もりの緑メンタルクリニック

もりの緑メンタルクリニック

加藤 邦夫院長
頼れるドクター掲載中

20274 df 1 main 1446081082

たまプラーザ駅から徒歩2分。医療モール「メディカルモールたまプラーザ」地下1階にある「もりの緑メンタルクリニック」。訪れた患者の心をリラックスさせてくれるグリーンで彩られた院内は、開放的でありながらも窓やドアの材質すべてにこだわり、患者のプライバシーに配慮した工夫が随所に施されている。加藤邦夫院長は高知大学教授をはじめ、米国の名門イェール大学でも研究に携わったキャリアの持ち主。診察室に置かれたギターを「たまに弾いています」とはにかんだ笑顔で答える、人間味あふれるドクター。同院には、若い世代から中高年まで、世代を問わず多くの患者が院長を頼って訪れるという。取材では、うつ病の傾向や社会問題でもある認知症について、また予防や対策などを聞いた。
(取材日2018年7月5日)

認知症のリスクを診断し予防に生かす

―どのような症状を訴える患者さんが多いですか?

開院当初からうつ病の患者さんは増え続けています。最近は中高年層に加え、若い患者さんも少なくありません。またそれに加え、睡眠時無呼吸症候群や不眠症を併発することもあります。そのほかには、認知症の方も増えていて、ご家族が相談にみえることも多いですね。また当院では軽い統合失調症の患者さんも受診されます。統合失調症の場合は、病状が顕著に表面に出てくる少なくとも数年前から徴候があるので、早い段階で見つけて治療していくことが大事です。

―認知症には有効な治療があるのでしょうか?

症状が軽い段階で診断できれば、日常生活の工夫などで食い止めたり、抑止できる可能性があります。しかしそのためには認知症の「型(タイプ)」を正確に知ることが重要です。アルツハイマー型、レビー小体型、前頭側頭型など、「認知症」といってもさまざまな型があります。型に合っていない治療をしていても、効果が期待できませんからね。認知症は、本人だけでなくご家族にも負担になるもの。軽度のうちにリスクを知ることは、自分にとってもご家族や周りの方にとってもいいことです。認知症予防でいわゆる“脳トレ”をされる方もいますが、それでしたら散歩など軽い運動をお勧めします。心と体はつながっていますから、心身ともに健康でいることをめざしてください。

―認知症の検査にはどのようなものがありますか?

脳萎縮を見るMRI検査や、心理士による認知機能検査を行っています。認知症予備軍の状態での進行程度がわかるので、現在明らかな認知症でなくても、物忘れが目立ったり、身近な家族に認知症にかかった人がいるなど、将来認知症になる可能性が気になる方にも受けてもらいたい検査です。当院で行っている検査は、半日ほどで終了できるようプログラムを組んでいますので、忙しい方も気軽にお問合せください。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Syonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細