全国のドクター9,257人の想いを取材
クリニック・病院 158,643件の情報を掲載(2024年4月23日現在)

  1. TOP
  2. 広島県
  3. 広島市中区
  4. 本通駅
  5. 紙屋町やなせ皮ふ科クリニック
  6. 皮膚科専門の医師による診療先端機器を駆使し適切な治療を

皮膚科専門の医師による診療
先端機器を駆使し適切な治療を

紙屋町やなせ皮ふ科クリニック

(広島市中区/本通駅)

最終更新日:2023/07/31

紙屋町やなせ皮ふ科クリニック 皮膚科専門の医師による診療 先端機器を駆使し適切な治療を 紙屋町やなせ皮ふ科クリニック 皮膚科専門の医師による診療 先端機器を駆使し適切な治療を
  • 保険診療
  • 自由診療

さまざまな肌のトラブルに悩む人は少なくない。肌荒れ、ニキビ、ほくろ、年齢を重ねるにつれて避けては通れなくなる、しみやしわなどの悩み。「若い頃の肌に戻りたい」「ほくろやイボが増えた気がする」という人も少なくないのではないだろうか。「紙屋町やなせ皮ふ科クリニック」の柳瀬哲至院長は、皮膚科専門の医師として20年以上の実績を持つ経験豊富なドクター。一般皮膚科のほか、美容皮膚科にも力を注いでいる。今回、皮膚科や美容皮膚科の診療の種類、クリニックを選ぶ際のポイントなどについて詳しく聞いた。

(取材日2023年7月6日)

豊富な経験と知識を糧に、さまざまな肌の悩みに応えていく

Qこちらのクリニックではどのような相談が多いですか?
A
紙屋町やなせ皮ふ科クリニック 日本皮膚科学会皮膚科専門医の柳瀬哲至院長

▲日本皮膚科学会皮膚科専門医の柳瀬哲至院長

湿疹や、かぶれ、あざ、アトピー性皮膚炎、乾癬、ニキビやニキビ痕、しみ、老人性色素斑、そばかす、肝斑に関するご相談が多いですね。あざは、太田母斑、異所性蒙古斑、扁平母斑、外傷性色素沈着によるものと診断された場合には、レーザー治療も保険適用になります。酒さなどの赤ら顔のご相談もありますね。ほくろは、一見普通のほくろのようでも、皮膚がんの可能性もありますので、気になる場合は医療機関を受診して調べてもらいましょう。

Q一般皮膚科と美容皮膚科の違いを教えてください。
A
紙屋町やなせ皮ふ科クリニック 多岐にわたる患者の悩みや要望に応えられるよう幅広く対応

▲多岐にわたる患者の悩みや要望に応えられるよう幅広く対応

一番の違いは、保険適用になるかどうかですね。美容皮膚科は自由診療で10割負担ですから、患者さんの目は保険診療よりシビアかもしれません。一般皮膚科は病気と診断した上で治療を行うものですが、美容皮膚科は患者さんご本人の美意識や「もっときれいになりたい」という希望に沿って処置をします。ですが、「肌をきれいにする」という目的は一貫して通じるものですので、一般皮膚科の延長線上にあるものが美容皮膚科とも言えるでしょう。また、適切な言葉かはわかりませんが、美容皮膚科の診療はアートに近いのではないかと考えています。施術者の経験や知識、センスによって結果が大きく変わってくるものだと考えています。

Qこちらの美容皮膚科の特徴をお聞かせください。
A
紙屋町やなせ皮ふ科クリニック それぞれの原因や種類を見極めた上で、施術を行う

▲それぞれの原因や種類を見極めた上で、施術を行う

皮膚科専門の医師によるオーダーメイドの施術を提供していることですね。当院ではさまざまなレーザー機器を導入していますが、患者さんの肌の色やしみのタイプなど“肌質”を見極め、適したレーザーを提案しています。しみのタイプによっては、レーザーは使わず、別の方法を提案することもありますよ。皮膚科専門の医師として20年以上も患者さんの肌を見続けてきましたので、科学的根拠と経験に基づいて進めていきたいですね。

Qこちらで導入しているレーザーについて教えてください。
A
紙屋町やなせ皮ふ科クリニック 患者の肌に関する悩みに真摯に向き合ってくれる

▲患者の肌に関する悩みに真摯に向き合ってくれる

レーザーは、しみ、あざ、ほくろのケア、脱毛に使用しています。これによって肌のきれいな状態をめざすことで、自信を取り戻すきっかけになればうれしいですね。肌がきれいになると気持ちも前向きになるでしょうし、日々の活力にもつながるのかなと思います。診療の流れは、診察、施術確認、写真撮影を行い、施術に入ります。施術は数分、長くても10分で終わります。痛みを伴う施術には麻酔を行っています。また、施術後は、主にテープを貼ったまま日常生活を送れますし、日焼け止めなど肌ケアについてのアドバイスもしっかり行っています。

Q先進の機器を複数導入していると伺いました。
A
紙屋町やなせ皮ふ科クリニック さまざまな患者からのニーズに答えるメニューを用意している

▲さまざまな患者からのニーズに答えるメニューを用意している

特に肌への負担が少ないレーザーを使用しているのが特徴です。レーザーはメスを使うわけではありませんから、出血しにくいというメリットもありますね。また、アトピー性皮膚炎などに用いる紫外線治療では、全身型ナローバンドUVB、エキシマライトも導入しています。なお、当院では初診時に肌画像カウンセリングシステムを用いて肌質を確認しています。

ドクターからのメッセージ

柳瀬 哲至院長

レーザーというと怖いとか、痛そうというイメージを持っていたり、美容皮膚科というと「お金がかかりそう」と不安があったりする方もいるかもしれません。しかし、当院では豊富な経験と知識に基づき、なるべく費用を抑えて適切な治療を提供したいと考えています。患者さんの「もっときれいな肌になりたい」という思いに応えていくために、気軽に診療を受けられる体制を整えています。患者さん一人ひとりのご要望やニーズにしっかり応えていきたいと思いますので、どうぞお気軽にご相談ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

しみのレーザー施術(5mm)/1ショット1000円〜、ほくろのレーザー施術(3mm)/3000円~、脱毛/5000円~、しわ/1万8000円~

Access