全国のドクター9,046人の想いを取材
クリニック・病院 160,861件の情報を掲載(2022年5月25日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 横浜市戸塚区
  4. 東戸塚駅
  5. たけなが歯科クリニック
  6. 竹長 博史 院長

竹長 博史 院長の独自取材記事

たけなが歯科クリニック

(横浜市戸塚区/東戸塚駅)

最終更新日:2021/10/22

20211015 22888 top

2002年の開業以来、地域の人々に愛されている「たけなが歯科クリニック」の竹長博史院長がめざすのは「地域に密着した患者中心の歯科医療」。一般・予防歯科のほか、小児歯科、審美歯科、矯正治療、口腔外科などすべての診療分野をカバーするとともに、それぞれの患者に合ったオーダーメイドの治療を提供している。「患者さんにはリラックスした気持ちで診察を受けてほしい」と竹長院長。その言葉のとおりの親身な診療によって地域住民の心をしっかりとつかんでいる。その証拠にクチコミによって来院する患者は後を絶たないという。患者の満足を第一に日々奮闘している竹長院長に、診療にかける思いからプライベートまで幅広くインタビューした。

(取材日2012年4月10日)

地域に密着した患者中心の歯科医療をめざす

この場所に開業したのはどうしてですか?

20211015 1

開業直前に勤務していたクリニックの理事長が、たまたまこの近くにお住まいでした。「この辺りには歯科医院がなくてみんな困っている。必ず患者さんに喜ばれるからぜひここに開業しては」と勧めてくださったのです。その言葉のとおり、地域の方々は温かく受け入れてくださり、アットホームな雰囲気で診療させていただいています。例えば、患者さんの中には散歩のついでや雨宿りのために立ち寄ってくださる方がいたり、診療後に患者さん同士が待ち合わせされる場合もあるんです。そういう形で当院を使っていただけると、身近な存在として認められているような気がしてうれしいですね。

クリニックとしてのコンセプトを教えてください。

地域に密着した患者さん中心の歯科医療です。心がけていることは2つあって、1つは、それぞれの方に合ったオーダーメイドの治療を提供することです。患者さんが治療に求めているものは千差万別です。是が非でもインプラント治療を受けたいという方もいれば、入れ歯で十分だという方もいます。それぞれのニーズを拾い上げて、それに沿った治療をさせていただくように努めています。もう1つは、患者さんの利便性を考えて、すべての歯科治療をカバーしていることです。当院では治療できないという理由で、ほかのクリニックに行くことをできるだけ避けたいんです。患者さんにとって新しいクリニックで一から症状を説明してコンセンサスを取るのは骨が折れます。それにご高齢の方やお子さま連れの方が、バスや電車を乗り継いで移動するのは大変ですよね。ですから、当院では一般・予防歯科のほか、小児歯科、審美歯科、矯正治療、口腔外科を行える体制にしました。

院内は温かみのあるすてきな内装ですね。

20211015 2

いかにも「歯科医院」という感じではなく、誰でも入りやすいサロンのようなクリニックにしたかったんですよ。待合室を開放的なガラス張りにし、受付台をはじめ丸みを帯びたデザインのインテリアで統一しました。一方、診察室には私が好きな3Dのポップアートを飾り、診察台のモニターには風景映像やスポーツを流して、リラックスできる空間を演出しています。患者さんにはできるだけ緊張せずに診察を受けていただきたいですからね。

患者が望む治療の実現のために設備を充実

患者さんと接する際に心がけていることは?

20211015 3

患者さんにはリラックスして診察を受けていただけるように、ソフトかつ丁寧な態度で接することを心がけています。私は常々、「治療をしている」のではなく、「体が治ろうとする力の、サポートをさせていただいている」という意識で診療しています。体が本来持っている治癒能力を発揮できるように、雰囲気づくりやコミュニケーションには常に気を配っています。ぜひ心も体もベストな状態で診療を受けていただきたいですね。

設備でこだわっている点は?

先ほども申しましたように、私は患者さんが望む治療をすべて提供したいと考えています。それには設備や機器を充実させることは必要不可欠です。例えば、患者さんが「レーザー治療を受けたい」とおっしゃった時に、「それはできません」と言いたくありません。ですから、レーザー治療器やデジタルエックス線、電動麻酔器などの機器・設備をそろえています。デジタルエックス線はくっきりと写る点だけでなく、線量が少ない点も特徴です。一方、「痛くない治療」を望まれる方が多いので、レーザー治療器や電動麻酔は重宝しています。

これまでで印象に残っている患者さんは?

20211015 4

入れ歯が合わないという理由でいらっしゃった高齢の男性です。その方に新しいものを作って差し上げたところ、たいへんに気に入ってくださり、多くの患者さんをご紹介してくださいました。ご自身も入れ歯の調整や世間話をするために頻繁に通ってくださいましたね。そうするうちに、いつしか歯科医師と患者さんを超えた関係になっていました。しかし、その方はその後大病を患ってしまったのです。それでも体調がいい時は散歩のついでに顔を見せてくださっていたのですが、それもいつしか途絶えてしまいました。どうされているのかずっと気にしていたのですが、ある日その方の奥さまから亡くなられたという連絡をいただきました。その時は古い友人を失ったような気持ちになりましたし、最後まで私との付き合いを大切にしてくださったことに心から感謝しましたね。

患者を満足させる高水準な治療をめざし精進を重ねる

大学時代はサッカーに打ち込んでいらっしゃったそうですね。

20211015 5

神奈川歯科大学のサッカー部の練習はハードでしたし、上下関係も厳しかったですね。その分、部員の結束が強くて、今でも頻繁に集まっているんですよ。先日もOB有志で仙台旅行に行きました。プライベートだけでなく、仕事でもサッカー部の先輩後輩にはたいへんお世話になっています。新卒で勤務したクリニックの院長も、最後に務めた3軒目の院長も部の先輩なんですよ。お二人には歯科医師としてのイロハや開業医としてのノウハウを教えていただきました。また、当院で働いてもらっている歯科医師はすべて部活の後輩なんです。一緒に仕事する上で最も大切なのは人間性。その点、部の集まりを通じて彼らの人柄をよくわかっているので、患者さんを安心して任せられます。

お忙しい日々を送っているそうですが、どうやってリラックスを図っているのでしょうか?

休診日には講習会に参加したり、歯科医師会の仕事をすることもあります。川崎市にある分院に顔を出すこともあるので、純粋な休日はほとんどないんですよ。日々医学は進歩していますので、常に勉強は続けていますし、スタッフ間でも知識を蓄積することが不可欠なんです。ただ、時間ができたときには家族とゆっくり過ごしてリフレッシュしています。それ以外では、最後の勤務先の先生方と毎週開催している、「定例会」という名の飲み会に参加することですね。気心の知れた歯科医師仲間と酒を酌み交わすことは、いい気晴らしにもいい勉強にもなります。例えば、私が新しい治療法に夢中になっているという話をすると、「それは違う。古いやり方でも患者さんに有用なものはたくさんある」と先輩がズバッと言ってくれるんです。そうした本気のアドバイスをしてくれる方は貴重で大切な存在ですね。

今後の目標について教えてください。

常に最高の歯科治療を提供できるように、歯科技術を磨き続けることです。どんどん出てくる新しい技術や材料の情報をしっかりと収集して吟味し、良いものを随時取り入れていきます。その上で、地域医療に貢献すること、「患者さんに満足していただける」高水準な治療の提供をめざします。

最後にお口の健康のためのアドバイスをいただけますか。

20211015 6

食事も含めて規則正しい生活を送った上で、日々のブラッシングを充実させてください。歯磨きのポイントは量ではなく、質を重視することです。毎日長時間磨いていても、歯の表面を削っているだけで歯垢がきちんと取れていない方はけっこういらっしゃるんですよ。ですから、ぜひ、染め出し液を使ってきちんと磨けているのかを確かめてみてください。本当はブラッシングのたびにチェックするのがベストですが、たまにするだけでも全然違いますよ。

自由診療費用の目安

自由診療とは

セラミッククラウン/3万3000円~
歯列矯正(成人)/66万円~
歯列矯正(小児)/33万円~

Access