全国のドクター9,605人の想いを取材
クリニック・病院 160,682件の情報を掲載(2022年12月05日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 墨田区
  4. 錦糸町駅
  5. 錦糸町皮膚科内科クリニック
  6. 皮膚科、内科の幅広い不調に対応トータルケアで健康をサポート

皮膚科、内科の幅広い不調に対応
トータルケアで健康をサポート

錦糸町皮膚科内科クリニック

(墨田区/錦糸町駅)

最終更新日:2022/08/30

Main Main
  • 自由診療

皮膚のかゆみや痛み、しびれ、発疹など、誰もが自覚しやすい肌の症状は、皮膚科の領域にとどまらず、内科など全身疾患のサインになることも少なくない。錦糸町駅南口の「錦糸町皮膚科内科クリニック」は、ニキビやアトピー性皮膚炎といった典型的な皮膚科疾患はもちろん、皮膚症状を伴うような内科的疾患の治療などにも幅広く対応。皮膚科を入口にトータルケアを提供することで、地域の乳幼児から高齢者まで幅広い患者の健康を多角的にサポートしている。勤務医時代から皮膚科、内科、アレルギー科、ペイン領域など身近な不調の診療を数多く手がけ、プライマリケアに精通している田尻友恵院長に、同院が取り組むトータルケアの詳細についてじっくり聞いた。

(取材日2022年8月17日)

隠れた内科疾患も見逃さず、根本原因にアプローチすることをめざす。豊富な治療の選択肢を用意

Qこちらで手がけるトータルケアとはどのようなものですか?
A
1

▲診察室2つと処置室を用意

当院は皮膚科をメインに診療を行っていますが、皮膚科は実は内科とも密接に関連している診療科なんです。肌荒れにしても、単純に皮膚だけの問題ではなく、便秘症が原因になっているケースもありますし、アレルギーでは発疹などの皮膚症状に伴って全身症状が現れるケースもあります。当院では皮膚の診療はもちろんのこと、隠れた内科的疾患なども見逃さずに根本原因にアプローチして、身近な不調にお悩みの患者さんの健康をトータルでサポートしていくことを目標にしています。

Q皮膚科ではどのような疾患を多く診療していますか?
A
2

▲充実の機器をそろえる処置室

ニキビやアトピー性皮膚炎の治療で来院される方が多いほか、帯状疱疹、虫刺され、湿疹、じんましん、イボ、AGA(男性型脱毛症)など、幅広く診療しています。夏は特に、多汗症のご相談も多いですね。患部をしっかり見て、しっかり触って適切な診断を行うことはもちろん、治療の経過を随時撮影して画像に残し、それらを比較検討することで治療の経過を見極めています。アトピー性皮膚炎など難治性の皮膚疾患に対しては紫外線照射装置を用いるなど、治療の幅広い選択肢を用意しています。

Q内科領域ではどのような疾患に対応していますか?
A
3

▲トータルケアを行うクリニック

一般的な風邪症状はもちろんのこと、糖尿病、高血圧症、脂質異常症、高尿酸血症など生活習慣病のフォローも行っていますので、内科の不調もぜひ気軽にご相談いただきたいですね。新型コロナウイルス感染症の拡大以降、咳や発熱、喉の痛みなど風邪症状も慎重に取り扱う必要があります。当院ではアクリル板や空気清浄機の設置、院内の頻回な消毒などに加え、風邪症状のある方については速やかに別室に移動していただいて、来院から会計に至るまで空間隔離を徹底しています。身近なかかりつけ医として、ご家族で安心してご利用いただければと思います。

Qペイン領域にもご対応いただけるのですね。
A
4

▲清潔感のある院内

ペインもまた、皮膚科と密接な関わりのある領域です。例えば帯状疱疹の場合、診断や投薬が遅れてしまうと、帯状疱疹自体が治っても神経痛が残ってしまい、神経系の痛みに特化した内服薬を年単位で服用し続けるような患者さんもいらっしゃいます。帯状疱疹の典型的な症状である水ぶくれのような疱疹が現れない「無疱疹性帯状疱疹」の場合は特に誤診が多く、神経痛が残ってしまうリスクが高くなりますので注意が必要です。内科領域では頭痛のお悩みにも対応しています。また、体の局所的な痛みについては神経ブロック療法も取り扱っています。

Qアレルギーの治療にも積極的に取り組まれていますね。
A
20220824 5

▲患者への説明も丁寧に行う

アトピー性皮膚炎もアレルギーの1つですし、じんましんやアナフィラキシーの治療にも対応しています。スギ花粉症やダニのアレルギーに対する舌下免疫療法も手がけていますので、ご興味があればぜひご相談ください。アレルギー症状は、なかなかすっきり治らないことに悩んだ患者さんがあちこちのクリニックを受診する「ドクターショッピング」の傾向が特に顕著な領域です。当院にもセカンドオピニオンを求めて来院される患者さんがいらっしゃいます。これまでの治療の経緯を踏まえて、必要に応じてより適切な治療法を探ってご提案したいと思っていますので、その際には必ずお薬手帳をご持参ください。

ドクターからのメッセージ

田尻 友恵院長

「かゆみがあったら皮膚科へ」という認識は多くの方がお持ちだと思いますが、痛みやしびれ、腫れとなると、皮膚科でいいのか神経内科なのか、整形外科なのか、訪ねるべき診療科の判断に迷われるケースも多いでしょう。当院は内科、ペイン、アレルギー科の領域に対応したプライマリケアを行っていますので、何科に行けばいいかわからないといった場合にも、ぜひ最初の窓口としてお気軽にご相談ください。一般皮膚科の延長で「そういえばしみやほくろが気になる」といった美容皮膚科の相談にも幅広く対応しています。年齢性別を問わず、近隣にお住まいの多くの方の手助けになれることを願っています。

自由診療費用の目安

自由診療とは

AGA治療/5500円~

Access