全国のドクター9,605人の想いを取材
クリニック・病院 160,682件の情報を掲載(2022年12月05日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 横浜市青葉区
  4. 青葉台駅
  5. 青葉台ファースト歯科
  6. 飯田 琢朗 院長

飯田 琢朗 院長の独自取材記事

青葉台ファースト歯科

(横浜市青葉区/青葉台駅)

最終更新日:2022/07/11

202108 top

青葉台駅北口から徒歩約1分にあるビルの4階と通院に便利な場所に、2022年5月オープンしたのが「青葉台ファースト歯科」だ。高級な美容室のような洗練された院内の雰囲気が印象的な同院。飯田琢朗院長は、これまで同院の本院となる新百合山手ファースト歯科で6年にわたって研鑽を積んだのち開院。同院でも、その豊富な知識や経験、技術などを生かしながら、虫歯や歯周病などの治療から矯正、インプラント、セラミック治療などまで幅広く、10〜20年後を見据えた診療をすることをめざしている。「温かみのある歯科医院であることを大切にしています」と気さくな口調で話す飯田院長に、同院のことや地域の歯科診療にかける意気込みなどを聞いた。

(取材日2022年6月2日)

患者の期待を超えるようなサービスの提供をめざす

こちらの歯科医院の概要についてお聞かせください。

1

当院は、新百合ヶ丘にある新百合山手ファースト歯科の分院という形で、2022年5月1日に開院しました。診療としては、虫歯や歯周病などの歯科一般から矯正歯科、セラミック治療、根管治療、インプラント治療、入れ歯などまで幅広く対応しています。そして、私がとても大事にしているのが、温かみのある歯科医院であるということ。仮に、私がどんなに歯科治療が得意で、神の手と呼ばれるような歯科医師であったとしても、患者さんに対して横柄な態度をとっていると誰も来てくれなくなります。大前提として、人としての礼儀があり、その上で温かい対応ができる。来てくれた患者さんの期待を超えるようなサービスを提供したいですし、それができる歯科医院にしていきたいと思っています。

設備などこだわっていることはありますか?

設備としては、デジタルエックス線とCTの撮影機やマイクロスコープ、デジタル口腔内スキャナー、院内でセラミックのかぶせ物などが作製できるミリングマシンをはじめ、必要なものはすべてそろえています。その中でも私がこだわったものの一つは、写真撮影ブースを作ったこと。患者さんのお顔写真を診断に利用します。また、カウンセリングルームの机も、手前の部分が角ではなく丸くしてもらったのもこだわったことの一つです。さらに、奥にはインプラントの手術もできる個室の診察室があって、そこでもカウンセリングができるようパソコンやテーブルを置いていますし、ほかの診察スペースもベビーカーなどが一緒に入れるよう広くしてあります。あと、待合室ではゆっくりしていただけるようにスマートフォンなどの充電もできるようにしてあり、水のほかにお茶やコーヒーなどが飲めるドリンクサーバーも用意して、月によって飲み物を変えるようにしています。

これまでのところ、どのような患者さんが訪れていますか?

2

小さなお子さんから高齢の方まで、さまざまな患者さんに来ていただいています。その中で感じるのは、悩みを持っている方が多いことです。話を聞くと、どうも治療がうまくいかないというよりは、納得するような説明があまりされず、前回の治療時に、担当者と意思疎通ができずにうちに来たという方が少なくありません。一つ一つの治療の説明はしっかりとしているのかもしれませんが、最初に「こことここに虫歯があるので、こういう治療をして、それには何回かかって、セラミックの詰め物をするなら費用はこれくらい」など、全体的な話をされてこなかったと思います。当院では、最初に全体的な見通しについてしっかり話すようにしています。またカルテとは別に伝達表を作って、そこには患者さんに関することなど詳細を記入し、スタッフ全員で共有しています。担当医、担当衛生士がつき、患者さん一人ひとりに合わせて、患者さんに寄り添えるよう取り組んでいます。

患者が10年後、20年後に幸せでいることを大切に

力を入れていることは何ですか?

3

まずは、マウスピース型装置による矯正です。従来のワイヤーブラケットによる矯正と違って装置が透明ですので、矯正をしていることが周りからわかりにくいことや、装置が取り外せて歯磨きがしっかりできるので虫歯になりにくい、矯正中の痛みも少ないなどのメリットがあります。そういったメリットについてお話しすると、矯正に興味がなかった方でも皆さん驚かれますね。当院では、先進のデジタル口腔内スキャナーを導入しており、そのデータをもとにAIが自動で矯正後の歯並びを画像化してくれる機能があります。患者さんにはそれを見てもらってから、実際に矯正をするかを判断していただけます。また、見た目の歯並びをきれいにすることはもちろん、噛み合わせなども考えてゴールを設定することを大切にしています。それは、矯正が専門ではなく、虫歯や歯周病の治療をはじめいろいろな治療をする一般開業医だからこそできることだと思っています。

ほかに力を入れていることはありますか?

インプラントを使用した治療については数多く経験してきたと思いますし、例えば、即日で仮歯が入るものや数本のインプラントで上顎、あるいは下顎の義歯を支えるもののほか、顎の骨が足りない場合に骨を増やすための処置に対応でき、難症例も含めて対応できます。同時に、私は歯を残す治療にも力を入れています。例えば、親知らずの移植や、顎の骨に埋まっている歯の部分を引っ張り出して土台として利用する挺出処置、歯茎を少し下げて歯の残っている部分を出して土台にするクラウンレングスニングなども考慮して、歯を少しでも残せる可能性があるのなら、できるだけ残したいと考えています。それでも歯を残すのが難しいのであれば、インプラント治療などでしっかりと治療して、その部分を補うことが大切だと思っています。

診療の際に心がけていることを教えてください。

20220701 4

自分がされたい、あるいは家族のように思って治療をするというのは大前提として、通いやすいようにすること。それは、仮に私とまったく同じスキルの歯科医師がいたとしたら、私に診てもらいたいと言ってもらえるように、治療の話でも温かみを感じてもらえるよう心がけています。その上で、一人ひとりの患者さんに合わせてオーダーメイドでいろいろな治療プランを提案し、その際には、10年後や20年後を見据えて、その方の幸せを考えるようにしています。そう考えた時の幸せとは何かというと、楽な気持ちで歯科医院に通えることだと思うんです。どんなに完璧に治療できたとしても、メンテナンスで通うのが嫌だと思われたら、それは幸せにはつながらない。ですから、最初にも話したように、温かくて患者さんが通いやすい歯科医院でいることが、大事なのだと考えているのです。

患者に「ありがとう。先生で良かった」と言われたい

先生は、なぜ歯科医師を志したのですか?

5

きっかけは、親が歯科医師だったことですね。兄も歯科医師で、歯科医師一家です。ただ、私は高校生の頃でも、実は歯科医療にあまり興味が持てなくて、歯学部も親に勧められて入ったようなものなんです。だから、語弊があるかもしれませんが、今でも歯科医療に興味があるというよりは、患者さんに「ありがとう。先生で良かった」と言われるのが好きなんです。そのためには、良い治療だと思ったものを勉強するのも楽しいですし、患者さんが満足して、感動してもらえるような仕事をしていきたいと思っています。

どのようにリフレッシュしていますか?

ネットの配信サービスで動画やドラマを見たり、お酒を飲んだり、音楽も洋楽も邦楽も聴きますし、いろいろあります。その中でも浦安にあるテーマパークに行くのが好きで、家族と一緒に年に何回も行きますね。私は、そこのキャラクターが大好きで、そこがやっているテレビチャンネルも入っていますし、そのキャラクターが出ている映画はほぼすべて見ていますね。

今後の展望とメッセージをお願いします。

6

まだ開院したばかりということもあって、まずはスタッフを含めて自分たちがちゃんとした治療を提供できるようにすること。それが患者さんの利益につながると考えています。当院のスタッフは新人が多いのですが、私たちがギクシャクしていると、それが患者さんに伝わって、結局来づらくなってしまうと思うのです。ですから、チームワークを良くして、しっかり連携を取るところからやっていきたいと思っています。そして、当院ではスタッフ全員が一丸となって、温かみのある歯科医院づくりや期待を超える提案やサービス、接遇ができるよう日々努力していきますので、よろしくお願いします。

自由診療費用の目安

自由診療とは

セラミック治療(クラウン)/8万2500円~、マウスピース型装置による矯正/88万円~、ワイヤー矯正/90万2000円~、インプラント治療/45万3000円~、骨造成手術/1万~10万円
※症例により費用が異なる場合もありますので、詳細はクリニックにてお問い合わせください。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access