全国のドクター9,018人の想いを取材
クリニック・病院 160,843件の情報を掲載(2022年5月19日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 新宿区
  4. 西新宿駅
  5. 医療法人社団弘快会 新宿オークタワー歯科クリニック エステティック&インプラント
  6. 小野瀬 弘記 理事長

小野瀬 弘記 理事長の独自取材記事

新宿オークタワー歯科クリニック エステティック&インプラント

(新宿区/西新宿駅)

最終更新日:2021/10/12

20200625 21868 top

西新宿駅から徒歩3分の好立地にある「新宿オークタワー歯科クリニック エステティック&インプラント」。理事長の小野瀬弘記先生は、患者の全身の健康を考えた包括的な診療と、先端の技術を駆使し、常に質の高い治療をめざしている歯科医師。歯学博士として豊富な知識を持ち、今でも熱心に勉強を続けるだけでなく、患者のために休み時間返上で歯科技工士と何度もやりとりを重ねるなど、患者思いの人物だ。スタッフからは、話し出したら止まらないのは、患者に対する熱い想いの表れだとも評される。インプラントのエキスパートとして、インディアナ大学客員教授やICOI(国際口腔インプラント学会)日本法人幹部役員も務め、海外でも活躍する小野瀬先生に、患者への熱い思いをじっくり聞いた。

(取材日2019年12月25日)

「クイックとクオリティーの両立」をめざして

歴史ある本家の分院として開設されたそうですね。

1

私は祖父の代から100年続く茨城の本院を3代目として継承しました。本院では一般歯科を中心に、予防歯科など地域に根差した歯科診療を行っていますが、歯科の世界では治療方法も検査機器も日進月歩。私には常に新しいものに挑戦したい気持ちがあったので、これまで培ってきた技術や知識を駆使した先端的な治療を、必要としている方のために役立てたいという思いから分院を開くことを決意しました。開院以来ずっと通い続けてくださる患者さんも多く、年々患者さんの数を増やしながら9年目を迎えることができたことは、信頼できる歯科医院として認められた証のように感じています。日々、選ばれる歯科医院としての誇りと責任を痛感しています。

先端の設備を備えているとか。

単に「虫歯がありますよ」と言葉で伝えるだけではなく、大きなモニターで虫歯やお口の中の現状を患者さん自身の目で見ていただき、しっかりと問題点を理解していただくことが治療の第一歩だと思っています。そのためにも、客観的に現状を評価できる検査機器は重要です。もともとここを始めたときのテーマが「クイックとクオリティーの両立」で、来院回数をなるべく少なく、しかもしっかりした治療を提供することを目標に、マイクロスコープや歯科用CT、CAD/CAMシステムなど先端の機器を導入しています。また、新型の口腔内3Dスキャナーも導入しており、スキャンしたデータをもとに画面上で現状と治療後の歯並びをシミュレーションすることができます。お口の中の詳細なデータを素早く把握し、より速く、精度の高い治療をめざせるように設備を整えました。

患者と接する時に心がけていることを教えてください。

2

虫歯の治療一つとっても、患者さんによって認識や理解度、価値観は異なります。どんなに歯科医師がベストの治療だと思っても、患者さんの気持ちを無視してそれを押しつけるだけでは駄目なんです。目の前の患者さんが治療に何を求めているのかを知らずして、納得のいく治療はあり得ません。当院では初めての患者さんに対していきなり治療の話はせず、まずは雑談から入り、他愛もない話題の中から患者さんの本音を引き出すようにしています。そして、先端の治療法も含めて、正しい情報を認知していただいた上でどうするか、患者さん自身に判断していただくことを大切にしています。

幅広い選択肢を用意し、さまざまな悩みに柔軟に対応

保険診療と自由診療で悩む患者も多いのではないでしょうか。

3

保険診療は自己負担金が少なくて済む分、多くの制限があります。例えばインプラント治療や、セラミックや金合金素材の使用は保険内ではできません。保険診療内の虫歯治療でかぶせ物として主に使えるのは、レジンと呼ばれる硬いプラスチックか、銀です。レジンは安価で形を整えやすいため歯を削る量が少なく、治療期間も短くて済みますが、変色したり、欠けやすい素材のため、ゆくゆくは修復や二次う蝕による虫歯の再治療が必要となってくるケースがあります。保険診療が始まった頃ならいざしらず、今は見た目や機能性、耐久性を追究できる時代です。当院では保険診療と自由診療の違い、特に自由診療には幅広い選択肢があること、それらのメリットやデメリットを理解していただいた上で、患者さんの希望に合わせて柔軟に対応しています。

女性へのきめ細かな配慮も好評だそうですね。

私以外のスタッフは全員女性です。女性ならではの気配りや対応などは、さすがですね。審美歯科に関心の高い、近隣のオフィスに勤める女性が多いことから、院内にセルフホワイトニングスペースを設け、すきま時間に気軽に利用できるホワイトニングを提供しています。また、スケーラーでは除去しきれない細かい汚れを落とすための歯面清掃機器も導入。審美歯科に関わるお悩みに幅広く対応していますので、お気軽にご相談ください。

印象に残っている患者のエピソードを教えてください。

20200626 4

要介護のおばあちゃんが、息子さんに支えられて来られたことがあります。合わない入れ歯のせいで、顎がガタガタ小刻みに震えて、口も閉じられないような状態でした。そこで、歯科技工士さんと頑張って入れ歯を作り直したところ、「やっとご飯がおいしく感じられるようになったのはもちろん、歩けるようになって身の回りのことが自分でできるようになった」とものすごく喜んでいただいたんです。自分に合った入れ歯に変えたことで、平衡感覚が改善されたのだと思いました。ところが、しばらくしておばあちゃんが亡くなったと連絡が入って。とても残念な思いでしたが、葬儀に参列したら、「先生のおかげで元気になれたと、母はとても喜んでいました」と息子さんから感謝されました。あの時は本当にうれしかったですね。

最後まで自分の歯で噛める人生を送ってもらいたい

先生ご自身も、お父さまを看取られたそうですね。

5

はい。去年、父が嚥下障害で食べられなくなったのを見て、ああこうやって人は亡くなっていくんだなということを改めて思い知りました。亡くなる前に「もっと自分の歯を大事にしておけばよかった」と後悔する人は多いと聞きますが、父は「インプラントを入れてもらっておけばよかった」と悔やんでいました。父は歯科医師でしたが、怖いと言ってインプラントにしなかったんです。インプラント治療は外科手術なので、皆さんとても緊張して治療を受けられますが、私は痛みの少ない治療に非常に力を入れています。何を選ぶかは患者さんの自由です。ただ、何を選ぶかによって、何を失うかが決まるということも意識していただければと思います。

受診のハードルを下げる工夫について教えてください。

「右の歯がなくなっても左で噛めるから大丈夫」という方がいらっしゃいますが、どの歯にも大切な役割があり、1本でも歯がなくなると口腔内環境が変わり、顎の関節の具合や平衡感覚まで変わってしまうこともあります。その前の段階で食い止めることがわれわれ歯科医師の本来の仕事ですが、どうにもならない場合は、その方にとって最善のインプラント治療が提供できるよう努力します。まずはどのような選択肢があるのか、気軽に相談できるよう、オンライン診療を開始しました。スマートフォンやパソコンを使った対面診療で、セカンドオピニオンやお口に関するご相談にご利用いただけます。忙しくてなかなか通院する時間のとれない方は、まず当院でどのような治療を受けられるか確認していただきたいですね。

最後に読者へのメッセージをお願いします。

6

痛くなった時は何かを失う時。何も失わないことが、何よりの健康維持につながります。一昔前は歯医者は痛くなったら行くところで、そのたびに歯を削り、神経を抜き、最後は歯を抜いていたと思います。だからこそ、今の患者さんには痛くなる前に来ていただき、何も失うことなく、良い状態のまま最後まで自分の歯でしっかり噛める人生を送ってほしいのです。自分の健康のためにお口のことを正しく知り、再発を予防するための指導はかかりつけ医の役目ですが、患者さん自身になんとかしたいという気持ちがないと、私たちはそれ以上のことはできません。本当の意味で、自分を大切にしてほしいですね。患者さんにとって「ここへ来てよかった」と末長く思っていただけるような出会いにしていきたいと思います。

自由診療費用の目安

自由診療とは

セラミックの詰め物・かぶせ物/4万円~18万円、インプラント治療/26万円~、マウスピース型装置を用いた矯正/45万円+リテーナー2万円~、セルフホワイトニング/6000円、オンライン診療/初診料:1100円

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access