、審美性に配慮した治療や根管治療はもちろん、虫歯治療など、どの治療でも使用しています。保険診療でも広く役立てていますよ。 肉眼の何十倍にも拡大することができますので、例えば虫歯なら、本当に必要な部分だけを削ることができます。また、治療以外でも、患者さんに治療の経過を見ていただく際にも活用しています。各診療室に備わっているモニターに、マイクロスコープの映像がリアルタイムで表示されますので、患者さんは写真などで口腔内の状態を把握することができるのです。実際の映像を見ることで、患者さん自身の意識も変わります。マイクロスコープを導入しているからいい治療ができる、ということではなく、使いこなしてレベルの高い治療を提供することが重要なのです。

心がけていることやめざすクリニック像について教えてください。

2

心がけているのは、患者さん一人ひとりにベストな治療をご提示することですね。心理的な要因で痛みがある方もいますから、そういったところまで受け止めて差し上げることも大事だと思っています。スタッフも僕同様、「今日できなかったことを次回できるようにするためにはどうしたらいいか」と常に学び続け、頑張ってくれているので、とてもうれしく感じています。僕だけでなく、「加藤デンタルクリニック」として、みんなが一緒に成長していくことが目標の一つです。 僕自身としては、小さなお子さんからお年寄りまで、幅広く地域の方の歯の健康を見守っていきたいと考えています。たとえ通院することができなくなってしまっても責任を持って診させていただきたいという思いから、最近往診も始めました。

患者との信頼関係を重視し、安心・安全にこだわる

先生のご専門はインプラント治療だと伺いました。

3

はい。鶴見大学のインプラント教育主任者を務めたこともありますし、毎年インプラント学会で演題発表するなど、今も勉強を続けています。しかし僕の診療の基本は「患者さんの悩みをどう解決するか」ということ。来院された方の悩みをきちんと解決し、笑顔で帰っていただくのが一番と考えています。ですのでインプラントだけにこだわるのではなく、どんなアプローチをするのがその方にとってベストなのかを適切に判断するようにしています。お口の中の状態によっては、余った歯を失った歯の場所に移植する歯牙移植や、義歯をお勧めすることも。あくまでもトータルな治療の中にインプラント治療が含まれているという考えです。

クリニック全体で力を入れていることはありますか?

すべての治療において安心・安全でベストな治療の提供をめざしています。そのため徹底した衛生管理に努めており、歯を削るドリルを取りつけるハンドピースは患者さんごとに交換し、ヨーロッパ基準の滅菌装置も導入しています。紙エプロンやグローブは使い捨てにし、すべての個室に空気除菌脱臭装置を設置。ユニット周りもできるだけ物を置かないなど、大学病院以上をめざした細かい気配りを実践しています。衛生管理のほかにも、安心・安全な治療のために検査を大切にしています。例えばインプラント治療では、エックス線、歯科用CT、位相差顕微鏡による検査や、歯型の採取、全身状態を把握するための血液検査など、精密な診査・診断が欠かせません。また、インプラント治療は手術をしたら終わり……ではなく、定期的なメンテナンスが必要ですので、術後もスタッフと連携し、しっかりとしたサポートに努めています。

歯科医師をめざしたきっかけや、開業までの経緯を教えてください。

4

曾祖父、祖父、父と続く歯科医師系の家庭に生まれ、僕は4代目になります。治療を終えた患者さんが喜んで帰られる姿を間近に見て育ちましたから、「こういう仕事っていいなあ」と自然に思うようになりましたね。卒業後は大学病院で勤務医をしていましたが、どうしてもやりたい医療との方向性の違いを感じることが多くなり、開業を意識するように。今も昔も、僕の中では、どんな時も「患者さんをどうするか」が最優先なんです。当院の待合室に祖父が診療していた当時のエックス線室のガラスを飾っているんですが、これは多くの患者さんを笑顔にしてきた祖父の思いを守っていきたいという思いから。僕のこだわる安心や安全、患者さんとの信頼関係の道しるべになっています。

総合医療の中の歯科をめざして

先生が特に注目している治療について教えてください。

5

全身の健康管理を念頭に置いた口腔疾患の予防です。口腔疾患は口の中だけで完結するのではなく、例えば虫歯や歯周病が生活習慣病などに関連したり、顎関節症やTCH(歯列接触癖)が肩凝りや不眠に関わったりすることがわかってきました。TCHとは、噛む力によって歯が割れたり、ひびが入ったりといった、歯が接触する癖のことを指します。これらを踏まえ、2つの概念を持って予防しています。1つは「細菌」のコントロール。もう1つは、「力」のコントロールです。僕だけではなくて、歯科衛生士などすべてのスタッフが、それぞれの立場から診ることで、その方自身の本当の症状・原因を知ることができるのです。また、口腔内のトラブルが全身の疾患につながるということは、逆にいえば歯の治療によって全身を健康に導けるということでもあります。

予防のための情報発信も積極的に行われているそうですね。

はい。できるだけ早い段階からマイナス要因を減らすことが大切だと考え、生活習慣の指導も行っています。例えば乳児のいるお母さんには、子どもの歯並びに悪影響を及ぼさないような、正しい授乳姿勢をレクチャー。椅子の背もたれに寄りかかった状態ですと赤ちゃんの吸う力は鍛えられませんので、前かがみの姿勢で授乳することが口腔機能の発達に重要だとお伝えしています。また、離乳食を与える際は、月齢別の進め方を意識するのではなく、今生えている歯の本数に合わせて食材や形状を考えましょうとアドバイスしています。お子さんにとっては毎日がトレーニングですから、将来矯正治療が必要にならないように、乳児期からできる限り予防をしていくことが大切なのです。

読者へのメッセージや、今後の展望をお願いします。

6

当院がめざすのは「歯科医療」ではなく、「総合医療の中の歯科」であること。口から全身の健康を診ることに関して、さまざまな方面からアプローチし、年々レベルアップを図りたいと思います。そしてただ治療のレベルを上げるだけでなく、患者さんに「口腔内のことは全身に影響がある」ということを伝えるところまでを担っていると考え、啓発にも努めたいですね。 当院では全スタッフに知識の共有をすることで、「患者さんに聞かれても答えられない」という状況にならないように、指導、フォローをしています。患者さんのどんな悩みにもお応えし、「口福(幸福)」になっていただくお手伝いができるよう、これからも頑張っていきたいです。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access