全国のドクター8,873人の想いを取材
クリニック・病院 161,496件の情報を掲載(2020年1月25日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 渋谷区
  4. 初台駅
  5. 初台GT歯科
  6. 玉澤 学 院長

玉澤 学 院長の独自取材記事

初台GT歯科

(渋谷区/初台駅)

最終更新日:2019/08/28

21726 %e5%88%9d%e5%8f%b0gt%e6%ad%af%e7%a7%91

初台駅南口から歩いて3分の商店街通り沿い。「初台GT歯科」の開放的なガラス扉からは、シックで洗練されたインテリアが見える。ホテルのような居心地の良さを感じさせる同院は、地域密着型のクリニックとしてさまざまな世代に慕われており、一般歯科から外科治療、歯周病治療、先進的な歯周組織の再生療法まで幅広く対応している。玉澤学院長は口腔外科を専門的に学び、国内はもちろん海外でも数多くの研修に参加。培ってきた技術を駆使し「歯を残す治療」に積極的に取り組んでおり、地域のかかりつけ医として患者の悩みに寄り添っている。「虫歯にならない口内環境づくりをサポートしたい」という玉澤院長に、クリニックの特徴や得意とする治療について聞いた。
(再取材日2018年8月28日)

地域住民の喜ぶ姿が仕事のやりがいに

どのような患者さんが来院されますか?

1

こちらの地域は都心ならではの華やかさがありつつ、商店街や住宅街があり下町の風情も残っているところなので、患者さんも近隣にお住まいの方が来てくださり、お子さんからお年寄りまでご家族全員を診ているような感じです。当院は地域密着のスタイルをとっており、初診時から術後の経過まで包括的な診療を受けられるのが特徴です。また開業当初から予防歯科に注力してきましたので、最近では歯の検診やメンテナンスに関心を持つ方が増えたように思います。地域のイベントに参加したり子どもたちに職業体験をしてもらったりと、患者さんと密に関わることも多いですね。寝たきりだった患者さんが歯を治療して好きなものを食べられるようになり、元気になられてわざわざお礼を言いに来てくださったことも。そんな人情味ある地域で診療をさせていただきとてもやりがいを感じています。

歯科医師をめざされたきっかけは?

実家が歯科医院で、地域医療の現場が身近にあったことが大きいですね。小さい頃から患者さんの笑顔や歯科医師として父が感謝されている姿をそばで見てきましたから、進路を決める時は迷わず歯科医師の道を選びました。もともと人に喜ばれることが好きだったので、この仕事は僕に合っていたと思います。地域の方が気軽に相談できるかかりつけ医をめざして開業してからは、仕事がいっそう楽しくなりました。これだけ歯科医院が多い中で当院を選んで来てくださるわけですから、気持ち良く診察を受けていただけるよう内装やインテリアにもこだわりました。待合室や通路、診療スペースを広くしたり、アロマの香りを漂わせたり、3Dアート作品を展示したりして、サロンのようなイメージを演出しています。患者さんからも好評なんですよ。

日々の診療で心がけていることを教えてください。

2

何より、患者さんご自身が納得できる結果を残したいと思っています。ですから患者さんのご要望をしっかりと受け止められるよう、円滑なコミュニケーションを心がけています。具体的には、アニメーションを使ってわかりやすく説明し、治療内容をよく理解していただいた上で同意をいただく「インフォームドコンセント」や、こちらから治療法の選択肢をいくつかご提案し、その中から選んでいただく「インフォームドチョイス」を採用しています。また、歯科医院が苦手な方も多いので、治療時の痛みや恐怖心にも配慮を怠らないようにしています。当院では痛みに配慮して電動麻酔器や笑気麻酔、レーザー治療器を用いながら、患者さんの心身的な負担を最小限に抑えることに力を注いでいます。

海外研修の経験を生かし、予防歯科にも注力

診療機器の特徴について教えてください。

3

歯科用CTとマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を両方そろえているので、より早く、適切に検査や診断をすることが可能になりました。CTは従来の拡大鏡よりも高倍率で、3Dで病巣を確認できるため状態をはっきりと把握できます。併せてマイクロスコープを使うとより精度の高い治療をめざすことができ、感染防止にも役立つため、結果的に治癒率の向上や再発防止につながると考えています。治療期間も短くて済むので患者さんにとってのメリットも大きいでしょう。また口腔内カメラで患者さんの口の中を撮影し、治療前後やオペ中の様子をお見せしながらわかりやすく説明するようにしています。そうすることで患者さんのモチベーションアップや予防・メンテナンスへの意識向上にも役立っています。

これまでに海外で学んだ経験もあると伺いました。

2年間、インプラント研究で知られる専門家が集まる米国ニューヨーク大学インプラント科CDEプログラムに参加し、論文の提出や症例のプレゼンテーションを行いました。さすが先進の医療現場だけあって、インプラントをはじめ歯科治療についての知識や技術を総括的に見直す貴重な経験になったと思います。その後もルーマニア国立ブカレスト大学医学部のインプラント科の講習に参加し、上顎洞に対してのサイナスリフト(骨移植)手術を行いました。先ほどお話しした「インフォームドチョイス」を実践する上でも、こうした先進的な技術の習得は不可欠だと考えています。

予防歯科にも注力されているそうですね。

4

以前に比べて虫歯の方は減ったものの、歯周病の患者さんは増え続けています。歯を失う最大の原因とも言えるのに、厄介なことに初期段階ではほとんど自覚症状がなく、気づいた時には重症化していることも少なくないんです。ですから予防や再発防止が非常に重要で、毎日の正しいブラッシングや定期検診が鍵となります。当院ではまず唾液検査で菌の量やpHを調べ、口内になるべく汚れがたまらない状態にもっていきます。また詰め物の有無や歯並びによって適したブラシの種類やブラッシング法が違うので、歯科衛生士とともに個々人に応じて正しいケア法を指導しています。「通院して終わり」ではなく、ご自身でもケアできるようになればより歯の健康を保ちやすくなりますから、ぜひホームケアの仕方を知ってほしいですね。

虫歯にならない口腔環境づくりを進める

先生が得意とされる再生療法についてお聞かせください。

5

歯周組織再生療法の最大のメリットは、骨の形成を促すことによって歯を抜かずに済む方向へ導けることです。「抜く」という選択を押しつけるのではなく、「歯を残すために骨を作る」ことも選べるのは患者さんにとってうれしいことですよね。例えば当院では、歯茎を切開して悪い部分を取り除き、ゲル状の薬剤を注入するGBR法(骨再生誘導法)などを取り入れています。以前は骨が足りずにできなかったインプラント手術も可能になりますし、より健康的で美しい仕上がりが期待できます。実際に「歯を抜かなければならない」と言われた患者さんがセカンドオピニオンを求めて来られることもありますから、興味のある方はぜひご相談いただければと思います。

高齢者の歯のケアについてはいかがですか?

高齢の方は骨が痩せて歯茎が下がり、歯周病にもなりやすいので、当院では歯茎の環境を整えるところから治療を始めています。よく歯を抜きっぱなしにして入れ歯を入れない方がいらっしゃいますが、しっかり噛めなくなると唾液が出にくくなり、ばい菌が口内にたまって病気になりやすくなるので注意してください。また合わない入れ歯で味覚がさえぎられていたり、噛む力が弱っていたりする方も多いです。噛む力はトレーニングで回復をめざすことができ、筋肉がつくと入れ歯が折れるくらいまで強く噛めるようになることもありますから、諦めないでケアしてほしいですね。

先生のリフレッシュ法を教えてください。

昔からマリンスポーツが好きなので、時間があれば海に行きますね。歯科医師仲間と釣りなどを楽しむこともあります。今は仕事で海外に行くことが多いのですが、旅行は趣味でもあるので合間には必ず、町を散策して現地の風にあたるようにしています。きれいな景色を見ておいしいものを食べてリフレッシュしたら、緊張が和らいで再び仕事に集中できます。公私にメリハリを利かせることも良い診療につながると考えています。

今後の展望を教えてください。

6

より満足度の高い歯科診療を提供するため、学会や海外研修などに積極的に参加し、新しい情報や技術の習得に努めたいと思っています。とはいえ、当院の基本は一般歯科の治療です。しっかり予防し、歯を悪くしないことが何より大切で、患者さんご自身にもセルフケアの意識を持っていただくことが肝心だと思っています。天然歯は「一生もの」です。地域のかかりつけ医として、今後も患者さんと一緒になって虫歯にならない口内環境づくりをしていきます。

自由診療費用の目安

自由診療とは

唾液検査/3,000円~

Access