全国のドクター9,072人の想いを取材
クリニック・病院 159,053件の情報を掲載(2024年3月01日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 名古屋市天白区
  4. 塩釜口駅
  5. 元八事みみはなのどクリニック
  6. 三好 正人 院長

三好 正人 院長の独自取材記事

元八事みみはなのどクリニック

(名古屋市天白区/塩釜口駅)

最終更新日:2023/12/25

三好正人院長 元八事みみはなのどクリニック main

名古屋市営地下鉄鶴舞線塩釜口駅から徒歩3分ほどの好立地。「元八事みみはなのどクリニック」は、内科やドラッグストアもあるメディカルモール内で、2023年10月に開院した。院長の三好正人先生は、名古屋掖済会病院で耳鼻咽喉科の主任部長として、14年間勤務してきた経験豊富なドクターだ。原因や疾患の特定に努め、しっかりアプローチすることをモットーとする。そのために、耳鼻咽喉科用CTや約30分でアレルギー検査の検査結果が出るシステムも導入し、患者の通院回数を減らすなど、可能な限り早い症状の改善をめざしている。「患者さんは最後まで自分で診たい」と笑顔で語る三好院長に、めざすクリニックの姿や診療について、幅広く聞いた。

(取材日2023年11月21日)

駅から徒歩3分、通いやすい耳鼻咽喉科のクリニックに

医師をめざしたきっかけをお聞かせください。

三好正人院長 元八事みみはなのどクリニック1

実は、子どもの頃に蓄膿症で悩んだ経験があり、耳管機能も弱く、聞こえにくくてつらい思いをしてきました。聞こえにくさや蓄膿症の大変さは人に伝わらなくてつらいことが多いんです。その頃から、どうして自分は聞こえにくいのかと悩み、とても困っていたので、耳鼻咽喉科の医師になろうと決めていました。実際、耳鼻咽喉科の医師になってからも、細かい治療や処置も私の性格に合っていますし、外来で手術を行える点も好きです。昔は、手術で失敗するのではないかと考えて、プレッシャーを感じたり緊張したりしていましたが、経験を重ねて手術することが好きになりました。名古屋掖済会病院では耳鼻咽喉科の主任部長を14年間にわたり務めていたので、副鼻腔炎や滲出性中耳炎、喉頭がんの手術を多く経験しました。

なぜこのエリアで開業されたのでしょうか?

塩釜口駅の近くにあった耳鼻咽喉科が閉院したので、困っている方が多いかもしれないと思い、このエリアを選びました。この辺りは住宅も多く、地下鉄沿いという点も良いですね。当クリニックが入っているこのテナントは築4年ほどです。たまたま空きテナントがあって、内科や歯科のクリニックや調剤薬局、ドラッグストアも入っていますし、駐車場もあるので、ここに決めました。内科の先生は大学の先輩で連携が取りやすく、歯科の先生とも親交があり、今では度々食事に行くほどです。院内の設計も自由にできたので、隔離室をつくって、感染症の可能性がある方とそうでない方の動線を分けることを意識しました。

どのような患者さんが多いのでしょうか。

三好正人院長 元八事みみはなのどクリニック2

患者さんは20~30代が中心で、発熱やアレルギー症状で来院する方が多いですね。もっと高齢の方が多いかなと思っていたので、正直驚いています。耳鼻咽喉科用CTがあることやアレルギー検査ができることをホームページで見て来てくれる方や、ご近所の方が大半です。アレルギーなどお悩みによっては長く通うことになる方もいるかと思いますので、地域の方々とは良い関係を築いていきたいですね。地域の皆さんに「近くにあって良かった」と言われるクリニックになっていけたらと思います。駅が近くて通いやすいと思いますので、これからもさまざまな方に通ってもらえるように試行錯誤していきたいです。

専用CTなどを駆使し適切な検査・治療の提供を

これからどんなクリニックにしていきたいですか?

三好正人院長 元八事みみはなのどクリニック3

地域のニーズに合う形にしていきたいですね。想定していたよりも若い患者さんが多かったので、まずは患者さんの通院回数を減らせるようにすることが課題でしょうか。そのためにも、必要な検査をし、原因を見極めてから治療に取り組みたいです。例えば、副鼻腔炎が疑われる場合もきちんとCTを撮って確かめてから、患者さんに現状を説明して、それに見合った治療をしていきます。花粉症か風邪かわからない場合、症状に合った薬を出すことが多いのですが、当院では検査して原因を明らかにすることに努め、患者さんも納得した上で治療を進めていきます。「この疾患かもしれない」という憶測で治療をして、治りきらずにまた通院、となるよりは、原因を突き止めてしっかり治療するほうが良いのではないでしょうか。原因を明らかにしてからきちんと説明し、治療を進めるほうが患者さんとの信頼関係も築きやすいのではないかと考えています。

クリニックの強みや特徴を教えてください。

やはり適切な診断と治療ですね。そのためにさまざまな検査機器を取りそろえています、中でも耳鼻咽喉科用のCTは、副鼻腔炎や内耳の疾患の検査にも役立ちます。診察室のスクリーンと連動しているので、検査が終わってから5分もあれば、患者さんと撮った画像を見ながらお話しできます。あと、アレルギーの血液検査ができるシステムも特徴といえるのではないでしょうか。指先に小さい針を指して採血をするだけなので、採血が苦手な方にも向いていて、検査結果が30分程度で出ることもメリットだと思います。従来のアレルギー検査は結果が出るまでに1週間くらいかかっていました。当日中に検査結果が出れば、患者さんの今後の通院回数も少なくて済みますしね。

注力していきたい治療はありますか?

三好正人院長 元八事みみはなのどクリニック4

子どもの舌下免疫療法ですね。舌下免疫療法なら子どもさんのアレルギーの多くを占めるスギ花粉やダニアレルギーの根治をめざせるので、お子さんにアレルギーがあるなら、治療すると良いでしょう。スギ花粉のアレルギーがあると、中学受験や高校受験の時期とかぶってしまいます。アレルギーのせいで実力が発揮できなかったということを避けてあげたいので、小さい頃から治療することもお勧めしています。最初は1週間に1回ですが、月に1回通うだけで良いので、比較的続けるのが簡単な治療ではないでしょうか。あと、手術にも注力していきたいですね。以前勤めていた名古屋掖済会病院で手術の枠を確保しているので、これから木曜日に手術も行いたいと思っています。紹介して他の先生に手術してもらうより、患者さんも同じ医師が担当したほうが安心できるのではないでしょうか。

患者の希望を聞き、治療の説明は丁寧に

スタッフはどのような方々でしょうか?

三好正人院長 元八事みみはなのどクリニック5

看護師2人、看護助手が2人います。看護師は経験豊富で優秀な方で、1人は総合病院で勤務していた方ですね。スタッフは明るくて、手話ができる方が多いです。採血と点滴、検査は看護師に任せて、診療室での私のサポートを看護助手にしてもらっていて、かなり効率的に回せています。子どもの患者さんも3~4割くらいいるので、診療のサポートにとても助けられています。経験者が多く、特にこちらから指示を出すことはありませんが、あいさつと申し送りの際にはお互い声をかけあおうと決めています。朝礼も毎朝10分程度行って、始業のあいさつと業務の改善点などを話し合っています。

大切にしている診療のモットーはありますか?

適切で迅速な診断と患者さんの考え方に合致した治療を行うことです。例えば、患者さんによってはなるべく手術はせずに投薬で治療をしたいという考え方の方もいれば、手術で早く治したいという方もいるでしょう。勤務医時代に、手術が必要で紹介状を持ってきた患者さんの話を聞いていたら、手術を希望していなかった方や、紹介された理由を理解していない方がいらっしゃいました。そういった経験からも、患者さんの希望をしっかり聞いて、その方の考え方に合致した治療を行うこと、症状と治療に関する説明をしっかりすることも大切にしています。

最後に読者の方へメッセージをお願いします。

三好正人院長 元八事みみはなのどクリニック6

当クリニックは駅からも近く、駐車場もあって通いやすいと思います。クリニックとなると緊張してしまう方もいるかと思いますが、リラックスをして気軽に相談する気持ちで来院してもらえたらうれしいです。例えば、耳がかゆい・痛い場合、「こんなことで受診して良いのかな」と思うかもしれませんが、躊躇せずにお越しください。当クリニックでは、さまざまな検査機器を取りそろえています。原因を見極めてしっかり治療をしていきますので、お困りの方は一度ご相談くださいね。

Access