全国のドクター9,008人の想いを取材
クリニック・病院 161,455件の情報を掲載(2020年2月26日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 横浜市旭区
  4. 鶴ヶ峰駅
  5. 瀬戸デンタルクリニック
  6. 瀬戸 延泰 院長

瀬戸 延泰 院長の独自取材記事

瀬戸デンタルクリニック

(横浜市旭区/鶴ヶ峰駅)

最終更新日:2019/08/28

22021  %e7%80%ac%e6%88%b8%e3%83%87%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

相鉄本線・鶴ヶ峰駅より徒歩4分というアクセス抜群の立地にある「瀬戸デンタルクリニック」は、1994年の開業以来、子どもから大人まで多くの患者が訪れる地域密着型の歯科クリニックだ。院長の瀬戸延泰先生は、マイクロスコープや歯科用CTなどの先進の機器を使いながら、虫歯や歯周病などの一般歯科から審美面に配慮した診療、インプラント治療、予防歯科など子どもから大人まで幅広く診療を受けつける歯科医師だ。同院での診療のほかに書籍の執筆や講演なども多い中、自身の地元である鶴ヶ峰で「プロが認める納得の治療で恩返ししたい」と、日々努力を重ねている。そんな瀬戸先生に、診療方針から今後の展望まで、熱い思いをじっくり聞いた。
(取材日2018年4月26日)

家族や知人、大切な人に紹介したくなる歯科をめざす

地域に根付いたクリニックだと伺いました。

20180628 1

開業してからもうすぐ25年になりますが、お子さんから大人まで、虫歯から歯周病、予防歯科、審美歯科まで一通りなんでも診てきました。おかげさまで開業当時からの長いお付き合いの患者さんも多く、お口のかかりつけ歯科医師としてお子さんやお孫さんと一緒に家族そろって通ってくださる患者さんも少なくありません。新規の患者さんのほとんどは患者さんからのクチコミや紹介で、大切なご家族や知人の方を紹介していただけた時はとてもうれしいですね。中にはわざわざ遠方から来てくださる患者さんもいらして、本当にありがたいです。

診療方針について教えてください。

一人ひとりの患者さんに時間をかけて、丁寧に診ることでしょうか。疾患に対する診断は一つしかなくても、患者さんのニーズはさまざまなので、まずは患者さんの要望にしっかり耳を傾け、その要望に沿った治療計画を提示するよう心がけています。プライバシーに配慮した個室ユニットで、1回の診療時間を長くとっているので、患者さんからはいろいろな話を伺えます。治療期間や費用も含めて、その方が1番幸せになれる選択をしていただけるよう説明にも時間をかけています。いわゆるオーダーメイドの診療ですね。また、歯科用CTやマイクロスコープの導入により、患者さんにそれほど負担をかけずに精度の高い診断と治療が提供できるようにも努めています。

痛みに配慮した治療が基本にあるとか。

2

私が子どもの頃通っていた歯科医院では痛いのが当たり前で、「虫歯をつくるのがいけない」と怒られました。そんな時、新たに出会った先生が、「虫歯になりやすい人もいるから、悪いわけじゃないよ」と、とても優しい先生だったんです。その先生の治療はまったく痛くなく、まるで歯だけでなく、心の治療までしてくれるようでした。私は本当に感激して、こういうふうに人に幸せを与えられる人になりたいと、歯科医師になる決意をしました。だから、私の治療の基本は「痛くない」ということです。どんなに良い治療でも痛ければ患者さんの気持ちを傷つけるようなもの。患者さんが少しでも痛いそぶりを見せたらそこで一旦やめられるよう、たとえマイクロスコープを使っていても、レンズから見える患部だけでなく常に患者さんの全身に気を配り、丁寧に時間をかけて診療します。決して患者さんに痛いのを我慢させるようなことはしないようにしています。

多くの研鑽を積んだ技術を地元の歯科診療に役立てたい

理事として活動に参加されているスタディーグループについて教えてください。

3

歯科医師、歯科技工士、歯科衛生士といった歯科医療に関わる技術者が、それぞれの専門知識を吸収しあいながら成長していく「SJCD」というスタディーグループで、現在は「日本臨床歯科医学会」と名前が変わっています。私は当院の開業前から創設者である山崎長郎先生に師事し、「素人は騙せても、プロの目は騙せない」と、常に症例をプロ、つまり歯科医療者に見てもらってアドバイスを受けるよう育てられました。人の講演を聞くだけでなく、自分が発表して評価してもらうわけです。幸い私は海外を含めて何百人という聴衆や大きな雑誌に発表する機会を幾度となく与えられてきました。これで完璧だろうと思っても、世界のトップクラスを前に発表すると必ず別の意見が出てきます。批判や評価は自分の技術を飛躍的に高めてくれるチャンスです。プロに認められる歯科医師をめざすとともに、こうした経験を患者さんに還元できるよう、不断の努力で臨んでいます。

そういった経験を積まれている先生の審美歯科が地元で受けられるわけですね。

審美歯科というと特殊で、専門の歯科医院に行かないと良いケアは受けられないというイメージが多いようです。そもそもよく噛めるようにする時は、見た目の美しさも考えて治療しますので、一般の歯科治療の流れの中に審美面も入っているわけです。歯は、この先20年30年と長く使っていただく物ですから、当然何度もディスカションを重ねて時間をかけてかぶせ物など修復物を作ります。日本の歯科技工士の技術は世界でもかなり高いほうです。私はいかに技工士さんの力を引き出すかが歯科医師の力量だと思っています。当院でお付き合いさせていただいている歯科技工士さんは、本当に魂の入った良い仕事をしてくださっています。それこそプロの目で見て素晴らしい出来のものが仕上がってくるわけですから、患者さんの満足度も高いですね。それこそ診療を始めてから、当院の審美歯科診療で満足できなかったというお話はまったくと言えるほどありません。

予防歯科にも力を入れているのだとか。

20180806 4

虫歯や歯周病の治療も審美歯科も、施術が終わったら「はい、おしまい」ではありません。むしろ、終わってからが本当の意味でのスタートだと思っています。当院では歯科衛生士もマイクロスコープを使い、歯科医師と同じ視野で患者さんのお口の状態を見て、メンテナンスをしてもらっています。そういう意味では長いお付き合いになりますので、メンテナンスを含めて地元で一連の診療を受けられるというのは大きなメリットだと思います。私は地元出身なので、地域への恩返しという意味も込めて歯科診療にあたっています。歯は毎日使うものであり、毎日誰かに見られるものです。当院に来ていただいた患者さんには、絶対にここに来てよかったと思っていただけるよう、他の歯科医療者の目で見ても納得できるように診療を行っています。

患者を笑顔にする地元の歯科クリニック

お忙しい毎日だと思いますが、休日はどのように過ごされているのでしょうか?

5

休日も学会や講演の準備、原稿を書いたりで歯科一色の毎日です。本当に仕事が趣味としか言えないくらいでなんだか申し訳ないのですが、仕事が楽しくてたまらない状態です。日本国内だけでなく、海外に向けての発表もあるので気が抜けませんが、自分が発信することで、国外も含めたくさんの歯科医療者からの反応をいただけるということは本当に勉強になります。また、日本臨床歯科医学会も会員が2000人を超え、学会としての仕事もあるので、まだ当分仕事三昧の生活が続きそうですね。わくわくします。

今後の展望をお聞かせください。

私自身が多くの素晴らしい医師との出会いによって、歯科医師としても人としても大きく成長できたように、これからは私が後輩のために今まで培ってきた技術や考え方を伝えていけたらいいなと思っています。私一人で診ることのできる患者さんの数はたかが知れていますが、若い先生方に腕を上げてもらえれば、それだけ多くの患者さんを幸せにすることができます。「先生のおかげでよく噛めるようになりました」と患者さんに喜んでいただけたときは格別ですが、講演会などで若い先生から「いつかは先生のような歯科医師になりたい」など、熱い手紙をもらった時も本当にうれしいですね。

最後に読者へのメッセージをお願いします。

20180725 6

当院にいらっしゃる患者さんの中には、以前とても痛い思いをしたとか、ものすごく叱られたとか、歯科医院にトラウマを持たれているような方も少なくありません。でも、虫歯になるのも、歯周病になるのもすべて患者さんだけが悪いわけではありません。歯科医師と患者さんも突き詰めれば相性です。どんなに高い技術をもっていても、良好なコミュニケーションがとれなければ良い治療はできません。患者さんにどれだけ信頼して任せていただけるか、どれだけ安心して治療を受けていただけるかがとても大切になってきます。歯科医院は恐いところでも痛い思いをするところでもなく、患者さんを笑顔にするところ。ぜひ、美容院に通うような気持ちで気軽にご相談ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療:35万円~ セラミックインレー:3万5000円~ セラミッククラウン:10万円~

Access