京浜健診クリニック

京浜健診クリニック

小幡 進一郎院長

22610

健康状態の変化にいち早く気づくために継続受診を

―健康診断で継続して受診することがなぜ大切なのですか?

その方が健康なのかどうかは、1回の検査結果ではわからないことも多いからです。一般的に正常値とされる数字は多くの検査結果にもとづく標準偏差に過ぎず、何度も健診を受けていただくことでその方にとっての適切な値がわかってきます。それが正常値の上限あたりだとしても、ずっと安定して特に異常がなければ問題ないでしょうし、逆に長年高かった値があるとき下限ギリギリに落ちた、というような変化には注意を払う必要があります。正常値の範囲だとしても、急激な変化には何かしら原因があると疑うのが自然で、早く病気を見つけるにはこうした変化を追える継続受診が大切なのです。もちろんその方の家族構成や生活の様子などをお聞きすることで、検査結果だけではわからない部分も見えてきますから、検査後の問診では受診された方とのコミュニケーションも大切にしています。

―そのほか健診時に心がけていることはありますか?

健診に来られた方は、どの分野の相談にも担当した医師が答えてくれると考えておられるでしょう。当施設ではその期待に応えるよう医師が幅広い知識を持ち、同時に足腰の痛みなどの悩みまでお聞きして、適切な医療機関のご紹介も行っています。検査後は検査結果の見方やご本人の健康状態をお伝えするだけでなく、「何かお聞きになりたいことはありませんか」とこちらからお尋ねして、その方が不安に感じていること、気になっている点をどうしたらいいか、解決の糸口をご提供するまでが当施設での健診の役割と考えているのです。そうした健診を行うことで、地域の皆さんから「何かあったらあそこに行って聞こう」と頼っていただける存在をめざしています。

―どんな人がどの健診を受けるべきかなど目安はありますか?

そこで悩まれる方も多いのですが、当施設としては通常の健診で構わないので、まず毎年受けていただくようお勧めしています。がんなど気になる病気を詳しく調べる検査の追加、人間ドックへの切り替えなどは、ご自分で必要と思われるものを選ばれるといいでしょう。健診を続けていただく中でデータが蓄積され、食事や運動の指導、次に受けていただく検査など適切なアドバイスができるようになります。また私はずっと健診に来なかった方が受診されたときはより注意深くチェックし、重大な病気を見つけたことが何度もあります。虫の知らせではないですが、その方も「最近体調が気になる」「久しぶりに健診を受けよう」と感じていらしたのでしょうし、私の経験からも病気が潜んでいる可能性は高いと感じるからです。ただこうした発見ができるのも、健診に来ていただいてこそです。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細