求人情報ON
横山医院

横山医院

横山 正院長、横山 太郎先生、横山 新一郎先生
頼れるドクター掲載中

20353 %e6%a8%aa%e5%b1%b1%e5%8c%bb%e9%99%a2

相鉄線星川駅から徒歩約7分。「横山医院」は国道16号線沿いの住宅街の一角で、60年以上も地域患者の健康を守り続けてきた。2017年4月より院長を務める横山正先生に加え、2018年4月から兄の横山太郎先生の診療も本格化。父であり、先代院長の横山新一郎先生が担当する内科、小児科に加え、整形外科、リハビリテーション科、リウマチ科、緩和ケア科と同院の専門領域はさらに拡充。3人の医師で協力し診療に取り組む院内の雰囲気は、まさにアットホーム。予防から在宅医療まで患者の一生と向き合い、地域全体で医療と福祉を支える体制づくりに貢献したいという同院の考え、将来の展望などを聞いた。(取材日2017年12月25日/再取材日2018年12月6日)

安心して暮らせる地域をめざし医療を提供

―60年以上、この地で診療されているそうですね。

【横山院長】祖父が1953年に開院した医院を父が引き継ぎ、私で3代目になりました。私は以前は総合病院の整形外科に勤めながら、ここで週1回外来や訪問診療を担当していました。2017年からは院長として本格的に整形外科を診ています。弟夫婦を中心に理学療法士も常勤4人と非常に充実し、リハビリでも大きな相乗効果が生まれています。
【太郎先生】私は大学病院の腫瘍内科、横浜市内の病院の緩和ケア内科で計10年ほど経験を積み、2018年から当院に戻りました。患者さんの体の痛みを緩和するのはもちろん、お悩みやご不安など精神的な面もサポートしていくのが目標です。
【新一郎先生】当院は私が診る内科と小児科に、整形外科とリハビリ科、緩和ケア科が加わって地域のニーズにさらに幅広く応えられます。それぞれが専門性を発揮しながら、身内だからこそのチームワークで医療が提供できるのも強みになるでしょう。

―それぞれの先生の専門などをお聞かせください。

【新一郎先生】専門は血液内科ですが、幅広く診療すると同時に、認知症の方のサポート・治療にも尽力してます。小児の診療では、当院をお子さんのかかりつけ医にしていただく「小児かかりつけ医制度」を実施し、24時間診療対応など、手厚い医療を提供できる体制を整えました。親子や家族で当院を頼っていただけたらうれしいです。
【横山院長】小児で多いのは肘が外れると言われ受診する“肘内障”。当院では、診療の際に、エックス線被ばくの心配のない超音波診断装置を使用しています。また青年層で多い外傷や骨折・捻挫・切り傷等の治療や、高齢の方なら骨粗しょう症を原因とする圧迫骨折のほか、変形性ひざ関節症、脊柱管狭窄症等も多く診ています。小児から高齢者まで幅広く診療し、その中で手術が必要か薬や運動療法などで対応できるかをしっかり見極め、ご本人の希望も聞きながら治療することが開業医の務めと考えています。

―太郎先生はどんな診療を担当されるのですか?

【太郎先生】当院は在宅医療にも力を入れており、例えばがんの患者さんでもご自宅で穏やかに療養していただけるよう、緩和ケアのご提供が中心となります。がんという病気やその治療から感じる苦痛も8割が薬などで対処できると考えられ、QOL(生活の質)を保ったまま、最期まで地域の中で暮らすことは十分可能と考えています。一方でがんによる精神的な苦悩を抱える患者さんも多く、そうした方には心理的なケアでしっかりと寄り添えるよう努力を続けていきたいです。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Syonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細